プロジェクトFX★重要指標発表★『その時,為替が動いた』過去録

2006年2月16日〜2009年1月5日までの相場の動きを記録しています。現在はテクニカルや自動売買でのトレードに集中!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

●チャートは、上から EURJPY 1day ・ EURUSD   EURJPY  USDJPY (10min BID)です。

【指標】 米2月新築住宅販売件数は84.8万件、予想より弱い 3月26日 23:01

 米2月新築住宅販売件数は、市場予測値の99.0万件より弱い84.8万件だった。前月は93.7万件から88.2万件に修正されている。


【NEWS】バーナンキFRB議長=「米貿易赤字は対GDP比で縮小へ」 3月27日 04:09

 バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、シェルビー上院議員の質問に対して
「米国金融市場は各国外貨準備のシフトを吸収する事が可能」
「中国の外貨準備は米国金融政策にとって問題となっていない」
「米貿易赤字は対GDP比で2007年は縮小に向かうだろう」などと書簡で回答した。


【市況】NY外為市況  3月27日 06:15

NY時間はドル下落。序盤のドル円は欧州時間の流れを引き継ぎ、118.50円のオプションバリアーを試すなど底堅く始まった。しかし発表された米2月新築住宅販売件数が6年半ぶりの水準に落ち込み、かつ在庫が16年ぶりの水準に増加と予想外に悪化、米住宅市場の不振が継続するとの見方から債券相場が上昇。債券利回りの低下と共に市場ではドル売りに拍車がかかり、一時本日の安値となる117.60円台まで急落した。その後は、117円台半ばに控える本邦新規投資に絡む買いなどから下げ止まり、再び118円台を回復した。

一方、ユーロ円は、終始買いの展開となった。東京時間に本邦証券筋が投信に絡む設定で数百本単位の持ち込んだとの話がNY時間も話題となっていた。本邦勢の新年度入りに絡んだクロス円の買いに期待が高まったようで、米新築住宅後にドル円に連れて下落しても、一時157円の大台を割り込む程度に止まった。その後は断続的に上昇し、引け際にはドル円の買い戻しもあって一時157.49円と本日高値を更新した。


【仕切り】
03/27 06:42 Close Trade EUR/JPY .1 B 156.54 157.53 ¥9,900 スワップ ¥128 (03/26〜)

計 ¥10,028 の儲け!(^▽^笑) ありがとうございます!幸せです!感謝!感謝!ツイテル!ツイテル!



http://img.7andy.jp/bks/images/i1/31843921.JPG
日本人が忘れてはならない島・硫黄島。大東亜戦争末期に起こったこの戦闘で、日本軍があまりにも強いのを見て、アメリカはこんな強敵と戦争するのはもうごめんだと考えた。そしてこの戦闘のおかげで、戦後の日本は米軍をほとんど無償で使うことができた。しかし、アメリカ人が硫黄島から多くを学んでいるのに対し、日本では硫黄島の存在すら忘れている。硫黄島の死闘から教訓を得て、今日に生かさなければ、それこそ栗林中将以下、守備隊二万人の死は無駄になってしまう──小室直樹が日本人に警鐘を発する待望の書き下ろし単行本!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事