ここから本文です
国際NGO組織/国際大使婦人機関
孤児救済、教育、自立支援、リトリート、慈善コンサート http://iam-ced.org

書庫全体表示

師走便り

師走便り
皆さん,いよいよ2012年も師走を迎えて一年の締めくくりにお忙しいことと思います.
私は今日本に滞在しています.

10月の半ばに「福島の子供を守る」のカルフォルニアの皆さんからの
願いと依頼を託されて理事の竹美トーッ女史と帰日しました.

最初の一週間は東京で東北震災地に関するいろいろな施設の訪問で資料を得て,
第2週目に福島に入りました.新幹線で福島市に入ったのですが,
磐梯山を背にした福島県の風情は秋の錦の紅葉に彩られてため息の出る美しさでした.

ホテルについてすぐドクター澤田和美さんの案内で福島市30キロ外縁に位置する児童福祉施設―青葉
学園を訪れました.
学園までの道の両側は果樹園でりんごやなしが鈴なりに実り,私は思わず「ワアーおいしそう!」と
叫びますと,澤田先生が「満智子さん,その果物は放射能のべクレムが高くて食べられないのですよ.」と云われて改めて,目に見えない放射能の怖さを感じました.

学園に着くとまず最初に放射能モニターが玄関に備え付けられており,
25の数字が光っていました.園長先生並びにスタッフの方々の歓迎を受けて,居間で昼食を頂きました.
神戸園長先生は「この食事は今日子供たちがお昼に食べたものと同じです.この食材をそろえる為に私
たちは放射能洗浄機を使って時間をかけて,子供たちに安全な食物をと心がけているのです.この洗浄
機を政府は買ってくれなかったのでキリスト協会から寄付して頂きました」

食後に園内をそして子供たちの部屋も見せていただき,整頓された居心地のよさそうなお部屋で,
どれだけ子供たちが大切にされているのかがわかりました.
澤田先生が部屋の隅々に放射能ガイガー機を当ててその数値を測っておられました.
各部屋の放射能数は20から25uSvでした.

その後外に出て,学園の外を案内してもたいガイガー機で測ると森の中の木々が100シーベルトを見る
見るうちに超えて,子供たちは絶対に入れない,庭にある木々も100シーベルトを示していました.
学園の建物の周りは政府が半額負担で洗浄してくれたそうですが,
真ん中の洗濯物干し場が洗浄されなかったので,今でも水がたまれば100シーベルトを超える放射能を含んでいます.

神戸園長先生が
「ここを洗浄したいのですが,180万円の作業費が必要です.政府に依頼を申し出た
のですが,未だ返事をもらっていません. 支援して頂けないでしょうか.」
私はすぐカルフォルニアの「福島の子供を守る」友人たちに支援のメールを頼みました

その後,大熊小学校・大熊中学校を訪問するために疎開先の会津若松市を訪れました.
大熊町の役場は会津若松市庁内の一角にあり,訪問したとき吉田教育委員長は不在で面会出来ません
でしたが,もうここの支援は必要ないそうで,大熊中学校も仮校舎から,新しい校舎が建てられるそうで
す.皆さん元気でがんばっておられるようでした.

日本の現在の状況を知るために東北,関東,中部,近畿,中国地方,九州を回ることにしました.
西半分では東北の震災は忘れられた存在のようで,福島の話をだしても胡散臭そうな,
お愛想の返事で親身を感じられなかったですね.
そして国民の誰よりも政府や報道人が一切東北で起こっている放射能の問題に触れることも無く,
知らぬふり.これには驚きです.福島原発は今でも放射能を海に空気に放って,世界中の人々を侵しつつあるのですよ.
こんな話を京都のカフェでイスラエル人とインド人の若者たちと話していたら,カフェの主人が「それはほってはおけない,是非私の店を使って何かしてください.協力します}と申し出て下さったのです.
これがそもそも,私たちが始めた「福島の子供たちを守るー青葉学園放射能洗浄」イベントです.

11月4日から12月8日まで一ヶ月あまりしか期間がありませんでしたが,みんな心を合わせて「子供たちの為に」とがんばりました.その結果イベントに参加して下さった方たちから20万円の寄付金を,参加できなかったが寄付金を送って下さった方々から15万円と合計35万円を青葉学園に送りました.ありがとうございます.
皆さんの愛が施設の子供たちに届きました.

みなみなの 笑美輝きて 福島の 子ら守るため 集まりし時

イベントで青葉学園の児童たちの詩が朗読されて,その詩のこころを天遊組の堺祥子さんとひろせ麻奈さ
んが古代文字で素晴らしいパフォーマンスを白紙の和紙の上に墨汁で描かれました.

詩の題名は「芽がでるよ」「さくら」「生命」心打たれる2時間を2回経験しました.
支援して下さった人たちにここで改めて御礼申し上げます.
私たちは慈善団体です.
良い行動には二の足を踏まず一歩一歩進んで行きましょう.

2013年も今年よりもっと光輝く年でありますように,皆様の健康を祈りつつ.
                               合掌
                             満智子 コンウエイ(理事代表)
                                               竹美 トーッ(理事)
                             ブレット太郎 コンウエイ(理事)

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事