線とマチエール

このBlogの日記は私小説風の体裁を取っています。そのため、出来事、登場人物の心境には作者の主観も含まれます。予めご了承ください

イマージュの冒険

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

【蠱中のこと】

イメージ 1

今日は読み始めてまだ途中のままになっていた「蝸牛庵 訪問記」を再び読み始めた。文豪・露伴に寄り添いながらその終焉の日まで記録した小林勇のエセー。
 
露伴七、八歳の頃「そのときには自分が盲人になると覚悟してそのあとのことを幼心にいろいろ考えた(中略)このときが僕が悲しみというようなものをおぼえた最初のことだ」僕はそこまで読み終えて本を閉じた。
 
ふと、悲しみというコトバから、二十代の頃に読んだ、旧約聖書「ヨブ記」の一節を思いだした。
 
「そんなことは聞きあきた 君たちはみなわずらわしい慰め手だ 風のような言葉にはてしがあろうか 一体何が君を駆って言葉を続けさせるのだ わたしとても君たちのように語りたくなるだろう 君たちとわたしが位置を交換できれば」
 
注釈を引く。昔の傍線が目に付いた。
 
「人は言葉で語り合うことをやめ得ないが、それで正しくお互いに理解することは必ずしも出来ない。しかし語り合うことをやめることも出来ない」
 
昔「人形」という店があって、いつもそこで酔いつぶれるまで飲んで、そこのマダムから云われた。
 
「わかり合わないという優しさもある」
 
 
     *     *     *
 
今日は久しぶりに落款を彫った。彫ったと云っても僕のは消しゴムだけど(笑)。僕の屋号は「壺中天」の故事になぞらえて「壺中堂」という。そして僕が易の「六十四卦」の中で尤も好きな卦が「山風蠱(さんぷうこ)」。風は八方に神を宿し「風動いて蟲(ちゅう)を生ず」と説文にあるが、啓蟄の季語宜しく、僕は「蟲」には生命の律動という象(イマージュ)があると思っている。甲骨での「風」は、鳥が大気をつかまえて飛翔するさま(いつも、つげ義春の鳥師を思い出す・笑)。
 
「蠱(こ)」の象は皿の上の食物に虫が湧くさま。一見、宜しくない。易経の注釈曰く、山の下に風があるのは「蠱」。草木果実みな散乱し、土に落ちて腐る。腐れればそれ土に帰る。それ故に一見、宜しくない「山風蠱」には、大地からあらためて生まれ清まるイマージュがある。
 
それは「蟲」、生命の律動であり、「風」、大気を得て飛翔する鳥。果ててはまた生まれ清まる、永遠に生々流転する生命現象と創造の営み。久遠(くおん)にわかり合えぬコトバの応酬と往復。不在の郵便物。それでも人間は語り合うことをやめることも出来ないし、やっぱりそれは「わかり合わないという優しさ」なのだった。
 
ふと思い立って僕は、落款を「壺中(こちゅう)」ならぬ、「蠱中(こちゅう)」としてみた。
 
 
 
おしまい

開く コメント(1)

 中国武術には多くの型がありますが、僕はその型の原形を「黙念師容」という言葉に見ています。「黙念師容」とはいわば「見取り稽古」で、「師の容姿を黙して念ずる」事。果たしてどんな姿を念ずるかと言うと、実は老師は必要な情報を瞬間的にしか与えてくれない。覚えるべき型を一瞬パッとやって「ハイ、どうぞ」。昔日は一日に三度以上同じ動作を求めたら怒られたそうです。

 一見封建的で古めかしい考えのように思えますが、実は僕は最近これを一つの「方法」として見ています。

 拳法の上達のプロセスに「練拳三層」というものがありますが、その初めのステップがこの「黙念師容」です。弟子はまず瞬間的な情報を全身で反芻しようとする。そのためフィジカルに「型」を追い求めます(この段階を「練精」といいます。精は肉体的なものの意)。こうした事を毎日繰り返すと、次には外部から入ってきた情報であるはず師の姿が、次第に自身の内面から想起されるようになります(「練精化気」。気は想起されたイメージや感覚くらいの意)。そして次にはとうとうその人自身の内面から想起されたイマジネーションが、明確な認識として身についてゆく(「練気化神」。神は認識くらいの意)。

 これは自分で体験して言えることですが、こうして身についた「認識」はいわゆる外部から得ただけの情報や知識とは全く異なるもので、真に自身の「智慧」といってよいと思います。

