AURINKO PAISTAA

おつかれさま、おかえりなさい。

日々11

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

ただいま。

 
どーも!ただいま。
 
 2年前にハノイから帰ったときは、ふあんだらけ。帰ってよかったのか、それでもよかったと思えるように結果を出さなくては!と一人でリキんでいました。帰りたくて帰ったわけじゃないので、帰ってしまった理由ばかり探していた気がします。それから2年は何もみないで、何も感じる間もなくひたすら駆け抜け、(ジャージも着たし)今回ハノイから帰った今は、『あんしんと、じしんと、さびしさと、みらい』といったところでしょうか。何よりも、前の2年間の厚みと温かみを十分に感じてきました。
 
 こっちに帰ってみんなに会う約束してたんだけど、ごめんなさい。モコが危篤だそうです。ちょうど、叔母の命日が過ぎたところ、夏は大事な人を連れて行ってしまいます。モコは私の日常で、景色の中の一部です。うそみたい。日常はいつかはなくなってしまうけど、なくならない日常だってあるはずですと思いながら、
 
 
昨日から三度目のフライトで、モコに会いに帰ります。ごめんね!またね!
 

開く コメント(1)

もけこ様。

ご老体のモコ。若かりし時のお写真が出てきました。どこかしら、決意を感じますな〜。

イメージ 1

凛!

イメージ 2

懸命に何かを掘っていらっしゃいます。

最近は食欲がなく、父を失意のどん底にたたき落としている彼女。↓現在の御姿です。足腰が弱く、最近は変なポーズで寝ています。今日は、モコの「も」です。

イメージ 3

「も」

足が立たなくなっているのでトリミングも行けず、両親と三人で毛刈りをしています。人も犬も年をとりました。実習を終えて、着ない服をリメイクしたり、ぼんやりぼやぼやしています。来月は2年越しにベトへ行く予定。これまでのあれやこれやは思えば2年前に決めたもの。早かったけど、長かったな〜。やれやれ、排気ガスの風に吹かれて、ビール飲みたいなあ。


開く コメント(1)

伝説の亀

ハノイ時代の同僚から「ついに亀がつかまったそうです」との連絡があった。(どんな連絡だよ、、)


そう、あのホアンキエム湖の伝説の亀。


必死に亀を捉えようとする人々とギャラリーの図がとても素敵だ。癒されますな。





ホアンキエムには亀伝説があるくらいだから、やはり伝説の亀か。巨大なスッポンらしい。
ずっと嘘だって思っていたが、本当だったのね。
ベトナム人的にはこの亀を見たらいいことがあるそうで、前の事務の女の子はこの亀を見てその時の彼氏と別れた後にすぐに今の旦那さんと出会って、結婚したらしい。

「あの時は辛かったですが、これでよかったんですよね。chiさん!」と言われたが、

確かに一戸建てなんて建てちゃって、お子さんもかわいくてとても幸せそうだったから、この亀はすごいんだろう。



信じることから、はじめましょう。

元気だよ。

いまいちwifiの使い方が微妙。。。

モコでーす。

イメージ 1


お片付けがてら

先週より、夜はほぼ家におらず。引っ越しの準備で荷物をまとめつつ、布団にごろんとなって寝てしまう。10日の締め切りに一応レポート間に合いました。chaiさんお誘いいただいたのに、すんまへん。はっしーさんも色々と予定変更してもらって、すんまへん。しかし、無事に終わりましたよ〜。


命削って欠いたレポート、再提出になりませんように!


先週から、みなさんと遊んで頂いております。

はっしーさんとチャリで北摂散策。こーゆーの、久々!箕面の滝も、マイナスイオン豊富で嬉しかった〜。四国帰ったら、あきるほど自然と戯れよう。はっしーさんも遊びにきて下さい。

たかやんと、マッシュと、みっちゃんも この組み合わせなかなかないけど。韓国旅行決行したいね。
一日中笑っていそうだ。相変わらずのなおみさんも、遊びにきて下さいね。ちっさいおじちゃんだけど、あなたはやはり美人だ。

S夫妻のお家にお呼ばれし、いつものように教えてもらって一緒にご飯を作って お食事。
S師匠はマクロ料理がお上手。やろうと思えば完璧にできるのに、ガチガチでないところがよい。今日の洋食にも上手に取り入れていて勉強になりした。お酒がお好きなご夫妻のトークはいつも切れ味が素晴らしく、帰ったらいつも笑い皺ができています。

イメージ 1


手前より、スモークサーモンと新たまねぎのサラダ、玄米炊き込みご飯、ジャガイモとポアロねぎ風スープ、ほうれん草のキッシュ、バーニャカウダーと野菜のスティック、車麩のフライです。最後に魚介のトマトソースパスタもごちそうになり、苦しいほどに満腹!実は野菜が全部有機で、化学調味料も使っていないから、心も身体も本当においしいのだ。しかし、「たいしたことなくて、ごめんな〜」と、気取っていない師匠はいつもステキです。そしてご主人も物知りでおもしろくて、大好きなご夫妻です。

イメージ 2


おねむのセーラもかわいかった。



全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事