ここから本文です

書庫全体表示

山本弘についてのデマ

http://pbs.twimg.com/profile_images/724077777658351616/dU8BPlD3_normal.jpg山本弘 @hirorin001522日前
ontheroadx 僕は「犠牲者数は約6600人」なんて言ったことはありませんけど? 警察が立件した件数の何倍も多いだろうとは推測されるけど、正確な犠牲者数は不明です。

では山本弘は何人だと言っていたのでしょう。
「悪夢ふたたび……」山本弘著では

虐殺された罪のない朝鮮人は関東で6000人とも言われ、中国人も大島町だけで300人以上他もあわせて何百人も虐殺された。この虐殺は平凡な普通の日本人によって行われた。この関東大震災での虐殺はナチスドイツのユダヤ人虐殺やキリスト教徒の魔女狩りや日本人が朝鮮人や中国人に行った行為と本質的に差はない。

つまり6600人とは言っていない、ユダヤ人虐殺レベルの虐殺行為が行われたと主張しているのです。山本弘の主張する虐殺規模を勝手に下方修正するデマを流す事はやめましょう。



正確に引用

「人々は自警団を作って、罪もない朝鮮人たちを狩り立てた。関東一帯で殺された朝鮮人の数は六〇〇〇人とも言われている。朝鮮人だけじゃない。朝鮮人に間違えられて、中国人も何百人も殺されたんだ……。
その頃、私は南葛飾に住んでいた。今の江東区の大島町のあたりだ。その頃は機械工場が建ち並んでいて、大勢の中国人の労働者が石灰運びなんかの力仕事をしていた。家は今みたいに多くなかった。東の方の荒川沿いには牧草地や蓮池なんかもあって、のどかな風情が残っていたもんだよ……。
そんな平和な町が、あの日は地獄になった。大正一二年九月三日──大震災の翌々日だ。
何百人もの群集が、手に手に竹槍や鉄棒や薪割りを持って中国人労働者の宿舎を襲ったんだ。兵隊や警官の姿も混じっていた。中国人たちは泣き叫びながら表に引きずり出されて、めった打ちにされた。その日の、その町だけで、三〇〇人以上殺されたんだ。ボロ雑巾みたいになった死体は空き地に運ばれて、山のように積み上げられた。ゴミでも捨てるようにね──死体の山は、後で灯油をかけられて燃やされた……」
「信じられない……」摩耶はひどいショックを受けた。「そんなのちっとも学校で習わなかった……」
「だが、事実なんだよ。ほんの七〇年前に、この東京で起きたことなんだ」
「教科書には載ってないかもしれないな」八環は肩をすくめた。「この国の政治家どもは、自分たちに都合の悪い歴史は子供に教えたくないだろうからな……」

「最近、そういうのが多いんですよ」「上野でも、新宿でも、池袋でも、外国人が襲われる事件が続発しています。相手はヤクザとは限りませんけどね。酔っ払いの集団とか、普通の学生とかが、面白半分に外国人を袋叩きにするんです。マスコミはぜんぜん取り上げてませんが──」「──これ、危ない傾向ですよ。大きな災害とかがあったら、それをきっかけに、いっきに爆発するかもしれない」
「関東大震災の時のように?」
「ええ」

その地獄のような殺戮のすべてを、摩耶は空から見下ろしていた──マスターから聞かされた関東大震災の時の惨劇を連想し、ひどく不快だった──かつてナチスドイツがユダヤ人に、キリスト教徒が魔女と呼ばれる人々に、日本人が朝鮮人や中国人に対して行ってきた行為と、本質的に差はない。



ここまでブログに書いた僕は窓の外を見た。
(小説 人生で大切なことはすべて山本弘に教えてもらった つづく)






この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事