ここから本文です
桐生・アイスまんじゅうのひとりごと
ジャンル無用、価格問わず、味わい無視、評価不明。自分勝手のブログは一方通行で失礼しております ℃

書庫全体表示

  関越自動車道小出ICよりR352を湯之谷温泉郷方面に走り大湯・栃尾又温泉をへて更に奥に向かえば
イメージ 1
 正面の越後駒ヶ岳は、その雄姿を益々拡大

 そんな佐梨川ほとりの秘湯宿は昭和29年の開業で、当初は大湯温泉実家旅館との関係で「東雲荘別館」と呼ばれたとか
イメージ 2
 それは旧館一棟のみの営業で、シンプルな曲がり屋的たたずまい

 そんな事でしたが、時移れば現在新館・日帰り入浴場・駐車場等設備は進化。 しかし電気は相変わらずの不通で、自家発電による限られた小電力製品の利用。
イメージ 3
 又お部屋ではTV・エアコン・冷蔵庫も無く、携帯はアンテナ立たず。

 そんな別世界時間の経過の中で、何と窓の景色に天然色  アーチ
イメージ 4
  それは群馬のお湯追い人に、ご機嫌プレゼント ℃ 温泉ファン羨望の本篇は只今編集中・・       新潟県北魚沼郡湯之谷村駒の湯   (衛星電話) 090-2560-0305 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事