ゲームをするなら「囲碁ゲーム」

理由①考える力が育つ②友達ができる③礼儀作法が身につく④計算力が向上するetc
平成29年度 冬 講座
・・・またまた講座名変更

講座名:
ゲームをするなら「囲碁ゲーム」

理由 ①考える力が育つ
    ②友達ができる
    ③礼儀作法が身に付く
    ④計算力が向上する
    ⑤地域貢献ができる

この記事に

開く コメント(0)

FMピピで収録

たじみオープンキャンパスの囲碁講座「頭が良くなる囲碁教室」
・・・開催地が笠原中央公民館ということもあるのか2年近く成立していない。
今年の夏講座は思い切って教室の名前を変えてみた。

「勝負より人格形成の囲碁ゲーム」
そして、講座内容も・・・
ついにAI(人口知能)に敵わなくなった囲碁ゲームですが、強いばかりが能ではありません。囲碁で人間性を磨こう♪

これが受けたのか、始めてオープンキャンパスに登録して以来のFMピピへの出演が決まった。前回は生放送であったが今回は収録で
放送は六月七日水曜のam9時5分〜30分と再放送が同日pm4時〜
パーソナリティの藤本博子さんは優しそうで可愛らしく、チョット喋り過ぎてかなりカットになりそうですが、とても楽しかった。
イメージ 1

なんとか、今回は生徒を6人以上ゲットして成立させたい^^。。

この記事に

開く コメント(0)

林囲碁サロン開所式

成功裏に開催されました。
イメージ 2

ABC級3クラスに各50名程度・・・合計150名くらいの棋士が集まりました。
牛込会長を始め、教育長・県会議員・市会議員・日本棋院からプロ棋士3名
多くの祝辞がありました。
水野隆夫旧笠原町町長(92歳)の祝辞では私の名前を紹介して頂けました。
祝辞を聞いていて何やら幸福感がありました。
・・・けれど、だけど、まだまだ先は長い。
数名の青年・また数名の囲碁ガールの参加がありましたがほとんどはお年寄り・・・
でっ、子供の参加・・・無
こういう大会が子供で一杯になるようにしなければ意味がない。
まだまだ、先は長いです。
私も老体にムチ打って頑張ることになるのだろうねっ。

天敵佐藤六段 ↓ と主催者の ↓ 林 恒一さん
イメージ 1



この記事に

開く コメント(0)

9/11中日新聞

林さん頑張れ^^
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

ユネスコ囲碁サロン

開所式典 & 記念囲碁大会
イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

林囲碁サロン

先週、日本棋院多治見支部長の林さんから呼び出し。
なにやら、囲碁サロンを開設されるとか。
私も指導者の一員に登録したいとのこと。

月曜休みで12時〜17時まで、周1日ボランティアで・・・
いやぁ〜、、たとえお金を頂いても無理なのでお断りする。
ならばと、署名をお願いされた。
家族5名を記入したが一万の署名が必要で、残り四千。

大丈夫ですか?と聞くと 「まったく問題なし」って
ほんまかいな?と言う感じであるが やる気満々。。

「やりたいことをやらずに死にたくない」
・・・ですです。。
頑張ってください。。応援しています。。
本当に大成功を祈るばかりです。。。
イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

たじみ議会だより No.177 平成28年5月1日 に掲載イメージ 1
土曜学習講座って何んだろう?教育委員会に問合せしなくっちゃ・・・
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

笠原小学校

2月22日
平成27年度 ボードゲーム教室終了しました。
30人の子供達に囲まれて幸せ一杯・・・
イメージ 1

3年以内に 多治見市13小学校対抗
 「石取りゲーム囲碁大会」を開催する
  予定と締めくくりましたよんっ♪
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

去る平成27年10月30日 市民と議会との対話集会が開催され参加した。
そこで、市長・教育長の了解を頂き多治見市の全13小学校へ碁盤セットを寄贈したことを承知されているか尋ねたところ、20数名の議員の参加があったものの、誰一人ご存じなかった。そして、多治見市の将来を担う賢い人を育てるため囲碁の学校教育への導入を提案・協力を要請した。 昨日は加納議員から一般質問で取上げたいので経緯を教えてほしいとのことで、1時間余り打ち合わせた。さて、市長・教育長の反応や?一般質問を傍聴したいけど、いつなんだろう・・・

この記事に

開く コメント(0)

放課後教室

昨日は多治見市ではマンモスとも言える滝呂小学校へ

実は夏休み前は私が指導を担当していたが昨日から近所の杉井さんににお願いすることにした。
滝呂小学校には学内に「地域交流室」という部屋があり、そこには囲碁セット・将棋セット・オセロなどが置いてあり、地域のお年寄りなどがそこに集まり交流している。子供たちはその様子を外から覗くことができる。
夏休み前、私が受け持った教室に来る子供たちの印象は全体的に落着きがなく喧しいものの、それなりに話を聞き一応囲碁の指導ができたと思う。
ところが昨日、、、子供たちの様子が夏休み前に比べ更に喧しくなっていた。ふざけまくる子供、杉井さんの話に耳を傾ける子供は少ない。
・・・これは、、囲碁を教える場所ではないな。
・・・正課授業はどうなっているのだ?
先生も喧しい子供たちには無頓着というか、注意はしない・・・
このフザケまくる子供たちが大人になったらどうなるのか。。。本当に心配になった。

「多治見市では礼儀正しく・我慢強く・賢い子供が育つ」
・・・その一環として囲碁の導入を教育委員会・多治見市長まで提言した。
教育委員長や市長、この小学校の現状を知っているのだろうか?
このままでは、多治見市の将来は暗い。

全市を挙げて小学校教育に囲碁を導入する必要性を強く感じる。

この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事