もうすぐお盆ですよね。

お盆の墓参りや歴史(迎え火・送り火・お供え物の意味)   仏教では、お釈迦様のお弟子さんである木蓮様の母親が餓鬼道に落ちたとき、お釈迦様の教えに従って多くの高層たちに供養をし、母を救ったことから 始まったと言われています。 仏様や先祖の恩に感謝し、お墓参りや迎え火などをする行事なのです。 13日の夕方か夜に菩提寺とお墓に参り、祖先の霊を迎えます。 これを「精霊迎え」と言います。 このときに 霊が迷わず帰って来られる様に焚くのが「迎え火」です。 地方によっては、お墓からの道筋に、たくさんの松明かりを灯すところもあるようです。 そして、16日に送り盆です。この日にお盆の間一緒に過ごした祖先の霊を送り出すことを「精霊送り」といいます。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事