ここから本文です
黒沢峠を中心に紹介していきます
  瞽女=鼓を打ったり、三味線を弾いたりなどしながら歌をうたい、門付け(金品をもらい受ける)をしながら回り歩く盲目の女芸人。最後の瞽女といわれた新潟県の小林ハル(105歳没)について映画化するもの。2020年のオリンピック・パラリンピックに合わせて公開予定で、日本の文化、瞽女の姿を世界の人に知ってもらえれば、と製作委員会では言っています。

監督は瀧澤正治。

  新潟県の瞽女たちは黒沢峠なども越えて山形県へ来ていたと思われます。映画のロケハンが11月初めに黒沢峠で行われ、来年(2019)の雪解けを待って、新緑の黒沢峠でロケが行われる見込みとなりました。


  映画「瞽女(GOZE)」についての詳しいことは
     プロモーション映像もあります。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


この記事に

 国道113から黒沢峠に向かって、集落の入り口に架かる黒沢橋は狭くて車のすれ違いもできず、橋のたもとがカーブで大型バスは橋の手前でストップしていました。以前から架け替えが望まれていましたが、ようやく開通しました。今までより少し下流に架けられカーブもなくなりました。大きな榧(かや)の木は集落に向かって左側になりました。橋の前後の道路が未改修ですが改修のための測量もおわっており、近年中には拡幅・改修が行われることになっています。
イメージ 1
国道から黒沢集落に向かう

イメージ 2
黒沢集落から国道に向かう

イメージ 3
今までの橋は解体工事が始まりました




この記事に

 10月28日(日)32回の黒沢峠まつりが開かれました。心配された天気も大荒れすることなく青空も覗くほどでした。峠の紅葉はようやく色づき始めた状態。美しい敷石道を踏みながら峠を越えて、バーベキューに舌鼓を打ちながら交流を深めあいました。焼きそば・漬物・餅などの売店、丸太切り競争・カラオケ・抽選会を楽しみました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

この記事に

 13日に続き、整備作業。石切り場への道を刈り払いしました。俗に「ニラ畑」と言われる場所の石切り場跡で10分の1を過ぎた地点から右側に下った所。規模は一番大きい箇所。
イメージ 1
岩に穴が貫通している

イメージ 2
 
イメージ 3

イメージ 4

古屋敷(屋敷跡)にベンチを二つ設置しました。
イメージ 5


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事