・RZ250/1号機

[ リスト | 詳細 ]

1981年頃製 RZ250 4L3−
1989年5月頃知人より購入。
2007年8月9日新規登録。27930km〜
’07年10月にRZ 2号機、RZ350を購入し、エンジンをOHし、1号機に積みながら慣らしをしておりましたが、車体は1号機ですので、’08年6月より1号機書庫にてUPいたします。 
1号機RZ250 〜整備・走行記録簿〜





部品格安通販
金沢にしむら 1万円未満8%、1万円以上10%、割引後3万円以上送料無料 近県送料500円
「バイク&サイクル モリワキ」部品10%OFF 31500円以上送料無料
記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

RZ 〜フロントフォーク分解&ASSY・テーパスピンドル脱着〜

BLACK CATSさんのお問い合わせにお答えいたします。
RZ250・350フロントフォークの分解と。
ボトムにあるソケットボルトを緩めるんですが、インナーの中のボトムにあるテーパースピンドルをソケットビットで回り止めし取り外さないといけません。

取り外す時は、ボトムのソケットが緩めば、ボルトを引張り気味にし、テーパスピンドルを座面に当てながらはずすとばらせます。
組む時はそうは上手くいかないので、ロングTレンチを使います。

RZマニュアル  ▼クリックで拡大
イメージ 1


マニュアルではSSTを使ってますが、んなもん要らなくて、ラチエットかTレンとエクステンションが3〜4本ほどあればOK。

ソケットサイズはM8→6番かM10→8番あたりでしょ。

TX750のフォークは全バラしましたが、ロングTレン使わず上手に分解&再ASSYしました!
分かりますかね〜



以上〜


ICARUS

RZ250 4L3 〜書類入れ確認〜

RZ250用の書類入れを作りまして、ガレージでウインカーの確認作業をする用事がありましたので、RZ350で書類入れの収納具合を確認いたしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/51/69107951/img_0?1405051426 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/51/69107951/img_1?1405051426
1.現在RZ250は冬眠中のため、実戦配備中のRZ350にて確認。2.みなさん自賠責のおまけビニール袋を二つ折りにしてテールカウルに詰め込んでませんかね。こんなフ〜に・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/51/69107951/img_2?1405051426 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/51/69107951/img_3?1405051426
3.愛情込めたRZに自賠責の袋はチト寂しいw ので専用袋をね。4.A4四つ折り=A6サイズですのでテールカウルにスッキリ、ズッポリ収まってます!

RZ250専用書類入れをRZ350で確認、ちゅうところがどうかと思いますが、兄弟車ですので。
袋はチャックシール付きですので防水もおそらくほぼばっちりのはず・・・

とってもナイスですよんw
いいですよんw
マニアなら細部にまでこだわってホッスィw
自賠責のおまけ袋なんてダサダサで、せっかくのRZが泣いている、ちゅうもんですw


ICARUS

RZ250・RZ350 〜ウインカー代替品の相違点〜


ウィンカーの当時物と現在の代替品の違いの調査を6月27日に実施。
比較したバイクはRZ350後期の当時オリジナル車両。

(1)レンズは同じ部番で変わっておらず、レンズ面の記載文字や形状も同じですので、おそらく当時物と同一と思われます。まったく違いが分かりません。

(2)ライトASSYですが、レンズとバルブとレンズが取り付く黒いお椀までで、バーは含みません。
お椀の形状と寸法、内部の記載文字は当時物と同じです。
違いは、塗装とダイキャストで作られた時のバリの除去と仕上げの違いで、当時物は塗装がつや消しで塗装面もやや凸凹がありバリ跡がはっきり残っていますが、現在の代替品は塗装がつや有りでピカピカになっていてバリ跡がほとんどなく綺麗に仕上がっています。

当時のラインオフ車両は、配線が左が茶色約20cm、右が緑40cmで、長さが違います。
前後で黒いお椀の部品は同じですが、配線の長さが前後で微妙に違うので当時のパーツリストの前後ウインカースペア部品のパーツ番号が違うのだろうと思います。

