ICARUS GARAGE/キックスタートバイク専用ガレージ

エボフォ〜〜〜〜増車ですっ! フォッフォッフオォォォォ〜〜〜〜〜♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

カブFショックSPG 〜ばね特性の調査〜

27日にカブのFショックをばらし、スプリングの特性を調査しました。
ショックはHA02のフロント用で、フロントドラムが大きくなりアクスルシャフトがΦ10からΦ12にサイズアップされた1998年以前とそれ以後のものの比較調査です。

カブのFショックのスプリングはレートが低く柔らかい密巻部とレートが高く固い粗巻部がある非線形ばねになっています。
’98以前のものより以後のものの方がサスが硬く感じ、またスプリングの密巻部も’98以後のものの方がクリアランスが狭くなっていますので、レートが低くふわふわの原因となっている密巻部が早く密着し、レートが上がり固くなっていると以前から推定していました。

ちょうどショックをばらしている最中ですので27日に実際にスプリングレートを調べましたので、EXCELで解析してみました。

’98以前のHA02のFスプリング

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1771268/img_1771268_68092107_0?1375424752 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1771268/img_1771268_68092107_1?1375424752
1.荷重−ストローク線図。油圧プレスでばねを押しながらその時の荷重と変位を測定し、そのままグラフ化したもの。スプリングの取り付け長さでストローク0mmにしてある。非線形特性がはっきり出ている。約60kgあたりから固くなっている。2.ストローク−荷重線図。10mmストロークしたあたりで密巻部が密着しレートが上がりスプリングが固くなって荷重が高くなって居る事がわかる。

’98以後のHA02のFスプリング

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1771268/img_1771268_68092107_2?1375424752 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1771268/img_1771268_68092107_3?1375424752
3.フロントドラムが大径化され強化された以後のFスプリング。40kgあたりと早くから荷重が上がっていることがわかる。4.ストローク−荷重線図。5mmあたりから既にレートが上がり固くなり始めていることが分かる。


2種類のスプリングの比較

’98以前と以後でのスプリングの線図を重ね違いを比較する。
’98以後方が早めに密巻き部が密着し、荷重が上がり始めているが、荷重の差はスプリング1本で10kg程度→2本で20kg程度である。ダンパーの影響もあるので、これが’98以降が固く感じる差とは断定できない。ストローク初期と、フルストローク=25mmあたりでの差はごくわずか。
イメージ 5


スプリング強化の検討

以前プレスカブのショックを入手し、HA02後期よりも柔らかかったので、スプリングにスペーサーをかまし強化し、それをタウンメイトで使っている。
プレスカブのスプリング特性は不明であるが、同様に’98以前のスプリングにスペーサーを噛まして強化した場合を検討する。スペーサーを入れる→余計に最初からスプリングを圧縮して固くする。
以前、プレスカブのもには一枚3.2mmのスペーサーを2枚で合計6.4mm噛ました。
’98以前のスプリングでスペーサーを2枚=6.4mm圧縮した場合の特性を検討する。
イメージ 6

取付荷重34kgが、約50kgへと約16kg全体的に固くなる。
これにより、フルストローク時110〜120kgが135程と固くなり強化される。

’98以前以後と’98の強化SPGとの比較

▼荷重ストローク線図。青が'98以前、赤が’98以後、緑が’98強化SPGの特性。
’98以前の青のSPGに6.4mmスペーサーをかましたので、緑のグラフが全体的に下に6.4mm平行移動に下がり、結果的に同じストローク位置でみると16kgほど固くなっている。
イメージ 7


▼ストローク−荷重線図。
青の’98以前のスプリングが左方向に平行移動し、ばね全体が固くなっている。
HA02の’98後期よりはるかに固くなっていることが分かる。
イメージ 8



ICARUS

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

RZ 〜燃料コック樹脂バルブ製作・履歴−3〜


━7月27日━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_0?1375420215 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_1?1375420215
1.夕方、RZ350から燃料コックのバルブを取り外し。2.ガスは抜いておき、バルブを取り外す。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_2?1375420215 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_3?1375420215
3.取り出したコックは4年ほど使っているもので、ガソリンが滲む程度で漏れが少ないもの。欲しいという方に送る。4.おそらく後期のものと思われるコックを装着している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_4?1375420215 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_5?1375420215
5.代わりの樹脂バルブを装着。6.新しい樹脂バルブで漏れ確認を実施。
━7月28日━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_6?1375420215 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_7?1375420215
7.翌日28日午後。新しく装着した試作樹脂バルブの漏れを確認。8.ややお湿り状態。まずまず。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_8?1375420215 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_9?1375420215
9.放置状態の量産試作品樹脂バルブを仕上げる。分解中のカブFショックなどがあり散らかっている。10.午後に作業実施。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_10?1375420215 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091963_11?1375420215
11.2年前に作ったエアリークテスターを組立て。12.左、前期の儀拭右後期の況人僉エア漏れが少なくなるまで形状修正を実施。