 僕がこの「黙念師容」を「方法」と思うのは、TVやインターネットで得た情報を鵜呑みにするだけのメディアとユーザの関係に対し、明らかに封建時代的な「黙念師容」のあり方のほうが有効に思えるからで、同じ「情報」という言葉で括ってみても、全く意味の位相が違ってきます。


                             *    *    *


 話は変わって僕は自分の流派との関係から「易」を良くたてますが、ここにも一つの「方法」を感じます。「易」はざっくりといって卦辞(六十四卦の意味)とその補足から成り立ちますが、僕は個人的な方法として、卦の「文脈」と「象徴的」なイマージュの重なりで、読み解く事をします。

 「易」にはその陰陽のイマージュからも察せられる通り、二律背反するイマージュが同居する独自の文章スタイルがあり、そこに多様なイマジネーション(象徴)の重なりがあります。

 いわば「易」の六十四卦とは、固定され予定された意味や結論ではなく、常に現在進行形で進んでゆく「物語」ともいえます。しかし、ここで肝要なことは、この物語は現在も動くからといって、右とも左とも取れる曖昧なままの状態にしてはいけない。そこは占者は「占断」といって、その変容する物語を「ここっ!」という呼吸で断じなければいけない。そしてさらに肝要な事は、「断じる」といっても、それは僕個人の主観や偏見で決め付けてはいけない。

 この「占断」の呼吸は実は先にお話しした「練拳三層」のプロセスに良く似ています。

 まずはフィジカルに「文脈」を追う。この場合も「易」は拳法の師の如く、すぐにその意味を反転してきます。そして次に「問」に対する「答」がある種のイマージュとして占者の内面から想起されてくる。しかして最後はその「答」が明確な「認識」として占者の意識に昇ってくる。その瞬間を捉えて「占断」するわけです。
※註。例えば僕の回答が時折支離滅裂になるときは、そのプロセスが上手くいっていないのです(笑)

 ここにも僕は何か物事を熟考する「方法」が隠されているように思います。


                             *    *    *


 話はまた変わりまして、大本教という明治時代に生まれた神道系の宗教の考え方には、「幽の幽」「幽の顕」「顕の幽」「顕の顕」という四つの段階があります。これを僕は老荘の「一、二、三」の万物生成のプロセスと見ていますが、以前も書いたとおり、それは「無(若しくは一者)」であると言葉にした途端、その「無」は人間の認識の上に昇り、それは純粋なイデアとしての「無」ではなくなるので「二」。しかしこの「二」のポテンシャルには純粋なイデアとしての「無」を想起させる何かが含まれているとして「三」。僕たちの物質世界への認識はこの「三」によっているというもの。

 ここで話を戻しまして、この大本教の「幽・顕」ですが、ちょうど純粋なイデアとしての「無」が「幽の幽」。次に「二」に当たるのが「幽の顕」、そして万物生成が「顕の顕」。そしてちょうど「三」に当たるのが「顕の幽」。大本教のイマージュでは「三」は一度「隠れる」わけです(若しくは「三」が創造性の場に反転する)。


                             *    *    *


 僕はこの「三」のイマージュにも以上の文脈でいうところの「方法」が隠されていると思っていて、この「三」のイマージュには古今東西様々なパターンがあります。

 以下覚書として書き出すと、、、

 三位一体/古事記の独り神/老荘の「一、二、三」/三倍偉大なヘルメス/トリックスター(愚者)/プラトンのイデア/イスラムの「有無中道の実在」/能の式三番/龍樹の「空仮中」/空海の三密/ツクヨミなどの三貴神 etc、、、


                             *    *    *


 話はまたまた変わりまして、最近この国では、何か不祥事があるとその解決として「禁止」するという事がよくおこりますが(レバ刺しや入れ墨やお酒とか etc、、、)、僕はAに対立するからBを「禁止」するという発想は、問題解決の「方法」として、最も「稚拙」な行為だと思っています。それはメディアとユーザの関係のように「情報」というものが伝達され活用される「方法」が、この現代社会において余りに「稚拙」だからではないかと考えるわけですが、その解決の糸口を上述の「三」の思想に思うわけです。

 しかしこの「三」の思想は、この市場経済主導型の社会においては、例えば中途半端で曖昧、、、、またはフラジャイルなものとして捨てられているわけですが、もうそろそろ(思想から方法に変えて)それを見直してゆかなければ、何か人間はおかしなことになる様な気がしています。


                             *    *    *


 今朝方縁あって耶馬溪で朝の太極拳のワークショップをしたのですが、面白い現場だった事もあり、普段潜在していた発想がべらべらと口をついて出てきながら、おぼろげに以上の着想も尾ひれとして広がりまして、さし当たってメモいたす次第です。



