全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ブンコ2号です。

前回に引き続き、ベルリン映画祭レポートです。
本日は、桃井さんに引き続き、公式上映終了直後に行った
檀れいさんのインタビューを紹介します!

●「武士の一分」で映画祭に参加されての感想をどうぞ。

「国際映画祭ということで、大変緊張しましたが、ドイツ語での挨拶に
 お客様は大変喜んでくれて、この映画を温かく迎えてくださったことに、
 本当に感謝いたします。」

「上映終了後は、長い長い拍手に、エンドロールの最後、山田監督の名前が
 出たときにも再び拍手が起こり、作り手の一人としては、最高の反応を
 いただいたと思っています。嬉しかったですし、感無量です。」


●宝塚時代にも、多くの海外公演の経験をお持ちですが、今回初出演映画で
 世界三大映画祭のベルリン映画祭に参加されました。何か違いはありますか?

「宝塚時代の海外公演は、舞台上でショーを見せるものなので、今回とは少し
 とらえ方が違いますね。娯楽として、ショーアップされているものですから。
 『武士の一分』の上映は、先ほども申したように、一人の作り手として、
 日本文化や精神的なものを理解してもらえるかが非常に不安でしたが、上映終了後、
 お客様の笑顔を沢山見ることが出来よかったなと思いました。」


●また海外の映画祭に参加したいですか?

 「色々な映画を世界に届けたいとぜひ思います。それそれ文化も見方も違うので、
ぜひまた参加したいです。」


●日本にいる、山田監督、木村拓哉さんほか共演者へのメッセージをどうぞ。

「山田監督、いま無事に上映が終了し、ベルリンの皆さんも大変喜んでくれました。
 監督の名前が最後出てきた時は、再び拍手が起こり鳴り止まなくなりました。
 出演者の一人として、とても嬉しかったです。大丈夫です!!」

 「旦那さま、徳平、お元気ですか?桃井さんと二人で、ベルリン市民の皆さんの前で
 『武士の一分」を上映し、最後に大きな拍手をいただきました。この感動を言葉で
 伝えることは、大変難しいのですが、皆さんと一緒に作った作品が評価されました。
 報告します!」

◆ベルリン国際映画祭オフィシャルサイト  http://www.berlinale.de/


写真クレジット:(C)Kazuko Wakayama

 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

檀れい様、ステージで笑ったのが綺麗でした!
最高です。

2008/3/1(土) 午後 4:19 [ yuk*ri8*32*111 ] 返信する

顔アイコン

昨日またDVDで見ました
やっぱり、いいですね! 削除

2009/2/2(月) 午後 4:54 [ き〜 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事