ICAN(www.ican.or.jp) まにらブログ

人々の「ために」ではなく、人々と「ともに」。 人々と「ともに」悩み、「ともに」成長していく開発NGO、アイキャンのまにら事務所

全体表示

[ リスト ]

アイキャンのマニラ事務所のもとスタッフの伊藤洋子です。

12年暮らしたマニラと明日しばしのお別れをすることになりました。

今日は一日中フィリピン大学のキャンパスで過ごし、思い出の場所を訪ね歩きました。思えば長い学生生活でした。12年間という歳月をフィリピン大学で過ごすことができたのは、本当に贅沢としか言いようがありません。

フィリピンの思い出は本当にたくさんありすぎて、ひとつひとつ思い出すのも大変なくらいですが、楽しかったこと、良かったことばかりが思い出されて、感傷的になってしまいます。辛いこと、悲しいこともたくさんあったはずなのに。。。

私がフィリピンで一番好きなのは、フィリピン人の価値観です。具体的に言うと、「家族を大切にする」、「高齢者を敬う」、「お客さんに最大のもてなしをする」などです。

フィリピンの人たち(特に経済的に貧しい人たち)からたくさんのことを教えてもらいました。これからずっとそのご恩返しが少しでもできるような生き方をしたいと思います。フィリピン大学にOblasyonという像が建っているのですが、そこに真実を探求し、人類に奉仕すると書かれていました。ああ、そんな人間に少しでも近づけたら良いなあと、思わずにはいられません。

フィリピンの人たち、特に困難な状況にある人たちが、今よりも、もっともっと幸せになれるようにお祈りしています。
伊藤洋子

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

「家族を大切にする」、「高齢者を敬う」、「お客さんに最大のもてなしをする」。それは心から湧き出る感情だと思います。自分に余裕が無くなるとき、その感情がつい薄れてくるときがあります。私は結構、外見や形に惑わされる部分があると思います。でも、本当は心の通じ合いが大切であり、そういう感性を大切にしたいと思っています。そういうフィリピン人の感性と触れ合ってみたいです。 削除

2006/2/4(土) 午前 0:12 [ かずひろ ] 返信する

顔アイコン

ようこさん、盛大に送別会をやろうと思っていたのに入れ違いになってしまってとても残念です。(私はいま仕事で日本です)思えばようこさんとゆきさんは私がマニラ生活を始めた頃からお世話になり、初めて出会った「タガログ語を操る日本人」だったのでインパクトありました。これまでの日々を色々思い起こすと感慨深いですね。どうか心身の健康に気をつけて、ますますのご活躍を! 削除

2006/2/4(土) 午前 10:32 [ リサ ] 返信する

顔アイコン

多くの人が「フィリピン人って・・・」とネガティブなことを言うのが多い中、フィリピンの良いところを率直に言える洋子さん。素敵です。同じ業界ですし、また東ティモールに行っても元気でがんばってくださいね♪ 削除

2006/2/5(日) 午前 9:47 [ さな ] 返信する

顔アイコン

研修中にお別れになってしまい、しばらく泣きながら仕事していました。同時期にUP入学以来、一緒に学び遊びながらすごした時間を振り返ると泣けてきてしょうがありません。ようこちゃんから学んだひとつのことは「偽善でない支援のきびしさ」です。支援はともすれば偽善的になってしまいがちですが、彼女はそれを敏感に拒絶するきびしさを本能的に持っている人です。支援する時に謙虚に自分を見つめる態度をいつも持ちつづけたいと思います。Ate Yoks, Thanx a lot and God bless u. 削除

2006/2/6(月) 午前 8:49 [ yuki ] 返信する

顔アイコン

洋子さんのコメントと、皆さんのメッセージを読んで、私も日本でうるうるしちゃいました。思わず登場。先日、横浜の中田市長の著書を読んでていたら、思いがけず伊藤洋子さんのお名前が!色々なところ、沢山の方が、洋子さんの生き方から多くを学んでいることを改めて知り、予期せぬ本での再会に、思わず泣いてしまいました。洋子さんガンバレ〜!!! 削除

2006/2/6(月) 午前 10:10 [ ジンナオ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事