前小笠原村議会議員 一木重夫の政治日記

第5回&10回マニフェスト大賞受賞・令和元年7月の村長選挙に向けて準備中!

その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全204ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

最後の訴え

街頭演説できるのも残り2日間。
明日は母島の投票日。
最後の訴えです。
 
街頭演説の原稿↓
*********************************************************

小笠原村長候補の一木重夫です。
みなさん、私に力を貸してください。
12年間、村議会議員として活動する中で、様々な島民の声を聞いてきました。
 
「おが丸に乗ると体が痛くてたまらない。航空路が欲しい。」
そういうおばあちゃんの声。
 
「おが丸に乗るのが怖い」
不安そうに話す妊婦さんの声。
 
「保育園で子供を1才半から預かってくれないと、仕事を辞めなきゃいけない。」
そう言って内地に引き揚げた若いお母さんの声。
 
「中国サンゴ密漁船を何でもっと逮捕できないのか!」
そう憤る漁師さん達の声。
 
「部屋が狭くて暮らしていけない」
そう訴えるファミリー世代の声。
 
他にもたくさんの声があります。
 
私はこういう声を解決したい。
みんなの困った顔、悔しい顔、悲しい顔を、笑顔に変えたい。

もっともっと、笑顔を創っていきたい。
だから、みなさん、私に力を貸して下さい。
みなさんの一票を私に託してください。
どうか、よろしくお願いします!
イメージ 1

coralline@h9.dion.ne.jp
【村長選・街頭演説・1分ダイジェスト版】
☆生活航空路
☆住宅問題
☆教育
☆児童福祉
☆硫黄島
1分20秒にまとめました。
ぜひご覧下さい!
撮影・編集は全て一木重夫、本人がしているので、動画の出来はあまり良くありません(^_^;



coralline@h9.dion.ne.jp
村長選・街頭演説・5分ダイジェスト版
☆生活航空路
☆住宅問題
☆教育
☆児童福祉
☆硫黄島
5分間にまとめました。
ぜひご覧下さい!
撮影・編集は全て一木重夫、本人がしているので、動画の出来はあまり良くありません(^_^;



coralline@h9.dion.ne.jp
さすが新聞社。
村長選挙の争点を端的にまとめています。
全て今朝の朝刊です。

産経新聞↓
イメージ 1

 
読売新聞↓
イメージ 2


東京新聞↓
イメージ 3


coralline@h9.dion.ne.jp

母島で遊説


選挙2日目、母島で遊説しました。
母島の皆様の暖かいご声援に、感激しました❗️
ありがとうございます‼️
 
街頭演説の原稿です↓
*********************************************
小笠原村長候補の一木重夫です。
12年間、村議会議員を務めてきました。
しかし、ひとりの議員の力では、なかなな進まない状況がありました。
そのため、村長選挙に立候補しました。
立候補するにあたり、大きな争点となるビジョンをご紹介します。
 
1つ目のビジョンは生活航空路です。
東京都と村は1000mの空港を作って、航空路を実現しようとしています。
1000mの空港は大きく海に突き出します。
環境への負荷は大きく、実現に30年以上かかります。
私は、垂直離着陸機やヘリコプターを活用して、洲崎の陸域だけで生活航空路を目指します。
これなら、父島と母島を航空路で結ぶこともできます。
このビジョンは夢物語ではありません。
ここ4年間、1−2ヶ月に一度、内地で専門家を交えて航空路の勉強会を行ってきた結果の政策です。
アメリカのフィラデルフィアにも渡り、航空機メーカーと直接話をし、小笠原の航空路として使えるという確証を得ました。
航空路開設の協力もして頂けるとの約束も、取り付けてきました。
生活航空路を実現して、民生のより一層の安定を目指します。
 
 
2つ目のビジョンは住宅です。
母島はずっと前から住宅が足りていません。
今年の都営住宅の空き家待ちは7件。
入れるのはたった1件か2件です。
このため、アパートの建築に助成をしたり、村の土地を貸し付けたりして、住宅政策を進めていきます。
 
 
3つ目のビジョンは教育です。
私は、世界で活躍できる島っ子を育てたい。
そのため、英語教育をより一層推進します。
教育の予算も大幅に増やします。
 
 
4つ目のビジョンは児童福祉です。
私は村議会議員の12年間、一貫して休日一時保育の充実、保育年齢の引き下げを求めてきました。
しかし、何も変わっていません。
村長になったら早期に実現を目指していきます。
 
 
5つ目のビジョンは水産業です。
母島では宝石サンゴ漁業が盛況です。
しかし、ワシントン条約で宝石サンゴの国際取引の規制が強化されつつあります。
規制が強化されると宝石サンゴ漁業は大きなダメージを受けると言われています。
そのため私は、宝石サンゴ漁業が国際的な保護政策に巻き込まれないよう、国や国際機関に働きかけます。
また、小笠原の宝石サンゴの漁場は、高知や和歌山に比べると極めて大きいのですが、宝石サンゴ漁業の許可を受けている船籍数はとても少ない状況にあります。
そのため、宝石サンゴの保護育成やトレーサービィリティーを推進した上で、東京都や水産庁に対して、船籍数を増やすよう働きかけをしていきます。
 
 
そして、最後にお願いです。
みなさん、選挙に参加してください。
他の候補か、一木重夫か、どちらがみなさんの描く小笠原の未来に近いでしょうか?
投票所で小笠原の未来を選んで下さい。
 
 
また、18日のはは丸に乗って内地に行く皆さん。
今日から期日前投票が村役場で出来ます。
期日前投票で小笠原の未来を選んでください。
ありがとうございました。
 
(アドリブで話しているので、原稿通りに話せていませんが・・・遊説場所によって一部カットしました)
イメージ 1

coralline@h9.dion.ne.jp

全204ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事