ちなみに現在の代替部品ですが、4W5は1981年XJ650LHになります。
パーツリストを見ますと、XJ650LHでも前後左右ともすべて共通で1種類になっています。

またラインオフ車では左右で配線の色が違うので本来左右の部品が違うのですが、補充部品は4W5で左右同じで1種類しかありません。補充部品の4W5の配線の色は茶色ですので左用です。
ヤマハのバイクはウィンカーの補充部品は左右共通にしてしまっているものがほとんどです。
RZRでは前後左右とも共通部品で1種類しかありません。
またラインオフ車両の後ろ左配線の長さは約20cm、右は40cmですが、補充部品の4W5の長さは66cmもありかなり長いです。

以上がラインオフ品と現在の代替品の違いで、形状は同じですが、当時物とツヤが違いますので一目で違うものと分かります。
配線の長さは長いだけなので、車体内で処理すれば問題がないと思います。

形状が同じなのですし車体に取り付いているとウィンカーは小さいので、1〜2個違ってもちょっと見た目は違いが目に付きにくいですが、分かる人は違いを見つけると思います。

本人次第ですが、塗装ツヤにこだわって交換するなら4個全部でしょうか。

RZウインカー部品 アッセンブリは4L3→4W5へ変更、レンズは変更なし。
オリジナル部番 現行代替部番
4L3-83310-K0 4W5-83330-K0 フロントフラツシヤライトアセンブリ 1 \5828
4L3-83330-K0 4W5-83330-K0 リヤフラツシヤライトアセンブリ 1 \5828
4H7-83312-00 レンズ,フラツシヤ \872


4W5 1981年XJ650LH
4W5-83330-K0-00 R FLSHR LITE ASSEMBLY
4W5-83330-K0-00 R FLSHR LITE ASSEMBLY
4W5-83330-K0-00 R FLSHR LITE ASSEMBLY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_0?1405049755 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_1?1405049755
1.現在出てくる4W5の代替品。2.当時物との違いをチェックします。塗装はツヤあり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_2?1405049755 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_3?1405049755
3.中身。4.車両は後期型RZ350、ウインカーはラインオフそのまま。当時のスペアパーツではない。上現行代替4w5、下当時物ラインオフ品。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_4?1405049755 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_5?1405049755
5.塗装が違う。6.形状は同じ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_6?1405049755 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_7?1405049755
7.アーム部分のダイキャストのバリの削り仕上げ状態が違う。昔は荒削りで、現在のは綺麗に仕上がっている。8.左当時物、右現行代替品。見た目が異なる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_8?1405049755 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_9?1405049755
9.レンズは全く同じ。表面記載の文字も同じ。10.次リア。昔はフロントとリアは部番が違っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_10?1405049755 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_11?1405049755
11.上現行品、下当時物。12.形状は同じ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_12?1405049755 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_13?1405049755
13.レンズも同じで、前後共通。14.当時物ボディ内。内部の文字は同じ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/20/69072220/img_14?1405049755
15.厚さは31.5mmほどで同じ。 

部品記載文字
ウインカーボディ
YHA317
STANLEY
0802 JAPAN

レンズ
045−0802 SAED79 JAPAN CHI0437

ウインカーボディ配線
当時物ラインオフ品 左茶色 20cm、右緑 40cm
当時物スペアパーツ 左右共通。おそらく緑で0cmか。

現行代替品 配線緑 66cm かなり長い。


ICARUS

製品情報 〜RZ GOODS・RZ250書類入れ〜

ICARUS GARAGE新製品情報〜
RZ250専用書類入れを製作しましたのでご案内します。

 車体にはこだわるが、書類入れなんて見えないしそんなのどうでもいい・・・

ICARUS GARAGEは許しません。
そんなのマニアじゃねぇw
マニアだったら、普段見えない書類入れにもこだわってください。
そ〜れ〜がぁ〜マニアと言うもんですw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/29/69071829/img_0?1403825431 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/29/69071829/img_1?1403825431
1.豪華ビニール製・チャック付き&ロゴ入り書類入れです。2.裏面はクリアーでチャックはこの面に取り付け。防水対策もOK。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/29/69071829/img_2?1403825431 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/29/69071829/img_3?1403825431
1.まさか自賠責の袋とか使ってませんか〜2.テールカウルにも入らないのでさらに二つ折りにして押し込んでいるとかw
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/29/69071829/img_4?1403825431
3.マニアだったらトコトンこだわってくださいw 

