ICAN(www.ican.or.jp) まにらブログ

人々の「ために」ではなく、人々と「ともに」。 人々と「ともに」悩み、「ともに」成長していく開発NGO、アイキャンのまにら事務所

全体表示

[ リスト ]

ゆき@マニラです。

去る12日の4時から、NGO関係者を集めた「お茶会」があるということで
大使公邸に呼ばれていってきました。

事務所からジープや電車を乗り継いで雨の中をマカティへ。
その中でももっともリッチ(!?)な人たちが住むといわれる
フォーベスパークという高級住宅街に、大使公邸はありました。
公邸ははじめてでしたが、さすがにりっぱなでも落ち着いた感じの家でした。
さりげなくサイドテーブルに首相の写真が飾ってあったのが印象的で、
そういえば私は日本人なんだっけなあと思いながら中に入りました。

山崎大使のほかには、大使館専門調査員の石田さん、
石井公使、JICAの松浦所長も同席されました。

NGO側として今回は10名が招待されており、1人ずつ5分くらいづつそれぞれの活動について
大使にお話しする、という内容でした。
ICANのほかには、
PEPの西本神父、
モンタルバンで教育事業などされている修道女の有田さん、
元セイブザチルドレンのスタッフでライズエイジアの上田さん、
ICANのご近所さんのSALT、
ジャパニーズフィリピノチルドレン支援のマリガヤハウス、
元ストリートチルドレン支援のサン・マルティン・デ・ポレス、
ACTION、
オイスカ、
国境なき子ども達、
以上10団体が来られていました。

すでに知っている方もはじめてお会いする方もおられましたが、
それぞれ苦労話しはあるようでNGOの横のつながりは大切だと感じました。
なかなかお互い経験をシェアする機会がないんですよね。
みなさんの活動を聞きながら、ICANもこれまでの事業がそれなりに評価されて
このような場に呼ばれるようになったんだなあと、これまでのICANの先人方の
ご苦労を思いました。

さて、私も限られた時間でガガーっとICAN事業について説明してきましたが、
帰りにブログの宣伝をするのを忘れたことに気づきました。
また第2弾が行われるらしいので、そのときはもっと上手に宣伝しなくちゃなあ。。。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事