おしまい

開く コメント(0)

鬼の余話として

イメージ 1

 
 
 先日、鈴木清順のツィゴイネルワイゼンを見ながら、何だか不意に現実が溶解するような幻惑に襲われた。心ここにあらずというやつで、部屋の入り口に揺らぐ一枚布の影に、くだんの小稲(おいね)が立っていた。それは薄い煙のような輪郭の女で、ただジッと、こちらに近づいてくるではないか。

 僕は不意の衝動に駆られ、古びた扉を開け放しては、そこに何もない空室を確認する。薄暗い廊下の先を進んでゆき、また次の扉へ。古錆びた壁の汚れをまとい、散乱した布のオブジェ。また次の扉。ただこの廃墟にあったであろう人の残響。僕はバラケタ人骨を寄せ集めては、人型に糸でつむいでは、香を炊き込め、その薄煙のような輪郭に、意識がほどけるほど滲み、酔いしれた。

 明け方、サラサーテの盤はここには在りませんでした。

 ツィゴイネルワイゼンもまた「鬼(き)」の話。「鬼(き)」はこの場合「幽霊」の意。中国の志怪小説の中には艶っぽい話も多いが、僕の見た夢も、少々艶っぽかったような心残り。


                             *    *    *


 こんな妙な夢を見るのも、この夏の終わりからこの方、「鬼」をテーマに色々と思索に耽っていたせいで、つい先週末も、土方巽のヌミノース的世界に幻惑したばかりだった。

 ヌミノース的なるもの。これはギリシアのアポローン的なるモノのなかに織り込まれたディオニューソス的なるモノと、僕は勝手に解釈しているが、このアポローン的なるモノを天孫に置き換えれば、アラハバキや隼人族の残響はディオニューソス的なるモノか。

 欧州に置いては、キリスト教のアポローン的なる役割の背後に、十九世紀から二十世紀初頭、エレナ・ブラヴァツキーやゲオルギイ・グルジエフらが活躍した。そのグルジエフのワークの中に、私と他者もしくは対象物を往還するメディテーションがあることを思い出した。IとYOUを往還するメソッドで、二人のあいだを往還する感覚とでも名づけたい内容(相対と絶対を止揚する感じ、、、)。


                             *    *    *


 鬼とはあわい、もしくはあいだであるとは今回僕の結論で、一に対して二の感覚であり、さらに言えば一と一の間の感覚である。このあいだこそ、アポローン的なるモノとディオニューソス的なるモノの境で、ククリヒメなどが、ソラゴトをもうすのもこの地点だった。

 かくしてイザナギは禊して、アポローンを生んだ。イザナミ、スサノオは冥界に下ってディオニューソスになった。全ては交錯している。分かちがたい(そして時々入れかわる)。がしかし、あえてそれは一と一に分かたれている。そこにはアポローン的言葉もある。太陽したの輪郭もある。そしてそのコントラスト(影)として、ディオニューソス的な闇もある。気がつくと僕は、バラケタ人骨を寄せ集めては、人型に糸でつむいでる。いつしかアポローンとディオニューソスは炊きこめられた香の奥で、分かちがたく寄り添っている。


                             *    *    *


 これは酩酊の話でありません。一と見れば一であり、二と見れば二。少々艶っぽい、僕の夢の中の出来事。



おしまい

※写真は「ツィゴイネルワイゼン」より

開く コメント(0)

イメージ 1

 
 
あふことの まれなる色に 思ひそめ 我が身は常に天雲(あまぐも)の

はるるときなく 富士の嶺(ね)の もえつつとはに 思えども 

(中略)

わたつみの 沖をふかめて 思ひてし 

思ひは今は いたづらに なりぬべらなり ゆく水の 

たゆる時なく かくなわに 思ひみだれて ふる雪の

けなばけぬべく 思へども

(中略)

せんすべなみに 庭にいでて たちやすらへば しろたえの

衣のそでに おく露の けなばけぬべく 思へども

なほ嘆(なげ)かれぬ 春がすみ よそにも人に あはんと思へば

−古今和歌集 雑躰 読人しらず


                             *    *    *


 「日本語におりてゆく」。最近そのことにハっとした。上記は古今和歌集の雑躰からで、僕には「思ひみだれて ふる雪の」、という感覚はよく分ると思った。ただそれだけの抜粋。なにがよく分るのか。雪がふれば胸が騒ぐ。それともそれは余白を許した白さでもあり、触れると肌に沁みついてトケテユク、その感覚。