・製品概要
縦122mm×幅174mm A4・四つ折りサイズ(登録書二つ折りサイズ)
材質:表白ビニール、裏クリアービニール
裏面ファスナー付き

表は、RZの車体色のと同じ白地にサイドカバーの「RZ250」の文字を再現しました。眺めるほどに熱い思いが込み上げてきます。
ファスナー(チャック)付きで防水対策もバッチリです。
表のロゴデザインを優先しファスナーをわざわざ裏面のクリアー面に設置したICARUS GARAGE特注のマニア向けの凝った商品です。
A5サイズの登録書類を二つ折りにしてこのケースに入れ、このままテールカウルに放り込んでOK!

RZの書類入れのほか、デスクに飾ったり、普段の小物入れにするなどして、会社やプライベートでいろいろ使えます。

★ロットの関係で予告なくデザインを修正・変更することがありますので予めご了承ください。


ICARUS

RZ250 4L3 〜燃料コック取付け代品検討〜

ずっとずっと、ズ〜〜〜ッと前から脱着のしにくい燃料コックの締め付け部品の代品を模索しておりました。
RZのこの燃料コックの取付けは、純正品ではフランジなべ小ネジと特殊シールワッシャで取り付けられていますが、ねじとシールワッシャが固着し、またタンク内のネジも錆びてネジも固着し回らず、またど真ん中にコックがありその脇の奥まったところに2箇所ある小ネジの+溝にドライバーがきちんと届かなかったり、食ドライバーも届かなかったり、力が入らなかったりで問題のある場所でした。

で、数年前にソケットボルト(六角穴付ボルト)と金属環にゴムのついた特殊シールワッシャを使ってコックを取り付けておりました。

ここはしっかりボルトの力が伝わらないと走行でコックが緩んだり、ガソリンが漏れてはいけませんので、しっかりと締め付けをする必要があります。純正のワッシャはただのガスケットを打ち抜いたシートガスケットワッシャと違いまして、中にメタルがレイヤード(層状複合構造)されへたらない様にされており、しっかりとボルトの軸力を伝えつつガソリンが漏れない構造になっております。

なので、世の中には普通のファイバータイプ(繊維)のガスケットワッシャを販売しているところもありますが、緩みやすくまたガスが漏れやすくNGです。
ですので、普通のガスケットワッシャの使用はNGの箇所です。みなさんご注意!

で、以前組み込んで現在も使っているシールワッシャは、デリケートな作りで、タンクとダイキャストのコック部は割と粗雑な作りで、経年劣化した多くバイクに勧めて使うのもどうかと思われ、シールワッシャ自身も高価ですので安くて確実な代品を探しておりました。

