全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

護国神社参詣 〜富山県 護国神社・遺芳館〜

富山県甲飛会報を読み、3月7日に護国神社に建立された戦碑を見に行ってまいりました。

護国神社は戦争や亡くなった戦没者や公務で亡くなった県内の公務員を祀る国策の神社でして、その性格ゆえ一般の神社とは性格が異なり、全国神社会には加入を認められていません。
境内では、普通の神社と同じく祓いやお札、お守りなどを売られており、普通の神社となんら変わるところはありません。
この様に神社形式をとってはいますが、普通の神社とは違う性格を持っているかと思います。
そしてこれら全国都道府県に一つある護国神社の頂点にあるのが靖国神社です。

靖國神社には遊就館という戦争遺品が展示されているところがありますが、 護国神社にも展示館がありまして、富山県にも遺芳館という戦争遺品の展示館がありまして、そこへはいった事がありませんでしたので、今回拝観してきました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_0?13319507751.正面です。市街の西側にありまして神通川のそばにあります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_1?13319507752.脇に駐車場がありまして車をとめて中に入ります。富山県甲飛会の戦碑があります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_2?13319507753.兵士の方の想いが込められています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_3?13319507754.遺芳館。中に入るには、境内にある社務所に申し出て下さい。案内されます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_4?13319507755.知らずに勝手に入ってしまいました・・・おお、あるね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_5?13319507756.陸海の亡くなった方の遺品が展示されています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_6?13319507757.アッツ島で戦死された小路 與作さんについての展示です。ちなみに富山は35連隊がありまして、精鋭な部隊でした。金沢には第9師団がありまして、各地の戦線に赴いています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_7?13319507758.山崎定義陸軍中将、朝倉豊次海軍少将などなど偉い方も居たようです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_8?13319507759.戦艦長門館長だった様です。凄いですね。はじめて知りました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_9?133195077510.軍事裁判で裁かれた戦犯について書かれています。復讐裁判であった、とも書かれています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_10?133195077511.富山大空襲について記載があります。昭和20年8月1日、200機ほどのB29に絨毯爆撃を受け3000人が亡くなり、負傷者8000人が出ました。民間人の殺害は戦争犯罪であり禁じられているのですが、戦勝国には一切お咎めがありませんでした。これが戦争と言うものです。ちなみに無差別爆撃をしたのはスペインでドイツ軍や、重慶への日本軍の爆撃が最初でした。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_11?133195077512.富山に投下された焼夷弾です。激しい空襲でして東京と同じくほとんど焼け野原になってしまいまして、今でも市街からは焼夷弾が出てきます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_12?133195077513.特攻で亡くなった枝幹二さんの遺影です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_13?133195077514.枝幹二さんの特攻前に残された詩です。知覧にも展示されているようですが、知覧で見て一度富山を訪れたいと思っていてようやくここに訪れることができました、と言う事が記帳されていました。名古屋の方でした。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_14?133195077515.遺芳館の拝観も終わり、本殿に向かいます。広くてなかなか立派な社殿です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_15?133195077516.富山空港に着陸するB767です。67年前もB29がこんな具合に飛び交っていたのでしょうね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157895/img_1157895_66234790_16?133195077517.護国神社案内パンフと青少年むけの「護国の御霊をまつる心」という説明書です。

 護国の御霊をまつる心
 崇敬会という護国神社の維持管理を後援する会もあるようです。ご興味あるかたは是非どうぞ。

本殿を出ようとした時に富山空港に着陸するB767が本殿上空を低空で横切っていきました。
平和な時代になりました。
昭和20年8月1日は200機ほどのB29の猛爆で富山は灰燼に帰してしまいましたが、ふとそんなB29を彷彿とさせます。
 富山大空襲 wiki 
激しい空襲でして、県内のあちこちから真っ赤に燃える富山市が見えたそうで、現在でも年配の方は実際にその模様をよくご存知です。
私のおばさんは、当時軍需工場で機関砲などを作っていた不二越と言う会社で働いていて、寮で寝ていて夜中に空襲があり、凄い火災で怖かったと言っていました。
翌日、自宅へ戻るように言われ、20km近くを歩いて自宅へ帰ったと話を聞いた事があります。

アジアや太平洋以外に富山でも戦争の傷跡はありますが、そんな戦争の記憶のある方も随分と少なくなってしまいました。

当時交戦的だったのは日本ばかりでなく、どちらかと言えば植民地政策を取る先進国の方が交戦的で日本を戦争に導いた所があり、アメリカに至っては当時の民主党政権のルーズベルトが日本が戦争に踏み出すのをてぐすね引いて待っていたと言われています。
ちなみに共和党は、対日禁輸に批判的で日本と和平を望んでいたようです。

いずれにせよ現在の平和を手に入れるにはあまりに大きな代償でした。

日本全国に護国神社と戦争遺品の展示がありますのでみなさんも各地で一見される事をお勧めいたします。
靖国といいますと、近隣諸国の反論もあり軍国主義の象徴の様に言われ、そう思われる日本人の方も多いかと思いますが、A級戦犯を祀ったばかりにそう言われて居る事は大変残念でなりません。
地元にありながら、詳しく護国神社を訪れることがなく理解が不足していたと思いますが、今回ゆっくりと訪れて良かったと思います。

戦後日本は、連合国に与えた戦争犯罪行為こそ連合国に裁かれましたが、日本の兵士や民間人の多くを死に追いやった行為は裁かれず、また日本人自ら反省し裁くこともなく、「戦争そのもの全ては悪である」と半ばうやむやにして現在に至ったため、正しく先の戦争を歴史として認識しているとは到底思えないのが実情です。この点、ドイツとはかなり国民性も異にしています。
また日本には、戦争の全体像を知る事が出来る戦争博物館と言える物がなく、個々人で書物を調べたりしないとその歴史像が浮かび上がらないと言うのも残念な事です。

個人的に右や左に傾いている気持ちや思想的な場所へ誘導しようとする意図はないのですが、教科書に記載されない歴史について皆さんの知見の一助となれば良いかと思っています。
当然、賛同や反論もあるだろうと思います。
他国に謝罪を求められたびたび右往左往しただ口先で謝罪を繰り返す前に、真実と正しい歴史に付いて知る事が大切だろうと思います。


ICARUS

閉じる コメント(1)

字数制限により以下追記。

戦争を賛美する意図はないのですが、戦争は国家の罪で、命令で戦った一人一人の兵士に罪はないと思います。
私のおじさんも何人か戦争で亡くなっており靖国に祀られています。
皆さんの回りにも亡くなられた親戚の方はいるかと思います。
靖国や護国神社を擁護や批判するにしても一度は訪れ、今一度日本の歴史や先の戦争について今一度考えて見るのも良いかと思います。

[http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%96%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE 靖國神社 wiki]

2012/3/17(土) 午前 11:35 ICARUS


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事