安積道也 〜教会音楽家のひとりごと〜

ドイツで教会音楽家として働いていましたが、2008年に帰国しました。福岡で活動中です。

全体表示

[ リスト ]

以前にお伝えした西南学院オラトリオ・アカデミー合唱団立ち上げの第一回練習(モーツァルト レクイエム)がありました。
その報告です。


はたしてこのご時世にあつまるかな〜
まあ、徐々に増えていって、2016年の西南学院創立100周年に100人集まったらすごいですよね、

と西南学院の委員会でほのぼの話し合って始まったこの企画、

ぼくの頭の中では危険信号が鳴っていた。


・・・本当に人数が集まらんかもしれん。下手すると、モツレクが、「合唱伴奏によるオーケストラ作品」になってしまう。(実は結構良くあるパターン)

そこでこれまで関わった合唱団のみなさんに、
「たすけてね」要請をだして、何が何でも第一回のコンサート11月3日「モーツァルト レクイエム」を
乗り切って軌道に乗せようと頑張った。


来すぎちゃったらどうしましょ〜?
と委員会で一度ぼやいてみたら、わははと笑い飛ばされた。
僕も、一緒に笑い飛ばしたが、

委員会が終わってから、腹が立ってきた。


練習開始に先立って、説明会を開いた。
説明会は連休前に2回を予定し、2回目は「体験練習」も含んでいる。



説明会初日。



前日までの説明会参加申し込みは14名。
その段階での入団者15名。



まあ、そんなものか。でも、予想よりちょっと多めかとは思うが、よしとしよう。



と思って準備していたら、当日説明会の参加応募が25名に増えたという。
結局申込をせずにきた人を含め、50名強のおお入りとなった。


ふむ。まあそんなものか。まあ、みんながみんな、入団するわけではないし、
この中で少しでも残ってくれればいいかな・・・



しかし、その後、状況は一転する。



何があったが知らないが、
第二回説明会当日で、入団者決定者がすでに80名に達していた。



・・・どういうことだろう。

この段階で、僕の頭の中では再び警報が鳴りだした。


やばい、練習場所であるチャペルのステージに乗り切れない。

最大の売りである「チャペルで練習」が出来なくなる。
即ち、本プロジェクトの基本前提が崩れることを意味するのだ。


恐る恐る第二回説明会申込者数を聴くと、
「90名を超えていますよ!」と喜びの(?)返答が事務室から帰ってくる。


ぴーぴーぴー! 頭の中の警告音がうるさい。


一応体験練習用の資料を160部用意してもらったが、
案の定足りなくなった。

大学の学部の協力を得て、おかりしてきた椅子50脚に、チャペルのパイプ椅子40脚。
中央にグランドピアノを置いてその左右にずらりと並べた。

セッティングを終え振り返ると、
どうみても、200名以上いるようだ。


きーきーきーきー!警報が止まらない。


平静を装い、説明会を終え、
そして、体験練習に突入。


発声は、僕がひとりで「オンステージ」。後は皆さん客席で発声。
200人みんなで伸びをしながらあくびをした(発声の一部です)。
これは壮観であった。
通常のコンサートにもこれくらいの人が来てくれたら、などと思いつつ、発声を終え、
いざ練習場のステージへ。

当然あふれた。

客席前方左右が合唱団員で埋まる異常事態である。


練習を始めたものの、僕の声も届かないし、皆さんの声も散らばってしまい、何が何だか、よくわからない。

無我夢中、というか五里霧中で練習を進めた一時間。



練習後、、むさぼるようにビールを1.5リットル飲みほした。



次の日、事務室から連絡が入り、
「あの後、50人入団していきましたよ!」と満面の笑み。
その後彼が何をしゃべったのか、頭の警報音がうるさくて良く覚えていない。
二日酔いの頭痛がひどくなったのだけを覚えている。

譜面の申し込みなどがあったので、あと2日待つことにして、一応第一段階をこれで締め切ることにした。

結果188名に膨れ上がった。
メンバーリストを眺めると、
合唱歴が僕の人生よりはるかに長い方から、
僕が日本にかえろうと決意した頃に生れた子(7歳)まで、年齢層はかなり幅広い。

