線とマチエール

このBlogの日記は私小説風の体裁を取っています。そのため、出来事、登場人物の心境には作者の主観も含まれます。予めご了承ください

全体表示

[ リスト ]

【蠱中のこと】

イメージ 1

今日は読み始めてまだ途中のままになっていた「蝸牛庵 訪問記」を再び読み始めた。文豪・露伴に寄り添いながらその終焉の日まで記録した小林勇のエセー。
 
露伴七、八歳の頃「そのときには自分が盲人になると覚悟してそのあとのことを幼心にいろいろ考えた(中略)このときが僕が悲しみというようなものをおぼえた最初のことだ」僕はそこまで読み終えて本を閉じた。
 
ふと、悲しみというコトバから、二十代の頃に読んだ、旧約聖書「ヨブ記」の一節を思いだした。
 
「そんなことは聞きあきた 君たちはみなわずらわしい慰め手だ 風のような言葉にはてしがあろうか 一体何が君を駆って言葉を続けさせるのだ わたしとても君たちのように語りたくなるだろう 君たちとわたしが位置を交換できれば」
 
注釈を引く。昔の傍線が目に付いた。
 
「人は言葉で語り合うことをやめ得ないが、それで正しくお互いに理解することは必ずしも出来ない。しかし語り合うことをやめることも出来ない」
 
昔「人形」という店があって、いつもそこで酔いつぶれるまで飲んで、そこのマダムから云われた。
 
「わかり合わないという優しさもある」
 
 
     *     *     *
 
今日は久しぶりに落款を彫った。彫ったと云っても僕のは消しゴムだけど(笑)。僕の屋号は「壺中天」の故事になぞらえて「壺中堂」という。そして僕が易の「六十四卦」の中で尤も好きな卦が「山風蠱(さんぷうこ)」。風は八方に神を宿し「風動いて蟲(ちゅう)を生ず」と説文にあるが、啓蟄の季語宜しく、僕は「蟲」には生命の律動という象(イマージュ)があると思っている。甲骨での「風」は、鳥が大気をつかまえて飛翔するさま(いつも、つげ義春の鳥師を思い出す・笑)。
 
「蠱(こ)」の象は皿の上の食物に虫が湧くさま。一見、宜しくない。易経の注釈曰く、山の下に風があるのは「蠱」。草木果実みな散乱し、土に落ちて腐る。腐れればそれ土に帰る。それ故に一見、宜しくない「山風蠱」には、大地からあらためて生まれ清まるイマージュがある。
 
それは「蟲」、生命の律動であり、「風」、大気を得て飛翔する鳥。果ててはまた生まれ清まる、永遠に生々流転する生命現象と創造の営み。久遠(くおん)にわかり合えぬコトバの応酬と往復。不在の郵便物。それでも人間は語り合うことをやめることも出来ないし、やっぱりそれは「わかり合わないという優しさ」なのだった。
 
ふと思い立って僕は、落款を「壺中(こちゅう)」ならぬ、「蠱中(こちゅう)」としてみた。
 
 
 
おしまい

閉じる コメント(1)

顔アイコン

遊びに来ちゃいました、覚えてますか?(*^_^*)
私のあまり詳しくない分野だからこそ凄く惹かれます♪
私も文字の選び方や着眼点が上手になるとイイのですが(笑)
娘達と一緒にブログに遊びに来て頂けるのをお待ちして居ますネ(^^ゞ 削除

2015/9/15(火) 午後 6:31 [ ゆうこ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事