命ある限り

艱難辛苦、満身創痍の直腸がん闘病記

何故か不思議に絶好調

最近また、コメント投稿が一人だけになってきている。沈黙を続ける連中は、俺が更新しない時の原因は自分にあるとは考えないのかね、全く・・・。そろそろ俺も、ヤル気を無くすぜ。

さて、ランキングから消滅してしまった当ブログであるが、善意のある人はここをクリックしてくれ。表示されたページの、上の方にレイアウトされているリンクの「週間OUT」または「月間OUT」をクリックすれば、「OUTランキング」のページへ移動する。そこでウチの名をクリックして再び当ブログへ戻って来れば、OUTランキングへ投票した事になる。宜しく頼む。

退院から一週間が経過した。
昨日までは体温が安定せず、ほぼ連日37.0℃を超えた日が続いた。1ヶ月を超えた入院はいったい何だったのか・・・そんな気にさえさせられる日々だった。
替わって、今日・・・。
体温は36.4℃とまずまずだったのだが、それよりも特筆すべきはここ数ヶ月無かった程の体調の良さ。体が軽いのである。歩いても足の痛みが普段ほど酷くはない。足裏からズキーン!と響く感じが無いのだ。これは気持ちいい。今日は午後に一度だけ買物に出かけたが、健康だった時のように颯爽と歩けたのである!・・・実に久しぶりの事だった。
今は痛いよ。足もケツも。痛み止め(麻薬)は飲んだけど、量が足りなかったようだ。これを書き終えたら、追加でまた飲もう。

※今日初めて当ブログをご覧になったという方にお願いします。過去の記事のうちから「ざっくり自己紹介」「最重要事項」本は必ずお読みください。いつも私がどのような信念で当ブログに携わっているのか、それをよくご理解していただければ幸いです。

.


みんなの更新記事