ICAN(www.ican.or.jp) まにらブログ

人々の「ために」ではなく、人々と「ともに」。 人々と「ともに」悩み、「ともに」成長していく開発NGO、アイキャンのまにら事務所

全体表示

[ リスト ]

’野蛮’な日本人たち

ゆきも@まにら

プロジェクトコーディネーターとしてICANマニラ事務所に赴任してから3週間が過ぎた。この大それた役職名に見合ったことはまだ何ひとつできていないが、ふと気が付けばもう3週間が過ぎている。わたしの仕事面でのコメントはひとまず置いておいて、わたしがマニラ事務所にもたらした大きな影響について書こうと思う。

わたしが新スタッフとして加わってからというもの、ICANマニラ事務所の日本人は「野蛮」になった。昔から、ありとあらゆる電子機器と相性が悪いわたしは、その場にいるだけでモノを破壊するらしく、何かの調子が悪くなったときは、みんな必ずわたしを一瞥し、‘邪気だあ‘と迷惑がる。「わたしは非科学的なことは絶対信じません!」という人も、いつのまにか、何の根拠もないこの「邪気」という言葉を使って、物が壊れたことをわたしのせいにする習慣がつく。実際、ここマニラ事務所では、いろんなことが毎日わたしのなんらかのパワーによって、説明され、解釈され、なぜか納得されるようになった。

一般に、ある社会や民族、コミュニティの社会的な慣習や文化的な伝統、理由付けを比較するとき、ダーウィンの進化論的な分析をすることがある。例えば、
〆農菽爾竜蚕僂鰺僂い謄如璽燭鬚燭燭出し、それによって化学療法をする近代医療の考え方は‘科学的で普遍的=正しい知識’であるのに対して、⊆術や魔女ドクターによる治療法は、‘非科学的で非論理的=野蛮で遅れた信仰’となる。果たしてこれは本当だろうか。わたしたちが持つ知識や、行動、習慣は、すべて,△吠けられるだろうか。

例えば、サンイシロ(ICANの就学支援事業地)のドゥマガット族の住民から「あの人は何かにとりつかれているから病気になった」と聞くと、わたしたちは、「まあまあ、そんなことを言って、文明のない少数民族だから原始的だわ」と思いがちである。しかし、パソコンやデジカメ、エアコンはないが扇風機などの、ハイテク電子機器が揃っているICANマニラ事務所でも、なんとこの種の「野蛮で非科学的な信仰」が、「いまや当然の知識」としてまかり通っているのである。この3週間でわたしは、なんらかのパワーを持つ存在として恐れられるまでになった。これはすごいことである。わたしが来る前は、きっと日本人スタッフはみんな、「近代的」だったのだろうか。

「知識」とは、原始→近代へと、そして非合理的→合理的へと一次元的に進化するものでもなければ、手にとってつかめるものでもない。その時代特有の背景や構成員、出来事で、正しくなったり(普遍的な真理とされたり)、古くなったり、また非常識とされたりする、社会的に構成されていく生き物のようなものなのかもしれない。だから、その地域で目にうつった事象を、遅れている、進んでいる、非文明的である、文明的である、と比較し、評価することは大変危険であり、不適切なのである。

ICANマニラ事務所の「野蛮な日本人たち」は、わたしが去れば、また「近代的で正しい知識」を取り戻せるのだろうか。そして、このブログは、一人で問題なくあげられるのだろうか・・・・。インターネットが常時つながり、電気の供給も日本なみに落ち着いている仕事場は、「邪気を出す」わたしにとって、非常にストレスのたまるものなのである。

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

お久です、Mさん。 名古屋の経理のMです。 Mさんの邪気は、僕の車などには通じませんでしたよ。 ちなみに、僕も邪気持ちで、、、。 僕の邪気は、周りの人間関係に及ぶらしい、、、。 、、、? 悪霊???