合唱経験値も、
譜面読めません、歌ったことありません、から、モツレク完全暗譜組までかなり幅広い。


しかし、何といっても問題は「練習場所」である。
客席で歌ってもらうことは出来ない。練習にはならないからだ。
全員をステージに乗せられなければ、僕の合唱指導の基本コンセプトがすべて崩れてしまう。
これは即ちプロジェクト失敗を意味する。


さらなる椅子の調達を事務方に指示し、
ステージ上のスペース確保のために、
頭の中で椅子配置のシュミレーションを繰り返す。


連休中も
ステージに乗り切らなかった合唱団員に叱責されて練習が中断されたり、
本番中ステージから団員が落っこちたり、
ひな壇の底が抜けたり、
結局合唱団を解散せざるをなくなったりする夢を、本当にみた。

見た夢の対応をリアルに考え、
最悪の状態をいくつも頭に思い浮かべ、対応策を練った。

しかしやってみなければわからない。
やるしかない、と前だけ向くことにした。

そしてとうとう当日。

来ました来ました、188人。

椅子も並べに並べました。188脚。



http://a2.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-ash3/560613_376235055747055_100000816905938_929019_1939047528_n.jpg




発声を終え、




ステージに皆を乗せた・・・




・・・乗った・・・!



イメージ 1


いざ練習が始まるとなかなかの迫力である。
(声の、というより、ひとの存在感)

ここまでくれば後はもう大丈夫である。
後は、僕次第で、プロジェクトの出来が決まってくる。
ようは頑張ればよい。

Deo Gratias!

練習は第一回にしては、それなりの成果が出たように思う。

本番は、このステージ一杯ににひな壇を4段ほど重ねあげ、
合唱団員は、「壁」のように客席に向かって立ちはだかる。
客席の最前列から2列を取り払い、オーケストラは、横に広がるように配置する。
ソリストは二階の右手奥から天使さながらに歌う。

僕は、アマチュア合唱団の場合、
視界の問題さえクリア―できれば、
合唱団を前にして、オケを後ろにしてもよい、と考えているので、
これはこれで、理にかなっているかもしれない。

いろいろと前代未聞のことが多いこのプロジェクト、
是非成功をお祈りください。

また、「おたすけ」要請に快くお答え下さった合唱団の方々、
終始微笑みを絶やさず、フォローしてくれた関係者のみなさま、
そして特に、本来ならば、学院関係者(でも合唱のことはまったくの素人)がこなさなければいけない、
練習運営の現場実務を、快く引き受けてくれたコーロ・ピエーノ合唱団のみなさん! 
心から感謝申し上げます。

これからが正念場。全力で頑張ります。


閉じる コメント(10)

顔アイコン

ひゃぁぁ!!188人ステージに乗りましたね〜椅子、並びましたね〜。

実は私も参加してみようかと悩んでいました。結局素人の出る幕ではないだろうと諦めたのですが…。あと一人くらいは乗ったかも(笑)?

委員会の方達から笑い飛ばされたそうですが、参加された方はazuminusさんの素晴らしさを皆さん良く理解されていますね。でないと、こんなには集まらないでしょう。

これだけの方を取り仕切っていくのは本当に大変でしょうが、きっと上手くいくと信じています。

ただ、ビールが2リットル越えしちゃいますかね。そこが心配です。
お祈りしています† 削除

2012/5/10(木) 午後 3:42 [ アイ*N*z ] 返信する

顔アイコン

アイ*N*zさま
ありがとうございます。200人オーバーしたら、2リットル超えそうです(笑)お祈りください。

2012/5/10(木) 午後 6:01 [ azuminus ] 返信する

顔アイコン

24日(火)説明会・練習体験に参加しました。
会場に入るとすごい人でした!大勢の観客?今日はコンサートだったけ?
いや、全員が入団希望者でした。舞台に並べられた椅子では全然間に合わない数!
圧倒されてしまいました。

でも、せっかくだからと練習体験までして諦めて帰りました。
毎週通うことができない距離なので、最初からあきらめていたはずなのに、諦められず説明会には参加したものの、人数の多さにきっぱり諦めがつきました。

