ICAN(www.ican.or.jp) まにらブログ

人々の「ために」ではなく、人々と「ともに」。 人々と「ともに」悩み、「ともに」成長していく開発NGO、アイキャンのまにら事務所

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

さだ@まにら

みなさん。MMDAを聞いたことがあるでしょうか?これはMetro Manila Development Authorityの略で、「マニラ首都圏開発局」とでも日本語に訳しましょうか。これはフィリピン政府の一機関で、道路を掃除したり、フェンスを張ったり、道にトイレを作ったり、歩道橋を作ったり、また立ち退きの際に家とかを取り壊すのも彼らの仕事です。ちなみに、ここのトップはバヤニ・フェルナンド(BF)というおじさんで、アロヨ大統領(GMA)のお友達です。(よく、2人で仲良く並んで、「このプロジェクトはGMAとBFによって行われました!」と、巨大プロパガンダ写真がマニラの街中に貼ってあります。もしろん別に彼らが個人的にお金を寄付した訳ではなく、人々の税金を使っているだけなのですが、、、。)

さて、先週の金曜日の朝、事務所に向かうべくエドサ通り(マニラで一番大きい道)を歩いていると、大きなトラックに乗った30人ほどのMMDAが道で物を売っている人たちの商品(果物や飴等)を取り上げたり、投げ飛ばしたり、していました。本当に最悪な光景です。「ストリート・ビューティフィケーション(道路美化事業)」との名の下に、道でモノを売らなければ生きてゆけない人たちに対し、暴力をふるっているのです。

そのすぐ後に、一台のサイドカー付き自転車(バナナ入り)が通りかかると、その内20人くらいのMMDAが飛び掛り、サイドカーを乗っ取り、トラックに投げ、バナナを取り上げていました。彼は別に道でモノを売っていたわけではなく、ただ通りかかっただけです。それなのに、この20人のMMDAがその男の人一人を取り囲んでハラスメントをしていました。その男の人はそれでも負けずに怒り、そこの責任者と話し、結局自転車とバナナを返してもらうことになりました。しかし、ここからが信じられません。MMDAの男達はバナナを道路にバラバラに投げ、そしてその自転車のタイヤの上に登り、自転車がもうまっすぐ走れないように壊して、その自転車も投げとばしました。

MMDAがこのようなことをしているのを見るのは初めてではありません。また、強制立ち退き時でも違法行為を繰り返しています。(30日前の「立ち退き宣告」なしで、いきなり家を破壊したり<Urban Development Housing Act of 1992違反:これはMMDAだけの責任でもないですが。>、ID・ユニフォームの不着用、家財道具の没収等)

このような光景を見るたびに、本当に怒りがこみ上げてきます。

道でモノを売るのが違法と言うのなら、彼ら・彼女らがモノを販売できるスペースを国家は提供するべきではないでしょうか。そのように彼ら・彼女らをフィーマルな経済に入れようという努力もせず、オルタナティブも提供せず、一概にインフィーマル経済を排除することは、彼ら・彼女らに「生きるな」と言っているようなものです。

また、法治国家と呼ばれるここフィリピンで国家、そして公務員がこのような違法ハラスメントを日常的に行っています。

法律が「社会で一番ケアされなければならない構成員」を無視して作られている現実。そして法律が国家によって作られ、国家によって破られている現実。

とても悲しくなった朝でした。

みなさんこのようなMMDAについてどう思われますか?

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

確かにMMDAのやり方はかなり暴力的で、私も見るたびに 悲しくなります。そして、あのいやらしいピンクの 歩道橋やトイレも、かなり悪趣味で 見るたびに気持ち悪くなります。とくに男性用トイレ(ドアなし)を 歩道に作る神経が信じられません。 もっと考えて物を作ってほしいです。 マーケットも結構みなが利用しているのだから、 排除するのではなくて、もっと歩道を広く取ったり、空き地を利用して マーケット用の場所を作ったりすればいいのにといつも思います。 強制的に立ち退かされるよりも、ちゃんとしたシステムとばしょがあれば 場所だいを払うことにしたとしても、みんな払うと思うのですが。 どうなのでしょうか。だって確かに彼らは、公共の場所を占拠している わけで、今のままだったら強く権利も主張できないですよね。 なんか長くなってしまいすみません。

2005/5/2(月) 午後 3:40 [ kay**oco*uts ] 返信する

顔アイコン

インドもインドネシアも、路上生活者、路上自営者に対して、寛容な気がします。アムネスティとは異なる、運動が必要なのではないでしょうか? フィリピン政府は、イメルダがメトロマニラ市長であったときから、マニラをシンガポールにすると言って、スラムを強制撤去し、撤去できないスラムは、高い木製の塀で、道路から隠蔽する作業をしていました。

2005/5/2(月) 午後 5:49 [ Terry ] 返信する

顔アイコン

MMDAは経済的に貧しい人達に対して次々と悪事を働いているようですね。。。しかし、中産階級以上の人にはそれなりに高く評価されているように思います。そんなところに、フィリピンが貧しい人達の国と、経済的に豊かな人たちの国の2つに分断されている一面を見るような気がします。

