全体表示

[ リスト ]

ガラスで囲まれたまるい建物。

世界的な建築家、妹島和世氏と西沢立衛氏による設計事務所SANAAが設計した公共建築。
誰もが、気軽に、どこからでも入れるようにと、この美術館には正面がなく、
エントランスは四方に4箇所設けられている。
周囲を囲むガラスは、内と外をつなぐ透明な壁。

これは、館内にある保育施設です。
子供がいる状態では撮影はできないはずですが、誰もいない状態でしたので。
イメージ 1


妹島さんのお話によると。

コンペのプロポーザルの要項だと、交流館と美術館と広場をということだったのですが、
交流と美術館をいっしょにしてひとつの建物としました。
交流ということそのものが現代美術と関連づけて考えられますし、
ふたつをいっしょにすれば、互いの相乗効果によって活気が生まれると思ったのです。
一方、美術館は有料で交流ゾーンは無料ですから、どうしてもわけなくてはなりません。
そのため建物の中心部に有料のゾーンを集め、周辺部を無料の交流ゾーンとしました。
交流ゾーンのはうには図書館、子どものためのワークショップを催したりする場所、
オーデイトリアム、カフェ、情報ラウンジ、シアターと会議室、市民ギャラリーなどを設けています

ギャラリー部分に関しては、いろいろなきちんとしたプロポーションをもった部屋を
たくさんつくりました。キュレーターの長谷川祐子さんの、大きい展示室をつくって
それを可動間仕切りで仕切るような使い方は美術の展示に不向きである、
ひとつひとつを適切なプロポーションとボリュームをもった部屋にしなければいけない、
という意見に私たちも共鳴したわけです

イメージ 3


そのためか、色々な用途の部屋がある館内の雰囲気は迷路のような感じもしますが
すぐに外を感じるので不安になることはありません。
楽しみながら歩いていける導線になっているようです。

イメージ 2


私達としては自然に人が集まってくるような美術館にしたいと思いこのような建物にしました。
集まった人たちがいっしょに活動することもあるし、
各自がそれぞれ好きな時間を過ごすこともできる公共空間をつくりたいと思っておりました

中に入っての世界感もやはり興味深いものでした。
展示物の人気もあるでしょうが、建物の魅力も
人を惹きつける要素のひとつになっているようですね。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事