とりあえず

だるまの詩・・・> http://blogs.yahoo.co.jp/kyu_for_ji_ryusoh もよろしくね。

和歌山県内は

五条までは時刻が分かっていたのですが、そこから先はダメ元で追っかけをします。

もともとギャラリーが少ない和歌山線なので、有名スポットでカメラを構えているかどうかで通過を判断します。この橋はネットでも良く出てくるポイント。数名の方が待っています。


これならOK、車を降りてカメラを構えます。

ほどなく、雲と一緒に電検が・・・。
スポットライトを浴びて電検が通過します・・・。
イメージ 1

夕方の阪和線まで粘ろうかと一瞬考えましたが・・・まあ、やめときましょう。



.


みんなの更新記事