線とマチエール

このBlogの日記は私小説風の体裁を取っています。そのため、出来事、登場人物の心境には作者の主観も含まれます。予めご了承ください

素描、他

すべて表示

『すれちがう空想、おしゃべりな時間』 〜 壷中堂の本棚

イメージ 1

 
 
先ほど書斎リーぶるさんとの打合せを終えまして、8/1(水)から1ヶ月、「あの人の本棚」企画として、「壷中堂の本棚」がお店の一角に並びます。

つきましては先刻もご案内しましたが、書斎リーぶるさんと共催で、下記日程でささやかなイベントも催します。ご予定頂ければ幸いです。

--------------------------------------

8/26(日)あの人の本棚共催企画

『すれちがう空想、おしゃべりな時間』〜易経と中国武術のワークショップ

日 時:2012年 8月26日(日)13:30〜15:00(受付13:00〜)
会 場:書斎りーぶる 自由空間「エスパス」
(福岡市中央区天神4-1-18 サンビル1階 tel 092-713-1001)
参加費:500円
申 込:不要/問合せ:kotyuten@gmail.com(壷中堂)

講 師:壷中堂主人・新部健太郎

   *   *   *

潮風が身体の中心を吹きぬけるように、突然、いつか見た風景が、あの生々しい体感を伴ってよみがえる。忘れかけていた、または意図せぬ記憶の想起。皆さん、そんな体験をしたことは無いでしょうか?実は中国武術を学ぶ課程にも、例えば筮竹で内省する過程にも、この意図せぬ記憶の想起が関わっています。

壷中堂主人は、長らく「八卦掌」という中国武術を学んで参りました。必然関係の深い「易」にも親しんで参りました。今回「易」に関する知識は殆どが独学に近いものですが、当日は武術家としての体験を踏まえ、「易と身体」若しくはイマージュと身体性のゆらぎについて、少しだけ実技も伴ってお話しできればと考えております。ほんの少し、壷の中の渾沌を覗き見ようという趣向です。

http://www.shosai-livre.com/main/welcome.html

--------------------------------------

※スケッチは架空の壷中堂


.


みんなの更新記事