ローマ・デッサン帳 IL TACCUINO ROMANO

ローマでの毎日、記録の試み。自分が何を考えて何を受容したか、伝えるためにも。

旅 around Europe

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

今年の夏は直接南チロル地方に行ってしまうのではなく、
北上する途中で色々な場所に寄ってみることにした。
海よりも山派の我々一家は、ヴェローナに行く途中にある山岳地帯を選ぶ。
地図で見ると、アレッツォの北の方にカゼンティネージ国立森林公園、とある。
プローディ元首相が好んで滞在するカマルドリ修道院にも行ってみたいので、
森林公園の中にある、カマルドリの近くのパディーア・プラタリアの街の
アパルトマンを予約してみた。

バディーア・プラタリアは14世紀にカマルドリの僧院に覇権を奪われるまでは
かなり重要な僧院のあった街である。
僧院の名残りは街の教会の地下礼拝堂に少し見られる程度だ。

イメージ 10


バディーア・プラタリアはトスカーナの田舎風の石造りの住宅が
とても急な傾斜にあちこち点在している形の街だ。
狭い小路には公共の照明灯がないので、
夜になると、それぞれの家に灯が灯り、まるでイエス降誕の場面を表す
プレゼーピオのかわいい街のよう。
街の真ん中の渓流沿いには、1837年にトスカーナ大公レオポルド2世により、
この一帯の森林を経営するために招聘されたボヘミア人のカルロ・シエモーニの開いた
樹木園がある。
樹木の名前の入ったキャプションが見当たらず、説明してくれる人がいなければ
ちょっと分かりにくい風ではあったが、
この地方にしかない珍しい種もここに保存されていて、
シエモーニの仕事は今でも森林公園のレンジャーたちに受け継がれている。
何ともイタリアでは、樹木や植物の苗が欲しい場合には
森林公園に行けば、大手企業によって改良されていない、
イタリア土着の自然種が手に入るのだそうだ。
(日本にもそういう種の保存のようなことを
森林公園で行っているのだろうか。)

バーディーア・プラタリアはまた、
とてもパンの美味しい街でもあった。
カマルドリの庵に向かう路の入り口のところもあるたった一軒しなかい
パン屋さんに毎日いりびたり。
この街に住んだらきっとまるまると太ってしまうに違いない。

カマルドリの隠者たちの里に向かう森林の中の路を登ると
まず三段になった滝がある。
イメージ 1


水量がかなり少ないので、地層がはっきりと見える。
この一体の森は背の高い、優雅なぶなの木が中心である。

イメージ 2

霧の中、ゴシックのカテドラルの中を歩いているようである。

カマルドリの庵には20軒ほどの、それぞれ塀に囲まれた
小さな庭付きの1階だての石造りの住宅が柵のむこうにある。
それぞれ一人で一軒の家に住む僧侶は毎日、自分の庭の畑を耕し、
家の中の小さな礼拝堂で祈りを捧げる。
正確な人数は覚えていないが、現在は10人以下。


昔はクリスマス、イースター、そしてこの修道院を1023年頃に創立した
聖ロムアルドの祭日の日にのみ他の僧たちに会うことができるという
実に厳しい戒律が守られていたのだが、
最近はミサはみなであげたり、食事も食堂で一緒に他の僧侶たちととることが
できることになったとガイドさんが説明してくれた。
お坊さんがフードをかぶっていればそれは他の人と言葉を交わさないという
修行中の印なのだそうだ。

イメージ 3

聖ロムアルド教会の内装は特にすばらしい。
この地方には木彫り職人が昔多くいたという。
木彫りの美しい装飾に金箔が貼ってあったりと、
あっと驚くようなディテールに豊富な教会であった。
イメージ 4

イメージ 5

また、フィレンツェのデッラ・ロッビア一家の上薬のかかったテラコッタ彫刻群もあった。
これは本来は教会の外側の壁にあったものだが、
近年教会の中に移された。
制作当時から一度も修復を受けていないということだ。
その美しさにツアーに参加していた人たち全員がため息をもらす。

イメージ 6

カマルドリの庵から、一般の人たちも滞在することのできる
カマルドリ修道院へは、徒歩で下りて行った。
ルネッサンスの時代にはロレンツォ・ディ・メディチも滞在しており、
新プラトン主義についての色々な議論が展開されたのかもしれない。