結局、ソケットボルトと銅ワッシャで今回テストしうまくシ−ルすることができました。
26日朝一に3MAのジェネカバー部のボルトのブッシュを交換しまして、次にRZのスペアタンクで部品の確認を行いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_0?1398825225 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_1?1398825225
1.26日9時ごろ。3MAの作業に引き続き。稼働中RZ350のタンクはガソリン満載なので、RZ250の2台目のタンクでテストです。2.まずはコックを取り外し。ガスが入っている場合はもちろん抜いてから、1〜2L程度ならタンクを傾ければOK。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_2?1398825225 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_3?1398825225
3.お決まりで+ネジが緩まない。無理をするとなめてしまうので、貫通ドライバーで軽く叩くと緩んだ。叩く時は凹まないようタンクをそっと抱えて。4.さ、コックが外れました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_4?1398825225 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_5?1398825225
5.左からコック、ノーマルボルト2本、ワッシャをカッターで剥がしたもの、今回テストする銅ワッシャとソケットボルト。6.純正ノーマルのフランジなべ小ネジ。座面にへばりついたワッシャカスを剥がす。ワッシャははがれないのでカッターなどを入れてはがす。痛むので再使用できない。もちろんボルト座面も痛めない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_6?1398825225 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_7?1398825225
7.先週買っておいた銅ワッシャ。いろんなサイズがあります。フランジ付にも使えるよう大き目をチョイス。もちろん純銅の柔らかいもの。8.ネジ&ワッシャの拡大です。右のものでテストします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_8?1398825225 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_9?1398825225
9.こんな感じですね。10.銅ワッシャですが、ブレーキラインや車のフューエルラインは銅ワッシャです。コックの座面精度があれば漏れずに使えるでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_10?1398825225 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_11?1398825225
11.まずはタンクとコックの取付け面を清掃。ソケットボルトですので、六角レンチで楽々締め付けし、確実にトルクを掛けれボルト軸力が出せます。もちろん取り外しも楽々w12.さ、取り付きました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_12?1398825225 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_13?1398825225
13.ワッシャが大きいのでソケットよりはみ出してますがガスケット材より銅ワッシャは固いので、座面が少なく面圧が上がる座面の小さいソケットの方がシールが良いでしょう。14.早速タンクをセット。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_14?1398825225 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_15?1398825225
15.まずはすぐさま漏れチェック。OKです。16.数時間放置し午後に再チェック。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_16?1398825225 https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b1-f5/icarus777z/folder/1157970/06/68889106/img_17?1398825225
17.ん〜OKです。漏れ無しでした。18.早速オクで販売しましょう。

テストしたのは2万kmほど走りこんだ2台目のRZ250のタンクでしたが、漏れも無く確実にシールできていました。
今後RZ350にも組み付けし、テストを重ねたいと思います。

ブレーキラインや燃料ラインには銅ワッシャが多く一般的に使われています。
RZは1980の発売で、1970年代のRDの古い設計を引きずった古い構造を持っています。
純正の複層ガスケットワッシャは使いづらくまた再使用が困難ですが、銅ワッシャですと漏れない限り再使用ができます。
またなんといっても確実にボルト軸力が掛けられ、これによりシールも確実にでき、コックの取り付けも確実に出来る点が長所です。

ただ、コック側の座面が傷んでいますとガソリンが漏れますので、取付け後必ず漏れが無いか確認することが大切です。

ガソリンがにじむ場合は、市販の液体ガスケットを薄く塗って取り付けますと良いかと思います。
市販の一般的ガスケットは耐ガソリン性がないものがほとんどで、ガソリンにどぶ漬けですと膨潤しふやけてしまいますが、合せ面などでは中まで浸透しないのでしっかりシールできお勧めです。

ガソリン部ですが、ガソリンの中にどぶ漬けになってしまうコックのパイプ先端へのフィルターの装着などは、エポキシが耐ガソリン性がありますのでお勧めです。
コックの座面など中にガソリンが染み込まなければ良い程度のシールでは、普通の液体ガスケットでOKです。

コックの取付けのボルトですが、SUSボルトは錆びにくいのですが、SUSよりイオン化傾向の大きいタンクの鉄部が電腐の関係で錆びやすくなってしまいますので、亜鉛メッキの掛かった鉄系ボルトが良いかと思います。

また市販のシートガスケットを打ち抜いたガスケットワッシャは、中がファイバー(繊維)構造ですので、ガソリンが漏れてしますので使用はNGです。
スリーボンドのシール材含浸ガスケットですとシールは大丈夫かもしれませんが、再使用性がありませんので、やはり銅ワッシャが良いだろうと思われます。

現在ブレーキラインやフューエルラインに銅ワッシャが多く使われている理由だと思います。
いずれにしても組み付け後は漏れが無く、シールが確実な事を確認してください。


ICARUS

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事