ここから本文です
キリマン愛好紀2 わふわふ♫
ふざけんな。絶対負けない。

GW 大滝山

混んでいる山が嫌で、鍋冠山を抜けて大滝山にテントを張り、
蝶ヶ岳に行く山行予定であった。
普通のコースはディズニー状態だろうから。
腐れ魚の加賀で登山口まで行き、歩き出す。
駐車場に私たちの他に車が二台。

歩き出してすぐ、トレランの人が引き返してきた。
「雪が多くて進めなくて…」
キリマン・腐れ魚(嫌な予感…)

いきなり雪が多い。4月末にかなり降ったようだ。
イメージ 1

イメージ 2

ルートを探しながら進みます。
標高1800mくらいから全く進まず。
イメージ 3

一歩ごとにこんな感じ。
これは厳冬期蝶ヶ岳のラッセル以上に進まない。
平坦で緩やかに上がる地形…
30分汗っしょりになりながら進んで
まさかの標高5m前後しか進んでない…

イメージ 4


ここで腐れ魚と地形図見ながら作戦会議。
キリマン「コースタイムの倍以上かかって、半分の進んでない。」
腐れ魚「これは…とりあえず何とか鍋冠山まで行こう。」
キリマン「そうしよう。」
鍋冠山まで標高差120mくらい。
全く進まない。乾いた笑いがでた。

探してもこの時期、
このコースからの登山記録がなかった理由を知った。
足ズボズボから抜け出す時に負担がかかったのか腰が痛い。
ザックをデポして、テントが張れそうな平らなところを探す。

少し上に平らなところを見つけ、そこまで必死でザックを担ぐ。
今日はここまで。
貸し切りの山の中でテント生活を楽しむことにした。
本日唯一の展望。常念岳。
イメージ 5

電波もほぼないし、人の声もしない。
びっくりするくらい雪が多く、予定の半分も進まなかったが
静かな夜を楽しむことにした。
イメージ 6

イメージ 7

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事