多重空間 〜これが私の世界〜

私の世界に来て頂き、有り難うございます コメント、ファン登録、トラックバック大歓迎です

全体表示

[ リスト ]

私は昨年教習所に通い出してから通勤途中の電車の中で本を読むのが日常になっているのですが(^_^l終わった後も慣性で小説等を読むようになりました。それだけ日常に溶け込んでいるってことですよね。)先日ある漫画を読む機会に恵まれましたので今日はその漫画を紹介したいと思います。本日紹介するのは・・・↓
イメージ 1
            「戦う女医」と言う漫画です。
内容は主人公の精神科女医が薬物治療以外の方法で精神病を治療する方法を模索する中で病院を辞め、その後行きついた食事とサプリメントで行う新たな治療法「食事療法」を行う病院で患者さんの治療に当たると言う物でフィクションが中心ですが一部に実話、事実も織り交ぜて書かれており、病院が悪徳かそうでないかを判断する一つの材料となる資料も挿入されています。
読んで私が実直に思った感想は「・・・う〜ん・・・一つの選択肢として判断する材料にはなるかな?」です。
確かにこの漫画の内容が全て事実であればとんでもないことであり、直ぐにでも対処して欲しいのですがフィクションと書かれており、何が事実で何がそうでないのか判断が付きにくく、またこの手の告発本にありがちですが「一方的に悪行、巨悪と決めつけて書き手又は主人公が糾弾する」と言う一方的な書き方、考え方に正直私は賛同しかねるのです。様々な人がおり、様々な立場、考え方があるのですから少なくとも「薬物療法では誰一人として助かっていない」と言う決めつけは止め「助かっている人もいるがそれ以上に問題が多い・・・」と言う書き方であればまだ一方的とまでは言えず良かったのですが・・・
それでも今年の一月に立ち読みで目にする機会があった精神病専門外の出来損ない医師が出版した「精神病なんてものはそもそも存在しないのだから精神科なんていらない。そういう事を口に出す甘ったれは修業をさせればいい」と言う様な無い様の本よりは専門家視点から描かれており、又代替策にも触れていると言う点からはるかにいいとは思います。
結局の所、情報を鵜呑みにせずに吟味する能力が問われているのかもしれませんね。

閉じる コメント(9)

顔アイコン

精神病・・・深いですね・・・

私は精神的に不安定になることがあるので・・・
興味がありますが・・・読むことで不安定になりそうなので、やめておきます(笑)

2012/12/9(日) 午後 11:03 [ はぴねすうさぎ ]

顔アイコン

こんばんは。

一方的な情報を鵜呑みにするのは、とても、怖い事だなと、思いますね。

この記事の最後のほうに書かれている、「精神病なんて〜」というような事を
医師が書いて、出版している事に、恐怖すら感じてしまいます。。

2012/12/10(月) 午前 0:32 千草(ちぐさ)

アバター

はぴねすうさぎさん、そうですね、ある意味諸刃の剣と言えるかもしれません。ある程度の覚悟は決めておいた方がいいと思います。

千草さん、私もその事を知った時は驚き、内容の余りの酷さに言葉を失ってしまいました。「こんな医師が居るのか・・・」と本当に思ってしまいましたよ。やっぱり色んな目線から物事を見る目が必要だと思います。

2012/12/10(月) 午前 10:22 多重空間

顔アイコン

こんにちは!多重空間さん。何を信じる。
やはり自分で確認が必要ですね〜( ^o^)ノ

2012/12/10(月) 午後 9:39 タンボまん

アバター

タンボまんさん、はい、自分で決めて自分で信じる、これが一番大事だと思います。

2012/12/11(火) 午後 4:36 多重空間

モニプラであったんですね。
知りませんでした・・・
興味深い本ですね。

2012/12/11(火) 午後 9:49 あちと

アバター

あちとさん、確かに興味深くはあるのですが、一方で幾つか?も浮かんで来ました。
実情を知る為ではなく、考える力を養う為の本と考える方が良さそうです。

2012/12/12(水) 午後 3:43 多重空間

顔アイコン

この度は、ブログで漫画をご紹介いただき、誠にありがとうございます。少し過激と思われた文章があり、誤解や不安を招いてしまったのでしたら、大変失礼いたしました。皆様がおっしゃるとおり、「自分で確かめる」ということがとても重要だと思います。日本は「薬の国」と世界で言われ多種類の薬を処方されている方も多いのは、事実です。私も初め驚きましたが、毎日10種類以上飲んでいる方って結構いらっしゃるようです。そのため、漫画には、法律をもとに病院選びのポイントや患者の権利というものを掲載致しました。
なにより、皆様のように医療について話すという機会もとても大切だと思い、そのひとつのきっかけになればと思います。
大変貴重な御意見として、参考にさせていただきたいと思います。ありがとうございました。

2012/12/17(月) 午前 11:29 [ Dr・TOSA ]

アバター

Dr、TOSAさん、TOSAさんはこの漫画の筆者の方、あるいは関係者の方なのでしょうか?
確かに内容で賛同しかねる部分は幾つかありましたが、それでもきっかけを作る事は出来たと思います。
やはり最後は自分で決め、自分で行動していく能力が一番問われると思います。こうしたきっかけを作り、支えていくのが本当の意味での改善にもつながっていくのではないでしょうか?

2012/12/17(月) 午後 2:45 多重空間


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事