                             *    *    *


 「零時日記」は折口信夫の小文のタイトルで、極端に素朴な感情と、また暗黙の常識のあわいにトケテユク、彼の内面 ― 或は寧ろ暗面。“ぷらとう”の前世に裂かれた他の半身を覓(もと)める努力のその暗面に、一回は殆ど無意識に、他の二回は明らかな用意のもとに、そこには陰鬱な「死」があった。

 「今も其時の事を思ふと、山蔭にわづかばかり残った雪の色が、胸に沁む」。人間の根源的な欲求とは、それは個体どうしのあわいがトケテユクその瞬間でもあり、「生の重大なことは、知識として授けられても、情調は死を肯定し懐かし」むのである。それは「エロス」と「タナトス」が限りなく接近しトケテユク、危険で魅惑的な場所。それが折口における「はじまりの時(零時)」であった。

 例えばセフィロートのように人間のイマージュの薄い皮膜を、一枚一枚はがしてゆく行為が許されるなら、その感情の奥にも、十万億土の世界が眠っているかも知れない。最近日本語におりてゆきたいと思ったのはそのことで、一音と一音の響きが、二音三音とより来るように響き、その空間と時間のあわいに充満してゆくように思えた。


                             *    *    *


 熊谷守一は、次男の陽の死んだ日、陽がこの世に残す何もないことを思って、死に顔を描きはじめた。曰く、「描いているうちに“絵”を描いている自分に気がつき、嫌になって止めました」。

 美しいものの背景には「孤独」があると思うのは僕の以前からのイマージュで、“ぷらとう”の前世に裂かれたことに由来するかも知れない。いやまたそれは「死」であったかも知れなくて、僕は以前の経験からも、安易に「死」は肯定できそうもない。

 ただ「孤独」であることが僕にとっての「タナトス」で、僕はその深い闇の中に一音一音おりてゆく。原初。グレートマザーの谷は潤沢で、その「玄(くろ)」い水を湛えている。「玄」は「水の色」でもあり、また北方の「死の色」。


                             *    *    *


 常世波(とこよなみ)という言葉がある。とおいニライからより来る水は、誕生と再生をもたらす「マレビト波」。そしてまた帰ってゆく波。逝く波。たぶんそれは「零(ゼロ)」へ向かう水。

 僕はその「零(ゼロ)の場所」へと、一音一音おりてゆく。おりて逝く。たぶんそこには「タナトス」が待っていて、僕という個我は「タナトス」と共にトケテユク。とけて逝く。言葉は、事の端(コトノハ)でもあり、僕という現象(事)は、けして独りでは存在し得なくて、僕の「タナトス」はその深い谷に、「玄(くろ)」い水を湛えている。僕はそのあわいにトケテ、「生まれ清まる」。


                             *    *    *


 こうして僕は、、、、

 日本語におりて逝く。





おしまい


※絵は昨日から頭を離れない「より来るモノ」のイマージュ。ラフ・スケッチ
※“ぷらとう”= プラトン

開く コメント(0)

イメージ 1

 
 
 つらつらと心さだまらずにいる。美は幽明のきわにあると言うのだから、そんな日は無性に美しいモノにふれていたい。いったい僕は何処までこの危うさに安住していられるだろうかと、時折不安に駆られては、この不定形の輪郭に、さまざまな色を塗り重ね、また薄ぼんやりとした気持ちになるのだった。

 何かがそっとはみ出している夜。風が吹くと何だか気持ちがつたわりそうに思えて、僕は部屋の窓を閉めた。その硝子戸の確りとした手触りに遮られ、僕の気持ちはその部屋の容積に沁みだしていく。

 静かな夜。僕は僕の影との間(あわい)に揺らいでいて、夏の日の蒸し暑さが硝子戸の硬質からも沁みだしてきて、夏の夜の暑さの間(あわい)にも揺らいでいる。







                             *    *    *







 風が吹いてきた。藍色の闇が“ビーン”と鋭い振動を発しては、また少しく小さな月影ができる。僕はとにかくその月影に駆けよってみては、それがまたキラキラとした砂のような断片に崩れ落ちる時を待ちわびている。僕は僕の間(あわい)からはみ出した気持ちが、その砂の一粒でもいいからつたえたがっているのをよく知っていたので、そしてまたそのことを、つたえてくれる風が吹くことを、案外そっと待ちわびているのだった。



おしまい

※写真は「ルナティックス」松岡正剛著。なんとなくのイメージ、、、


 

 

開く コメント(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事