教会にはヴァサーリの作品がいくつかあり、
特に「イエスの降誕」はなかなかの出来であった。


イメージ 7

そして中庭に面した元礼拝堂には何と、
昔々、レオ・レオニの研究をしている時に訪れた、
ラヴェンナのモザイク・アーティスト、
マルコ・デ・ルーカの個展が開かれていた。
モザイクの破片を埋め込む時に角度を変え、
太陽光の当たり方を計算に入れて立体感を出していくのだと
教えてくれたのは彼である。

イメージ 8

イメージ 9







この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

秘密のサビーナ

あっという間に時間が経ってしまいました。
皆様お元気でいらっしゃいますでしょうか。
久しぶりにブログを更新いたします。
本当に忙しい一年でした。


夫のある週末、カスペーリアに行ってみようと言われ、
それはとこ?と聞いた。
確かに聞いたこともない街の名前であった。
それはサビーナ地方という、ローマ北西の地域、リエーティ県に当たる地域の
小さな中世の街。
ローマに越した当時、パロンバーラ・サビーナに立寄り、
あまり印象がよくなったので、サビーナ地方をなんなく
頭から消してしまって全く期待していなかったのだが、
ポッジョ・ミルテートを行き過ぎたあたりから
なんと、トスカーナ地方のような、美しいオリーヴ畑に飾られた
なだらなか波のような丘が現れ、
かわいらしい農家はきれいに手入れされていて
住宅の庭先には花が咲き乱れ、
県道の脇にはラツィア州に特有のゴミがほとんど落ちていない。

まるでおとぎの国の中にいきなり入ってしまったようである。

やがて谷間の丘にちょこんとのっかったかわいらしい中世の街が見えた。

イメージ 1
街は未だに中世の城壁に囲まれ、
のぼり坂になった小さな路なりに家々が並び、
車の入る余地もない。
ほとんどの建物がきれいに修復されており、
家に帰って調べたところ、この地方の中世の街には最近
多くのイギリス人やその他の外国人、また北イタリアの人たちが
移住しているということが分かった。
話によると、サビーナの人たちはあまり自分たちの地方を
積極的にプロモートしたがらないということだ。
その美しさを保持したいためなのかもしれない。

カスペーリア近辺には他にも美しい中世の街がたくさん隠れていた。
その中でとても気に入ったのがロッカンティーカという山の上の小さな街。
カスペーリアのように、修復は進んでいないので、
わびさびた感じがまだ残っている。

イメージ 2

こちらの街も車は入れない。
街にはお年寄りが多く、
日曜日の日没の時間、おばあさんたちが
教会の中でロザリオを唱える声が聞こえた。

イメージ 5

おじいさんはおばあさんが教会にいる間、
犬を散歩させていた。

イメージ 3

小学校の大理石の看板が下ろされていた。
無線通信を発明したマルコーニにちなんだマルコーニ小学校。
子どもたちが減って、小学校も閉鎖になってしまったのだろう。


イメージ 4

夕立の後の美しい黄金の日差し。
サビーナ探検はまだまだ続きそうである。






この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)




イメージ 1

イタリアのお盆に当たる万聖節、およびその翌日の死者の日のお休みを利用し、
夫の大学時代の友人の住む、ブーリア州のマッサーフラという街を訪れた。
マッサーフラはムルジア台地の街。
お隣のバジリカー他州のマテーラと同じように、
グラヴィーナと呼ばれる、石灰岩の浸食による渓谷に挟まれた高台に立つ。
マテーラは月のクレーターのように、お椀型に浸食された高台の谷間(の壁)を彫って造られた
洞窟住居が中心であるのに対し、
マッサーフラでは地面を彫ることによって石灰岩を採掘し、
それを建築資材として利用して住居が建てられた。
その結果、マッサーフラの旧市街の家には食物などが貯蔵されていた地下室(vicinanze)が必ずあり、
これらの地下室が編み目のようにつながっていて、地下都市のようになっている。
専門のガイドに頼めば、これらの通路を案内してもらえるとこのと。
今回見ることはできなかったのだが、
ビザンチン時代の壁画のある地下教会がたくさんあり、
ぜひ再訪したい街である。

マッサーフラの住人は13世紀まではグラヴィーナ渓谷の洞窟住居の中に住んでいた。
渓谷には7階建ての団地のような住居が150戸彫りだされ、岩には階段の跡が見られる。
伝説によれば、グレグーロという名の呪術師が最上階に薬草の製薬工場を構えていたという。
グレグーリオはギリシャ系の医師だっと言われている。
この伝説の影響により、マッサーフラの人々には呪術の才能のあると信じられていた。