後で200程の申込者がいたと知り、どういう風に練習をするんだろう?と気になっておりました。迫力ありますね。壮観です。

ここで、時々練習風景を知らせして頂けたら嬉しいです。
いつか練習を見学させて頂きたいのです。そういうのはご迷惑でしょうか?
邪魔しないように静かにそっと聞かせていただきますので・・・・。

11月3日のコンサートがとても楽しみになりました。 削除

2012/5/10(木) 午後 8:16 [ suzu ] 返信する

顔アイコン

suzuさま>
参加をあきらめなさったのは残念でした。人数に関しては、ステージに載って、全員とある程度コンタクトが取れる状態であれば、練習に関して問題はありません。練習の見学に関しては、さまざまなイレギュラーなお問い合わせがあるので、今度委員会で話し合ってみます。11月3日、楽しみにしていてください。

2012/5/11(金) 午後 0:52 [ azuminus ] 返信する

顔アイコン

11月3日の本番は知人も誘い客席で聴かせていただきます。4年後のマタイのステージに乗りたいと思い、2種類の楽譜、演奏CDも複数準備し音取りも始めたのですが……この人数!!4年後も団員募集されるのでしょうか。 削除

2012/5/14(月) 午前 6:00 [ 光源氏@bass ] 返信する

顔アイコン

そのあたりまだ分かっていません。僕の好き勝手にできないので、学校との協議を重ねて、判断していきます。毎週アクロスで練習できたらいいのですけれどね。さもなくば体育館でも借りる羽目になりそうです。(笑

2012/5/14(月) 午後 1:03 [ azuminus ] 返信する

顔アイコン

188人のうちの1人になれた幸せ者です。
練習の影にこんなご心労とご苦労があったと知って、あらためて感謝でいっぱいです。ありがとうございます☆
超初心者の私は毎回音符と歌詞を追いかけるのに精一杯!ほんとにここにいていいのかしらと毎回ビクビクしています(汗)
でもそれ以上に、安積先生の笑顔のなかにも厳しいご指導で魔法がかけられたみたいにどんどん美しくなっていく歌声の響きに、もう胸がどきどき・・・♪練習も本番も本当に楽しみでたまりません。
説明会で「初心者でもOKですが、山登りで言えばいきなり富士山に登るレベルですので」とお聞きしたとき、遠足くらいの気楽さで来ていた私(すみません、ほんとうに・・・)は心底仰天してしまいました。
でも、“富士登山”の難しさを一番ご存知の先生が「それでもついて来るなら初心者もどうぞ」とおっしゃってくださっているなら(と、解釈しちゃいました!)、この機会を逃すと二度と“富士山”には登れない!と思い切って入団届を出してしまいました(笑)
最後尾ですが、なんとか頂上までくらいついていきたいと思います。今日も自主練がんばります☆ 削除

2012/5/17(木) 午後 2:23 [ utamama ] 返信する

顔アイコン

utamamaさま
富士山は、上に行くほど酸素が薄くなってきます。今のうちに高山病対策(おととりCDで、暗譜をしてしまう)をしておきましょう。一緒に、頂上からの素晴らしい景色を眺めましょう。頑張ってください。私も毎回必死に準備して頑張っています。

2012/5/17(木) 午後 11:57 [ azuminus ] 返信する

顔アイコン

土曜日の学会、無事に終了しましたでしょうか?どんな様子だったのか、機会があれば練習のときにお話を伺えると嬉しいです。
次回(5/29)は練習場所が変わるので、これまたご準備が大変かと思います…。椅子並べのお手伝いはちょっと難しいのですが、片付けはお手伝いさせていただきます。よい週末を♪

2012/5/26(土) 午後 11:33 [ sar*72*oba ] 返信する

顔アイコン

sar*72*obaさま
ありがとうございます。学会の発表はとてもうまくいきました。
明日の練習場所は、またはじめてのところで、大変です。
まだ算段が経っていないので、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、
ご容赦ください。
いよいよいよいよラクリモーザです!!
練習会場のせいで明日がLacrimosa dies illa にならなければよいのですが・・・

2012/5/28(月) 午前 10:03 [ azuminus ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事