2005/5/2(月) 午後 7:32 [ yok*i*oito ] 返信する

顔アイコン

tk52rvfさん>そうですね。古いトンドのスモーキーマウンテンもそうでしたね。なぜこんなに大きな人口が都市に一極し、町中にコミュニティ(スラム)が出来るのか、その根本を考えてゆくことが大切だと思います。隠すことは、問題解決を先延ばしにしているだけに過ぎません。そちらの根本問題解決にもっと政府は力を入れるべきではないでしょうか。個人的には抜本的な農地改革くらいからまじめにやるべきでは、と思いますが。

2005/5/2(月) 午後 9:53 ica*man*lao*f*ce 返信する

顔アイコン

kayococonutsさん>あの色には、BFが好きであるという以外に目立つので政治的に使えるという利点もあると思います。例えば、本来なら全部緑とかで塗ったら木と同化していたわけですよね。そこに、ピンクと水色の奇抜な色でインフラを作ることによって、DPWH(道路とか作る省?)のプロジェクトでも、市のプロジェクトでもなく、GMAとBFのプロジェクトなのだということを強調できる訳です。そしてそれが票になる。まぁ、これはMMDAだけじゃなくて、市でも、バランガイでも同じようなことをしていますが、、、。

2005/5/2(月) 午後 9:59 ica*man*lao*f*ce 返信する

顔アイコン

yokoitoさん>同感です。お金のある人は、コミュニティや道でモノを売っている人たちはいない方がいいと思っていますので、それを排除するMMDAは評価されがちです。また、彼ら・彼女らはMMDAに家を壊されることや、商売の邪魔をされることもないでしょう。しかし、コミュニティに住んで、道でモノを売って生活している人たちにとって、MMDAは生活を脅かす存在以外の何者でもありません。社会のどこに存在するかによって、物事のとらえ方は変わるものです。しかし、その底辺にはいつも「人権」というものを忘れてはならないと思います。

2005/5/2(月) 午後 10:18 ica*man*lao*f*ce 返信する

顔アイコン

MMDA、人権、貧困、階級、と話題が展開して興味深かったです。フィリピンが発展しない一因に、経済的に弱い立場の人たちを人間として扱っていない現状がありますね。特にいわゆる上流階級は、むしろその人たちを貧しいままにして、自分たちのラクな暮らしを維持したいのでしょう。根本的な解決にはやはり農地改革と財閥解体でしょうね。 削除

2005/5/3(火) 午前 2:31 [ リサ ] 返信する

顔アイコン

ところでMMDA、マニラのEDSA通りに分離帯代わりの柵を作って、バスと他の車両を分けようとしています。その柵が遠くから見えづらく、道路の途中で急に始まるので危ないなと思っていたのですが、なんと先ほど、バイクが激突する現場を目撃しました。しかもその人、亡くなってしまったみたい・・・。首都圏の環境や安全を向上させるのが役目のMMDAがこんなことでいいんでしょうか。フィリピンにいるとあまりにも現実が重くて気がめいってしまいますが、ポジティブな部分も忘れずに見つけていきたいです。 削除

2005/5/3(火) 午前 2:34 [ リサ ] 返信する

顔アイコン

ここで話題になったMMDAですが、今日のまにら新聞にこのような記事が。以下引用 「フェルナンド局長の下、周囲の反発には耳を貸さず、あの手この手で交通規制を強化してきた首都圏開発局(MMDA)が、このところ続けて行政裁判に敗れた。市長グループや公共交通機関の業界団体との争いでは旗色が悪くなり、批判の集中砲火を浴びている。」 http://www.manila-shimbun.com/FMPro?-db=today.fp5&-format=news.html&-findany

2005/5/6(金) 午後 2:14 ica*man*lao*f*ce 返信する

顔アイコン

英語ですが、The Daily Tribuneの「Transport groups to MMDA: Refund our fine money(俺達の罰金を返金しろ!)」(http://www.tribune.net.ph/metro/20050506.met01.html)等、今日の新聞はどこもMMDAの敗訴判決を取り上げています。ネットでも結構たくさんあります。興味があればどうぞ。

2005/5/6(金) 午後 2:43 ica*man*lao*f*ce 返信する

顔アイコン

>リサさん。先程報道番組(saksi)で、MMDAのピンクの鉄柵にぶつかって起きる事故が増えているという特集やっていました。MMDAの人は「ぶつかるのは飲酒運転の車だ。」と言い張っていましたが、、、。こういう批判報道が増えて、よりよいマニラになってほしいですね。

2005/5/7(土) 午前 1:53 ica*man*lao*f*ce 返信する

顔アイコン

>さださん、MMDA続報ありがとう。あの鉄柵がマスコミでも問題として取り上げられていると知って少し希望が出てきました。飲酒運転でなくてもあれは充分危ないですよね。裁判敗訴も追い風になることを願います。 削除

2005/5/10(火) 午前 11:18 [ リサ ] 返信する

顔アイコン

今日のinquirerとPhilippine Star(フィリピンの主要新聞)によるとついに「首都圏各市町の首長との対立を深めるマニラ首都圏開発庁(MMDA)の廃止を求める法案がこのほど下院議会に提出された」ようですね。正義は勝つといったところでしょうか。でも、正義が勝たないのがフィリピンの現実ドラマだったような気もしますが、、、。さて、どうなるやら。さだ@まにら

2005/5/10(火) 午後 10:09 ica*man*lao*f*ce 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事