地滑りがあってからは、一般のアクセスは禁止されてしまったのだが、
渓谷に谷底に建てられた教会のガイドのヴィートは
遠来の観光客ということで、私たちを特別に案内してくれた。
今思えば、しかし、かなり危険なツアーであった。
岩にただ立てかけられただけの長い梯子を登ったり、
ロープをたぐってのロッククライミング。
洞窟住居には手すりや柵も、一切なかった。


イメージ 2

「薬局」より渓谷の反対側の団地を臨む。
4階より上の部分が見られる。

イメージ 6

危険な蒸気が居住空間のほうに流れて行かないように、
製薬工場の入り口はにじり口にようになっている。
入り口には板がはめられるようになっている。



イメージ 3

この小さな壁龕が、様々な薬草を収納する棚の役割を果たしていたと言われている。
納骨用のニッチよりも小型である。


イメージ 4

谷底から眺めたグレグーリオの薬局。
薬局は実際には僧院の一部だったという説もある。
谷間には薬草が多く栽培されていたらしく、現在でも多くの薬草を採集することができる。


夜のマッサーフラ。
修復が徐々に進められている。


イメージ 5

イメージ 7


魔法の杖をふれば、
不思議な世界に通じる扉が現れるのかも。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

滝のある街、ネーピ 


ローマのレストランで
マイルドなガス入りのミネラルウォーター、
acqua di Nepiを選べるところだと、
ここはいいレストランなのではないかという
期待が膨らむ。
しかも、ガラスのボトルの場合であればなおさらだ

このおいしい、さらさらとした軽いガス入りの水は
ローマ北西、ヴィテルボ県の小さな街、ネーピの街のすぐ近くの泉から出る。
ネーピという名前は、エトリルア語で水、という意味の言葉が語源。
なので、古くから名水の出る場所として知られていたということだ。
このあたりは深い渓谷が森林を刻み込んで行き、
古い街が渓谷に挟まれた丘のてっぺんに建設されている。

ネーピの街の南にあるローマ門に近寄って行くと、
水の轟が聞こえてくる。
門をくぐり、右側に見える渓谷に沿って城壁の方へ振り向いてみると、
なんと、大きな滝が!
そう、ネーピは滝のある街だったのだ!!!
ネーピの街は二つの川に挟まれた丘の上にあり、
南側は崖になっている。



イメージ 1

渓谷はグランドキャニオンのように両側が崖になっているので
珍しい動植物が今でも生息しているとのこと。
反対側の谷間には遊歩道のようなものがあったが、
あまりメンテがされていないため
雑草が生い茂り、蚊の大群に襲われて
途中までした歩けなかった。
下の写真は門を入ってすぐに見える街の南側の様子。
ボルジア家の法王、アレッサンドロ6世時代に立てられた
お城の塔が見えている。
法王は娘のルクレツィアのこの街を贈り、
彼女はこの街をよく治め、住民に尊敬されていたということだ。

イメージ 2


イメージ 3


ネーピの街の中心にある市役所宮殿の噴水。
1727年作。
ヘビの巻きついた塔は街のシンボル。

イメージ 4


街の奥の方に行くと、少し廃れた感じがする。
ネーピは鉄道の駅もなく、ローマからアクセスが悪いので
鉄道の通っているブラッチャーノ湖湖畔の街と違って
ローマのベッドタウンとして発展することがなかった。
(近年、ローマ市内の不動産価格上昇により、
郊外に住む若い家族が多くなった。)
上の写真は聖ロッコを祀る小さいなチャペル。
路のモザイクには、巡礼者聖ロッコの属性(アトリビュート)である
荷物をくくりつけた棒の図案がはめこまれている。



イメージ 5

こちらはボルジア家の建てたお城。
コンサート会場となっていて
夏場はバロック音楽のフェスティバルがここで開催されている。
このフェスティヴァルは町おこし政策の一環。
フラミニア街道方面の近くの小さな街には
渓谷の中に建てられた美しいロマネスクの教会
(聖エリア)もあり、
近郊にはエトルリアや古代ローマ時代の遺跡が豊富で、
食べ物もおいしく、
歴史的にも文化的にも
もっともっと見なおされるべき街である。


この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

南チロル帰還

大変ご無沙汰しております。
仕事が忙しく、なかなかブログへの書き込みができませんでした。
息子のスマホのお下がりをもらい、写真を直接投稿できるようになりました。

イメージ 1

イメージ 2



今年の夏は、妹の住むパリからシュトゥットガルトを経てアウグスブルグへ行き、そこから南チロルへ直行。ポルチーニ、数は多くありませんが、最高の質です。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事