初期の儀新曽バルブは10個ほど漏れの少ないものが出来たのでオクで販売、後期の況燭里發里魯┘▲蝓璽が少なくならないので再度丹念に形状修正を実施する。

量産に向けて手修正が必要ないように再度図面ベースで形状を見直す。


ICARUS

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

RZ 〜燃料コック樹脂バルブ製作・履歴−2〜


━━2011年6月6日━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091863_0?1375416707 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091863_1?1375416707
1.コックの密着度を確認。マジックでマーキング。2.コックに組み付けあたりを確認。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091863_2?1375416707 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091863_3?1375416707
3.あたりを確認。4.旋盤であたりを修正。四角い棒にサンドペーパーを乗せる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091863_4?1375416707 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091863_5?1375416707
5.旋盤に樹脂バルブをチャッキング、あたりを修正。6.修正したバルブ。
━11年6月12日━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091863_6?1375416707 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091863_7?1375416707
7.あたりを修正したバルブの気密を確認。8.エアリークテスターを自作し確認。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091863_8?1375416707 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_68091863_9?1375416707
9.テスターにコックと樹脂バルブを装着。10.エアも漏れを確認。

2011年6歹12日から2013年7月まで放置。


ICARUS

開く コメント(0)

RZ 〜燃料コック樹脂バルブ製作・履歴−1〜

現在量産試作段階で形状を手修正した樹脂バルブを販売していますが、しばらく放置状態でしたのでその経過を記録します。

ICARUS オリジナルパーツ完成 〜RZ燃料コック&RZVミラー延長部品〜 2008/11/19(水) 午後 3:08
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_46770637_2?1227241893バルブ試作品完成

[ 1号機RZ250 〜ICARUSパーツ・燃料コックバルブ確認〜] 2008/11/20(木) 午後 3:19
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_46811958_1?1234066628加工漏れ追加工、ガソリン浸漬試験開始

RZ燃料コック 〜試作第2弾 試験・測定〜 2009/2/13(金) 午後 10:09
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_49982750_12?1234530578試作バルブ形状測定、ガソリン浸漬試験経過

1号機RZ250 〜燃料コック 樹脂パーツ追加工〜 2009/4/14(火) 午後 1:19
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_51944966_1?1239682740前期型試作バルブ形状修正

1号機RZ250改 コック種類 〜試作燃料コック調査・走行復帰−1〜 2009/5/16(土) 午前 9:29
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_52927199_13?1242433782前期型バルブ試着

1号機RZ250改 〜エンジン始動〜 2009/9/25(金) 午後 1:49
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_56499871_1?1253854280350コックに試作樹脂バルブ装着

1号機RZ250改 〜燃料コック 樹脂パーツ2種類目製作検討〜 2009/11/15(日) 午後 11:00
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_57727180_1?1295496281

1号機RZ250改 〜燃料コック形状測定〜 2009/11/22(日) 午前 9:29
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_57869181_1?1258898477

1号機RZ250改 〜燃料コック試作開始〜 2009/11/26(木) 午後 1:19
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_57963978_1?1259378190まずコック1個を試作。

1号機RZ250改 〜メイトV50、TX750始動、RZコック試験〜 2009/11/29(日) 午前 0:29
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_58018430_6?1259422145350コックに初めて取り付け。

1号機RZ250改 〜溝なし燃料コック 樹脂パーツ実機試験〜2009/12/8(火) 午後 8:19
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b1/f5/icarus777z/folder/1157970/img_1157970_58227485_0?1260413676350タンクの取り付け、実機テスト開始。

2009年12月から2011年6月まで放置。


ICARUS

開く コメント(0)

