過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

NISSIN ブレーキマスター レベル窓 交換マニュアル 2/3


取り外したレベル窓とホンダの新品部品を比較。
ICARUS GARAGEで販売しているレベル窓セットには圧入用Φ18ワッシャが付属している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_0_m?1438750923 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_1_m?1438750923
1.ホンダの純正新品部品。2.左外したヤマハのNISSINの部品、右ホンダ純正部品。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_2_m?1438750923 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_3_m?1438750923
3.上:新品Oリングと下:外したOリング。下は三角につぶれている。4.レベル窓の比較。左外したもの、右新品。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_4_m?1438750923 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_5_m?1438750923
5.左外したもの、右新品。同じ形状。6.奥に入っているバックプレート。取り出す時に変形したので修正する。先の丸いマジックペンなどを用意する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_6_m?1438750923 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_7_m?1438750923
7.固いテーブルの上に置き、少しずつ凸の上を押さえていく。8.綺麗に修正できました。この部品は代替品がないので丁寧に取り扱う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_8_m?1438750923 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_9_m?1438750923
9.新しいレベル窓に元のバックプレートをはめ込んでみる。10.バックプレートの凹とレベル窓の凸をあわせてはめ込む。幅は2mmでぴったり合う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_10_m?1438750923 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_11_m?1438750923
11.マスター側の凹みを綺麗にし、新品Oリングをはめ込んでみる。12.マスターの穴はΦ18.0、レベル窓外径はΦ18.2で圧入代があるレベル窓とバックプレートは位相があり、マスターにはめ込む時はバックプレートのスリット溝が縦になるようにはめ込む。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_12_m?1438750923 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/15/70015615/img_13_m?1438750923
13.レベル窓の圧入。付属しているΦ18ワッシャを使い、傷が付かないよう窓の上にウエスか4つ折り程度の紙を挟みその上からΦ18ワッシャを当てて、Cクランプなどを使い静かに圧入する。Φ18ワッシャがない場合は割り箸などを置きCクランプなどで軽く押し込んでやるか軽く打ち込む。少し入ったところで、スリット溝の位相が正しいか確認する。14.完成。

マスターの取り付けは、取外しの逆の手順で行う。取り付けが終わったら次の作業と確認を実施する。

.泪好拭室萇佞姥紊泙此▲譽戰訌襪らフルード漏れが無いことを確認する。
△修譴らエアー抜きを確実に行い、何度もレバーをを握っては離しを繰り返し、ブレーキラインからフルード漏れが無いことを確認する。
次に試走行でブレーキの効き具合を確認しておく。
緩い速度から効きの確認をし、徐々に速度を上げ、ブルブレーキングでも問題がないことを確認しておく。
せ鄙行が終わった後に、再度フルード漏れがないか確認しておく。


ICARUS

NISSIN ブレーキマスター レベル窓 交換マニュアル 1/3

ブレーキマスターのレベル窓の取外し手順を紹介。

▼レベル窓の構造
イメージ 25


▼古いレベル窓を取り外す時は、レンズ面に突起のある側のバックプレートの凹みの樹脂部分に目打ち(ニードル針)を軽く差し込んで引っ掛けて外に取り出す。
イメージ 26


