無知無知なイルカさんの戯言

浮き彫り画(レリーフ画)、大きな板でマリンアート!

全体表示

[ リスト ]

グッピーの繁殖力のすごさに対応して小型水槽を増やしていたのだが、どの水槽にも濾過器は必須です。水槽の置き場所の問題などもあり、各種濾過器を使うことになってしまいました。最初に購入したのが外掛け濾過器、そして底面濾過器や水中濾過器などです。

外掛け濾過器の問題は、当然ですね! メーカー純正のロ材ですね。値段が高く、かつ寿命が極めて短い最悪の商品、我々ユーザーにとっては使えない劣悪の製品です。そこで誰もがやっている外掛け濾過器の改造です。
イメージ 1

改造と言っても実は極めて簡単です、純正ロ材の挿入場所に仕切り板を入れるだけです。100円ショップで買ってきたプラスチックの薄い板を適当な大きさ(幅はちょっと大きめ)にカットして入れるだけ。高さはちょっと短め、底から1,2cm離れるくらいですね。そして外部濾過器用のロ材を前後に入れるだけです。濾過器のストレーナにはスポンジをつけてます。

これで濾過器の奥側に入った水槽の水は、奥側のロ材をすり抜け、仕切り板の下を通って、手前のロ材で濾過されて水槽に戻ります。

上の写真は掃除した後なので綺麗ですが、やがてロ材は汚れてきて目詰まりを起こします。スポンジは一月に一回程度、ロ材は半年に一回程度は掃除してます。この改造をするようになってから、一番多く使っているのが外掛け濾過器です。
イメージ 3
イメージ 2

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事