我が人生に悔いなし

1974年生まれ、奈良県民の「生き様」ブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

さて、今回はフロントフォークのオーバーホールに挑戦しました。
ネットでやり方を研究して、出来るだけ簡単に特殊工具が一般の製品で代用できるようにプランを立てて、いざ実行!

まずはフロントタイヤを外します。
イメージ 1


サービスマニュアルなどを見ると、先にフロントフォークをバイク本体から外して分解するんですが、そうなるとインパクトレンチやら、バイス(万力)が必要になるので出来るだけ車上で分解していきます。

次にフロントフォーク下端部にあるキャップボルトを外します。この時点で緩めておかないと上記の工具(インパクトレンチ)が必要になります。
イメージ 2



ボルトを外すと、フォークオイルが出てきます。左側のフォークオイルが白濁しています。水が浸入してたのかな?
イメージ 8


 

オイルを抜いている間に、フロントフォークのダストシールを外します(マイナスドライバーでこじると簡単にとれます)
イメージ 9


外すと 「ギャー!!」 オイルシールがサビサビです(笑) 左側が特にひどいです。やっぱり水がここから浸入してたっぽいです。

気をとりなおして、シールを固定しているクリップを針のようなもので外します。
それから、フロントフェンダー、ブレーキキャリパー等の部品を外します。

そして、フロントフォーク上端部のボルトを外します。すると、スプリングのテンションが抜けます。
イメージ 10



ここから力技なんですが、オイルシールが付いているアウターチューブをいったん縮めて、勢いよく下へ伸ばしきります! これを何度も繰り返すと、じょじょにオイルシールが外れてきて最終的にアウターチューブとインナーチューブが分解できます。
イメージ 11


抜けました!!
次に、バイク本体とフロントフォークを固定しているボルトを緩めて、インナーチューブを外します。
イメージ 12


前周りがスッキリです(笑)

あとは、各部品をパーツクリーナーで洗います。(各部品は、スプリング等向きがあるので、キレイに並べて写真を撮っておくと間違いがなくなると思います。) 
イメージ 13


いよいよ組み付けです。
一番の難関が、アウターチューブにスライダーブッシュという部品と、オイルシールを打ち込む作業なんですが、特殊工具を買うと5千円ぐらいします(泣)

ということで、オイルシールを持って、ホームセンターでシールの外径に合う塩ビパイプを探しましたが、ありません。しつこく探していると、パイプのジョイントが外径ぴったりだったので購入(150円!)

ただ内径がきつくてインナーチューブが入らないので、削って修正しました。
イメージ 14


これを使って、まずブッシュを打ち込んで、オイルシールを打ち込みます!(ブッシュとオイルシールには新品のフォークオイルをたっぷり塗っておきましょう)
イメージ 15


けっこう力要りますが入ったときは感動モノでした(笑) 塩ビジョイントの外径がピッタリすぎて、ちょっと抜くとき苦労しました。(ハンマーで抜きました)

あとはシールを固定するクリップを入れて、ダストシールを付けて完成!!
イメージ 3


イメージ 4


あとは、フォークオイルを上からダバダバと入れます。なぜスズキのオイルか?安いからです(爆)
オイルジョッキは100円ショップモンです。
イメージ 5


オイル量は、ネットの情報をもとにキチンと測って入れました。片側約480mlだったかな?
一応、スプリング入れずにフォークを縮めた状態の油面の高さも書いてあったので測定しておきました。150ミリです。(私はノギスを使いましたが、メジャーでもいけると思います)
イメージ 6


あとは、スプリングとスプリングのカラーを入れてボルトを締めて、組み付け完了!!

バイク本体に分解の逆の要領で組み付けて、ホントの完成!!
イメージ 7


さて、どきどきの試運転ですが、やっぱりフロントの挙動が落ち着きましたね〜。特に段差を乗り越えたときの腰砕け感がなくなったのは嬉しいです。(特にコーナーの段差での腰砕けは怖かったので)

フォークシール交換後のオイル漏れもなく、無事完了しました〜。
バイク屋でしてもらったら2万円くらいかかるのかな? 今回は部品代だけなので、5千円くらいで済みました。
しかし、しゃがんで作業するので腰が痛い・・・


(まとめ)
・フロントフォークのOHはダストシール付近に錆汁のようなあとがあれば、もれていなくても早めにOHしましょう。(ダストシールはマイナスドライバーで簡単にめくれるので、直接オイルシールを点検するのもアリかと。)
オイルシールが腐食して、変形していれば水がフォーク内部に侵入している可能性大です。

・OHするときにはスライドブッシュという部品も交換したほうが良いです。
私、今回は作業と時間の関係上交換しませんでしたが、ついでなので交換したほうがよいです。
(スライドブッシュという部品は、文字通りフロントフォークがスライドする部分の部品で、これが磨り減ることによってメイン部品の損傷を抑えるモノです)

・自分でするのなら、サービスマニュアルを買いましょう。
私は、ネットであったVTのサービスマニュアルとマグナファンのサイトを参考にしましたが、出来れば同じバイクのほうが良いです。
(参考にしたサイト)
http://ttomochi.yukigesho.com/VTZ_SM_PL.htm (フロントホイール、サスペンション、ステアリングの項目に載ってます)

http://www.mag-s.net/ (メンテナンスという項目にフォークオイルの量などが載ってます)

ということでフロントフォークOHの日記でした〜。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事