ICAN(www.ican.or.jp) まにらブログ

人々の「ために」ではなく、人々と「ともに」。 人々と「ともに」悩み、「ともに」成長していく開発NGO、アイキャンのまにら事務所

全体表示

[ リスト ]

ジプニ−に乗りながら

イメージ 1

 ゆき@マニラです。私は、ジプニーという乗り物で毎日通勤しています。ジプニ−は庶民の主要公共交通機関。長細い車体の中に向かい合わせに2列の座席が取り付けられていて、満員ぎゅうぎゅうで20人弱乗ることができます。マニラの街には網の目状にたくさんのジプニ−路線があって、一定の区間を派手に飾り付けられたジプニ−たちが、日本からの中古エンジンを積んでもくもく排気ガスを撒き散らしながら往復しています。乗客はたいていどこでも乗り降りできるので便利です。自分の目的地行きのジプニ−が走る路上で待ち構えていて、やってきたら手を上げてジプニ−を止め、後ろから乗り込むのです。降りる時は、パラー(止めて)と叫ぶか、ジプニ−の天井をゴンゴンとたたくと止まってくれます。

 運賃は、バヤッドポ(運賃です)と叫びながら、背中を向けて運転している運転手に向かってお金を差し出すと、届かない場合も、周りの乗客たちが順々に手渡してくれて、私のバヤッドが無事に運転手まで辿り着くというしくみになっています。

 この間も、終らない仕事にとりあえず区切りをつけて、いつものように帰宅の途につきました。いつものジプニ−に乗り込み、バヤッドポ!といいながら、遠くの運転手に向けてバヤッドを差し出すと、私の手の先に座っていた見知らぬ乗客が当たり前のように私の手からバヤッドを受け取り、運転手に渡してくれました。誰かが手伝ってくれるのを求めて手を伸ばす。そして目の前に来た助けの求めに応じて、助けの手を差し伸べる。フィリピン社会は、これが自然にできるところなんだなと改めて感じました。

 「助けてもらおう」「助けてあげよう」は、自立心をさまたげることにもなりかねない、という意見もあるでしょう。もちろん自立することは大切です。私たちのICANの仕事も「自立支援」です。でもその前提の上で、やはり人間は一人では生きられるものではありません。どんなに一人で気張って生きている人も、赤ちゃんのときは、保護者に多大な世話をかけたことでしょうし、年とったら誰かの介護を必要とするかもしれません。そもそも人は人と関わって、人と助け合うように作られたと聖書にも書いてあるし。。。フィリピンは生きる現実が厳しいからこそ、助け合い精神が豊かなのでしょう。社会の枠、国の枠を超えて、自然に人が助け合うことができるように働くのが、ICANの仕事でもあるのかなあ、などとぼんやり考えながら、帰りのジプニ−の窓からマニラの街を眺めていました。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

基本的にジープニーは大好き。でも一回だけ嫌いになった時が。。。 いわゆる、ジープニー強盗にあった2001年の春。そんな時もあった。 削除

2005/7/17(日) 午後 3:47 [ nari ] 返信する

顔アイコン

nariさんも、そんな経験がおありなんですね。私もかばんを切られて、上手に財布を抜かれたことがあります。基本的に、ジプニ−はほんとはぼんやり乗っていてはまずいんですよね。これも、生きる現実が厳しい社会の一面ですね。

2005/7/18(月) 午前 0:42 ica*man*lao*f*ce 返信する

顔アイコン

じゃ僕も登場して、、、。僕も学校の帰りジープでズボンを切られました。友達が目の前にいたのに、僕の横で切っているんですよー。おそろしや。。さだ@まにら

2005/7/18(月) 午前 0:54 ica*man*lao*f*ce 返信する

顔アイコン

協力隊員としていろいろな実験器具を両手に持って学校を訪問すると、必ず生徒が駆け寄ってきて、持ってくれたり、日よけに傘を差してくれたりしました。始めは申し訳なくて、「大丈夫だよ」と断ってしまっていたのですが、そうすると笑顔が曇る。「ありがとう」と笑顔で応じると満面の笑みが帰ってくる。ILOILOの聾学校の生徒は街で私を見つけて背伸びをしながら日傘を差してくれました。そして人ごみになるとさっとたたみ、すいてくるとさっと差してくれる。汗だくなのに笑顔が輝いている。そんな人達のためにがんばれた2年でした。

2005/7/31(日) 午前 1:07 [ p4p*p4 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事