ここから本文です
国際NGO組織/国際大使婦人機関
孤児救済、教育、自立支援、リトリート、慈善コンサート http://iam-ced.org

書庫WE CARE

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

WE CARE 2012

イメージ 1

今年もオークランドのUP TOWNにてWE CAREが開催されます。

WE CARE 2011 水無月便り

イメージ 1

水無月便り                       2011年
 
皆さん お元気ですか。
青葉若葉の季節になりました。新しい生命が息づく季節です。

福島の原子炉の心配はまだ終わっていませんが、
私たちがサポート/援助を始めた大熊中学校の217名の生徒さん達に
文房具セットを5月23日に発送しました。
ノートやえんぴつ、消しゴム等等です。
只コンパスはアスクル会社では品切れでありませんでしたので、
今他の会社に当たっています。
もし皆さんの中で心当たりの会社がありましたら、
理事の中山までお知らせ下さい。

前にも書いたと思いますが、大熊町は現在会津若松市に避難移住されています。
ですから、これで教育の援助が終わった分けではありません。
次は大熊小学校の358名の生徒達に文房具パックを送ります。
でも未だ資金が足りないので7月23日の”WE CARE”のイヴェントで寄付を集める企画です。

このイヴェントはワールド フェアー/アート、ミュージック、フードの3部門があり
メンバーとボランティア一同参加の大イベントです。
でもきっと、とても楽しいだろうと思います。

いつかのお便りで『慈善は命を救う』のエピソードを書いた事がありますが、
それと同じお話しをユダヤ教のラヴァイが実話をとうして語っておられました。

或アメリカ女性がイスラエルを訪れた時のエルサレム首都での出来事です。

彼女はエルサレムの街を歩き疲れて、カフェに入ろうとした時、
横から乞食が出て来て

『私はお腹が減っています。どうかお恵み下さい。』と云いました。

そのとき彼女はドル札しか持っていなかったので

『ああっごめんなさい、ドルしか無い。あそこの両替屋でデナリに替えて来るわね。』と

カフェを離れて数歩歩き出した瞬間『ドカーン』と大きな音がなり、
彼女は前のめりにされたのです。

でもケガはありませんでした。

でも後ろではカフェは木っ端微塵に吹き飛んでいました。
爆弾を抱えたパレスチナの人が起こした爆破事件でした。 

もちろん、もし彼女が乞食を無視してカフェに入っていたら彼女の命も無かったでしょうね。
このアメリカ女性の慈悲の心が一瞬にして彼女の命を救ったのです。
あの乞食はもしかしたら天使だったのかも知れません。
私たちは毎日の生活の中でこのように天から見つめられ、
守られているのですが、行動する自由は私たちに与えられています。
お互いに慈悲の人でありたいですね。

最後に2011年3月末で柳井沙羅さんが退会されました。

2012年の4月の花祭り慈善コンサートは未だどうなるか分かりません。
会員の皆さまのご意見及び提案をお聞かせ下さい。
日本で集められた2011年のネパールの少女達の教育援助金5万円は
ネパールに送金しました。

皆さまお元気でお過ごし下さい。   

合掌      

コンウエイ満智子

長月便り

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

長月便り

八月の末にサンマテオ大学の新学期が始まり、
九月は何かといろんなハプニングがありましたが、
無事に『地球よ、目覚めよ』のイヴェントが終わりました。

九月十八日に催されたこのエヴェントは
『女性の癌センター』をサポートして、
又私たちの国際大使夫人機関の存在を多くの人たちに知って頂くために参加しました。

添加の写真をご覧下さい。
左からジャネス ウイルス教授(ウガンダ プロジェクトの理事)、
秘書のアシュリー ステーブン女史、
鈴木春女史、私です。

アープタウンと言うオークランドにある会場でした。
来年の七月にはここで国際大使夫人機関の夏のイヴェントを予定しています。

今回の催しは、
サウンドヒーリングとアート(音と絵による癒し)のコンサートでした。
三人のアーテストが一緒になって、音楽は南インドの出身ムクンド博士による、
シターと呼ばれる琵琶のような楽器でヒンズー語の祈りを吟じられ、
光代モアー女史のアートに併せて演奏されました。

マナー アズレイク女史(パレスチナ人)はアラブの祈りに併せて踊られました。

今、アメリカでは人の心と体の癒しを薬品だけでは無く、
自然をとうして心と魂の癒し、に注目され始めています。
娘のシャロームも北米のハービン ホットスプリング センター
(www.harbin.org)で、心と体を癒す活動に参加しています。
私たちが教育を援助している子ども達にも絶対に必要な課題です。

毎年6月に国際大使夫人機関で企画されている、
『シャローム リトリート』はその企画の一つです。
来年は日本語でも紹介して日本の皆さまにも参加して頂きたいです。
観光で知られていないハワイ島の聖地を訪れて、
皆さまと心と体と魂の洗濯/選択/宣託をしていただく
*場と*時を経験するリトリート (心と体の休暇)です。

さて、十月は私たちの日本語のウエブサイト担当の佐藤朋子女史の父上、
村岸幸雄氏が二人の茶道の先生を伴ってサンフランシスコに来られます。
サンマテオ大学で『日本の秋』と言うお茶会を学生たちにして下さいます。
その報告をしましょう。お楽しみに。

合掌
満智子

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事