2006/5/22(月) 午後 11:26 [ pon*a*tukik*ge_*o_*o ] 返信する

顔アイコン

昔は1+1=2だったのに、ゆきもさんが来てから1+1=1になった。そして、マニラ事務所では「ありえん」と言う言葉がみんなの口癖に。。。気が付くと、タガログ語の形容詞風に前の方を2回繰り返して強調する「ありありえん」が、毎日聞こえてくるようになった。。。「その時代特有の背景や構成員、出来事で、正しくなったり(普遍的な真理とされたり)、古くなったり、また非常識とされたりする、社会的に構成されていく生き物のようなものなのかもしれない。」さだ@まにら

2006/5/22(月) 午後 11:29 ica*man*lao*f*ce 返信する

顔アイコン

記事に全く関係のないことで申し訳ないのですが、日本からマニラへ手紙を送って、届いたかどうかを知ることはできるのでしょうか?また、国内の文通のように返信分の切手代を出したりできるのでしょうか? 不適当な質問ですみません。 以前、SALTに見学に行ったことがあります。 ハビタットフォーヒューマニティーという団体のキャンパスチャプターに以前所属していました。 もしよろしければお答えお願いします。 削除

2006/5/23(火) 午後 0:55 [ kikuchi ] 返信する

顔アイコン

ICANの里親事業についての質問でしょうか?(一般論でマニラに手紙を送る時ではないですよね?)ICANでは日本の里親さんからの手紙はすべて記録されていますので、何日にどの手紙が届いて、いつ子どもに渡ったかもわかります。返信は年2回の成長記録として帰ってきますので、切手代は必要ありません。さだ

2006/5/23(火) 午後 4:24 ica*man*lao*f*ce 返信する

顔アイコン

実は、私もをちょっと考えたことや経験したことがあるから記述させていただきます。私も入社した当時は物の扱い方が分からず、壊してしまい、怒られたことも多々ありました。入社してからの4年間は苦しみの連続でした。ここ最近になって、落ち着きまして、物の扱いに関しては人並み程度にはなりました。地に落ちたところから人並みにまで上がったので、自分の中での満足感があり、それが自信となりました。5月にゆきもさんを見ていますけど、スタツアをしっかりまとめていましたし、大人だなと見えました。頑張ってください。 削除

2006/5/23(火) 午後 8:47 [ かず ] 返信する

顔アイコン

今日も上司が折りたたみ式のマウンテンバイクのセットを私に頼み、やってみたんだけど分からなかった。上司に”お前は考えようという意識が足りない”と怒られました。確かにその通りだと実感はします。モノを扱うにも相性があると思います。僕も本当は自然が好きな人間で機械というものに感心も無かったし、相性も良くないと思っています。今まではハナから自分自身の中で機械とは合わないと決め付けていました。上司から僕みたいな考え方は頭を使おうとしていないと指摘されたことがあります。悔しいけど一理あるかな。 削除

2006/5/24(水) 午後 10:01 [ かず ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございました。 里親ではなく、バセコの事務所宛に送ったのですが、またクリスマスに手紙を贈ってみます。 もう団体には所属していないので きっと一般論でマニラに手紙を送る 部類に入るかと思います(^^; 削除

2006/5/30(火) 午後 0:45 [ kikuchi ] 返信する

顔アイコン

バセコですか?ICANはバセコに事務所も事業もないので、おそらく他団体と勘違いされているのかなと思います。他の団体のシステムはちょっとわからないですね。。

2006/5/30(火) 午後 4:52 ica*man*lao*f*ce 返信する

顔アイコン

kikuchiさん、こんにちは。ちょっと高いですけど、国際返信切手券(150円)があります。ぼくも一度だけ使ったことがあります。詳しくはこちらを参考にして見てください。http://www.int.post.japanpost.jp/index.php?page=charge/cha/c_special 削除

2006/5/31(水) 午後 10:01 [ nari ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事