全体表示

[ リスト ]

浅見升三 (あざみ ますみ)
 
 埼玉県剣道連盟秩父支部事務局長として長いことお骨折り頂いていたが、現在は顧問として支部発展のために尽力頂いている。
現在は、耀武館道場の事務局長の傍ら後進に対して、居合道はもとより剣道の指導を熱心に行っている、尚、耀武館道場において、最初に居合の指導を始めたのもこの人である。

イメージ 1


(管理人よりインタビュー)
①居合道をはじめたきっかけは?

40歳頃剣道をはじめ、剣道3段の頃全日本剣道連盟に剣道・居合道があるのを知り日本の古来の文化の一つの剣道だけではなく、居合道の修練のきっかけになりました。


②他に趣味がありましたらお願いします。

旅行 50代前半は海外、現在は国内旅行、日本の文化に触れるのが楽しみです。


③秩父支部の良いところはどこですか?

部長、事務局長、耀武館の館長、稽古熱心で実力のある立派な方で、それぞれの立場を心得て初心者に対しては懇切丁寧な指導を行っています。今年より、草加より実力派の若手の居合道8段の先生が秩父に転居して参り会員になりました。居合道の最新の情報が身近に入手可能となり、益々秩父支部も発展すると期待しています。


④これから居合道をやろうとする方へメッセージをお願いします。

日本古来の文化の一つの居合道を経験し、日本人としての未来へ伝承するのも義務かと思います。武士道精神を世界の若い人々が、日本の文化剣道・居合道を通じて熱心に日本に学びに来る姿を見る時に、日本人が学ばないのはもったいない話です。


⑤他、自己PRがありましたら、お願いします。

20年前東京の道場の館長先生に依頼されてルーマニアとイスラエルに1ヶ月剣道・居合道の指導に行ってきました。その後、ヨーロッパの国々の剣士がホームステイに100名近くきてくれました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事