世相を斬る 〜麻生副総理のナチ賛美発言〜

カブ日記記事で字数制限で書けなくなりましたので別記事を起こしました。

以前第二次大戦を招いた顛末を暴露したアメリカ共和党議員のハミルトン・フィッシュの著書を紹介しました。
太平洋戦争は実はヨーロッパでの覇権を巡るその戦略の延長上でアメリカが仕掛けた罠だと暴かれています。またヨーロッパで追い詰められ戦争に踏み切ったドイツの情勢など細かく書かれています。

昨日、自民元首相の麻生さんがナチ発言で、踏んではいけない虎の尾を踏んでしまいました。
元々失言の多かった方で、またやるんだろうなと思っていましたが、日中韓関係の最悪な時に、火に油を注いでしまいました。
ヒトラー率いたナチ党ですが、うまく民衆を誘導し政権を握り、人種差別、人種浄化、戦争開始・侵略など最後はやりたい放題で、その行為に弁護の余地はほとんどありません。

戦後自己反省も無く、うやむやのうちにアメリカ陣営の飼い犬になってしまった日本と違い、ドイツでは法律などの元で厳しいナチ賛美禁止の措置が取られており、また世界的にもそれが常識となっています。ほぼ単一民族で島国で平和に暮らす日本と世界は価値観が違うかもしれません。

麻生さんの発言に擁護すべき点は全くありませんで、この憲法改正や対外関係の難しい時期に全く迷惑千万な発言で、麻生さんのみならず、日本や日本人全体の利益やイメージをそこなう悪しき発言でした。

ドイツでは、ナチ賛美は法律違反で逮捕されます。
またアメリカにナチ賛美を監視する団体がありまして、以前ナチの制服を着た音楽ジャケットの差し替えなどをさせられたグループもあり、ナチは日本以外では白黒のはっきりした、また非情に厳しい触れてはならないタブーの問題です。

麻生さんは不勉強で見識不足で、また政治のTOPで指導者に足る資質がないと思います。
バカな発言のせいで中韓からの非難だけならまだしも、世界中からの非難の矢面に日本や日本人が立たされるのはあってはならないことです。

太平洋戦争や日中戦争当時の日本は、アジア開放と言う大義名分もあり人種平等を謳っており、日本陸軍でさえ、人種差別政策をとるナチと距離をおき、ヨーロッパや満州で逃れてきたユダヤ人を助けた話もありましたが、一方でナチ賛美を公言した麻生さんの話は非常識極まりないです。


先に紹介した下記の書籍で、日本が戦争に追い込まれたように、ナチスドイツもやむ終えない面があったズテーテン地方の領有に関して、イギリス、アメリカによって追い込まれ、ヨーロッパで戦争を拡大したその歴史的な状況がよく描かれています。ですので、ナチスドイツにしてみても開戦理由で見ると100%悪ではない部分があり、それは歴史的事実として知っておくべきだと思いますが、だからと言ってナチドイツ自体やその行為が正当化されてはいけません。
日本やナチスドイツは実質的に開戦をし、敗戦国となりましたので、その非を逃れることはできません。
しかし、政治の舞台裏で、戦争後の領有を巡って手ぐすねひいて日独を追い込んだ国々があり、戦勝国となったが故におとがめ全くなしで、そして戦後それが戦後秩序としてその維持のために国際連合が作られ、世界が管理されています。
ですので、安倍さんや橋下さんなどが国粋化し、日本が太平洋戦争の開戦理由や、従軍慰安婦の正当化をしようとする行為は戦後秩序を乱すことになり、戦後秩序=現状世界を維持したいアメリカは、戦後秩序を乱そうとする日本を煙たがり、距離をおきたがります。


NHKの大河ドラマ八重の桜で、最初賊軍だった薩長連合軍も勝ってしまえば、幕府側の会津が賊軍となってしまいます。
日本やドイツは太平洋戦争でも、この言葉を肝に銘じておかねばならなかったと思います。
日本は戦争に勝つ、とする以前に、戦争を中止する事も含め戦争に負けない、とする思想が足りなかったと思います。

戦争は勝者が正義で、正義が勝者ではありません。
中国やロシアなどやりたい放題ですが、先の戦勝国=国連常任理事国ですので時折文句を言うのはアメリカぐらいです。
戦争はしてはいけないですが、「絶対に戦争に負けてはいけない」と言う事は歴史が証明しています。

歴史を知らない、国際感覚のない政治家は日本を貶めるばかりです。
民主ばかりかと思っていましたが、自民の麻生さんも政治の表舞台から降りて欲しいと思います。
今回は大変残念な出来事でした。


ICARUS

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事