ここから本文です
国際NGO組織/国際大使婦人機関
孤児救済、教育、自立支援、リトリート、慈善コンサート http://iam-ced.org

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

皆様お元気ですか。久々のお便りです。如何お過ごしですか。

21世紀からのグローバル教育とは?
国際婦人大使機関主催

それは 体とこころ、そして知性が常に共にバランスを持って生きている人間で或ための世界の子ども達の新しい教育です。

わたしたちの知性は体と心の精神で育まれることによって成長するのです。
それは心の有り方で頭脳では有りません。

人の体内でその大いなる精神力の源が体と融合することなのです。      
グローバルユース教育の対象者は13歳から17歳までの十代です。         

『わたしはそれを知りたい!』      
第一回の勉強会は2月20日、2016年に『わたしはそれを知りたい!』の題目で開かれました。
このレッスンは満智子コンウエイ女史が講師でした。

『人として知性を磨き延ばすとは?』                       
第二回 『人として知性を磨き延ばすとは?』の講義はそれぞれの精神面での成長の有り方、知性を高めるとは、が問われました。             
リベッカフィールド博士を交えてのレッスンでした。 

『われわれが口にする食物とは?』                      
第三回 『われわれが口にする食物とは?』この勉強会ではカルフォルニアの北シャスタ山の麓のモンテギュー、Lillyファームを訪れました。
これからのパーマカルチャー/自然農法で作られるオーガニックの野菜や果物が私たちの体を作り上げるのに大切な、食の学びです。 

『グローバル教育における音楽とは』                 
第四回 『グローバル教育における音楽とは』:これがこの5月21日のレッスンです。声楽者のジェン サコーン女史を招いてレッスンを受けます。

以降は以下の通りです。
第五回 6月:『グローバル教育における言語とは?』 
              
第六回 7月:『グローバル教育における視覚(VISUAL ART)とは?)        

第七回 8月:『グローバル教育における体の動き/ダンス(MOVEMENT)とは)  

第八回 9月:『わたしと私たちの地球』                 

第九回 10月:『地球をおおう海』                   

第十回 11月:海の果てに広がる宇宙』                 

第十一回 12月: 『グローバル教育が目指す人類とは?』         

そして新年2017年から新しいレッスンが始まります。

グローバル教育の講師を希望される方は本部までご連絡下さい。
mconway@iam-ced.org 日本語/英語可 
住所:P.O.BOX 692 Pacifica, CA 94044 USA

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事