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_24_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_1_m?1438744120
1.ミラーの取外し。ヤマハ車に右ミラーは左ネジ=逆ネジなので緩める方向が通常と逆なので注意する。2.マスターリザーバーカバーを取り外す。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_2_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_3_m?1438744120
3.このカバーが外された状態でレバーを引くと底中央の穴からフルードが吹き上がるので絶対にレバーを引かない。4.レベル窓は曇ってしまっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_4_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_5_m?1438744120
5.プラボトルがあれば吸い取るか、ウエスに染みこませてフルードを取り除く。6.バンジョーボルトを取り外す。液が毀れるので、ウエスを当てておく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_6_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_7_m?1438744120
7.マスターをハンドルから取り外す。8.ブレーキスイッチは、裏の穴にドライバーを差し込んで押しながらスイッチを引っ張ると抜ける。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_8_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_9_m?1438744120
9.スイッチの突起が穴に引っ掛かって抜けない構造になっている。10.レベル窓の取り外し。内側に入っているスリットの入ったバックプレートは薄くて変形しやすいので絶対に叩いたり力を加えない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_10_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_11_m?1438744120
11.スリットの間に入るドライバーで、クリアーガラスを抜き出してみる。奥まで入れるとバックプレートが変形するので奥まで入れない。12.古くてガラス中央が破れましたので、外からマイナスドライバーを入れて取り出してみる。ドライバーの下にかならずウエスを当てる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_12_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_13_m?1438744120
13.クリアー樹脂は柔らかくもろくなっていてボロボロになるだけで取り外せない。14.クリアー樹脂の奥の右側に、バックプレートの隙間があるので、そこに目打ち(ニードル針)を軽く差し込んで引き出してみる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_14_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_15_m?1438744120
15.RZでは窓からみて右真横の奥に凹があり、そこに目打ちを引っ掛けて取り出してみます。必ず目打ちの下にウエスを当てます。16.なかなか外れないので、ボロボロになったクリアー樹脂を引っ張って取り除きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_16_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_17_m?1438744120
17.樹脂外側にあった金属環だけが残りました。18.金属環の凹部分が良く見えます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_18_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_19_m?1438744120
19.何度かTRYしますと抜けました。マスターに傷をつけますとフルードが漏れますので、ニードルは軽く力を加えて押しあてて、金属環を外に浮き上がらせるように何度も作業します。20.金属環の下にスリットの入ったバックプレートがあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_20_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_21_m?1438744120
21.マスターの凹みの奥に変形したOリングが入っていますのでそっと取り出します。フルードをシールしている大事な面ですので、絶対に傷をつけてはいけません。逆に言うとこのOリングの当たっている面以外は少々傷がついてもOKです。22.Oリングが外れました。フルードカスが薄っすらとタマっています。先を丸くして角を落とした細いマイナスで溝を綺麗にします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_22_m?1438744120 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/45/70015445/img_23_m?1438744120
23.外した部品です。24.スリットの入ったバックプレートは再使用しますので大事にします。


ICARUS

NISSIN ブレーキマスター レベル窓 交換マニュアル 1/3


NISSIN製ブレーキマスターの古くなって中の見えなくなったレベル窓の交換手順を示します。
NISSIN製を使っているホンダ、ヤマハなど多くのバイクで同じと思われる。

交換作業記事
使用部品 ホンダの部品でΦ18.0用
 45515-MA6-006 ホンダ ゲージ,オイルレベル \464
 45516-MA6-006 ホンダ Oリング \194
イメージ 9


1.ヤマハ系 ブレーキマスターの種類

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/44/70015344/img_0_m?1438740457 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/44/70015344/img_1_m?1438740457
1.RZ502.レベル窓はΦ17でありΦ18の部品は使用できず交換不可。
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/44/70015344/img_2_m?1438740457 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/44/70015344/img_3_m?1438740457
3.RZ125 13W4.レベル窓はΦ18でありおそらく交換OK。
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/44/70015344/img_4_m?1438740457 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/44/70015344/img_5_m?1438740457
5.RZ250 4L36.レベル窓はΦ18であり、交換確認済みOK。
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/44/70015344/img_6_m?1438740457 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/44/70015344/img_7_m?1438740457
7.RZ350 4U08.レベル窓Φ18であり、おそらく交換OK。
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/44/70015344/img_9_m?1438740457 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1850663/44/70015344/img_10_m?1438740457
9.RZV500R 1GG10.レベル窓Φ18であり、おそらく交換OK。

上記以外に下記車種に使用できる情報有り。
CBX400F(NC07 1980〜82年式 CBX400F・1型・2型)
CBX550F(PC04 )
CBR400F
TLM220R
ヤマハRZ125、RZ250、RZ350、RZV500R


ICARUS

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事