ととっちのブログ

サンヨー 5.75kw福島の空より
CV CC DPS5015にてリーフバッテリーに充電してみました
スイッチング電源はS600-48です
イメージ 1

バッテリーは、6直列で満充電で50.4Vですが CV50V設定 CC10A設定で行いました
イメージ 2
スイッチング電源の電圧はMAXで54.55Vもう少し高くないとDPS5015が設定電圧まで上がらず49.6Vで止まってしまいます 格安の電源なので、この状態でもかなり熱が発生します
イメージ 3

メーカー製の電源(価格約10倍)だと、出力電圧のみ設定して直結で充電してもあまり熱くならなかったです。 
0-50V 0-15A 色々な実験出来る格安電源(約10K)で遊んでみます。
イメージ 4



この記事に

開く コメント(0)

インパクトドライバー

バッテリーが充電不可能になり使用出来なくなってたので復活させました
イメージ 1

これを、4sのリポバッテリに変えただけですが、見違える性能にアップしました
イメージ 2

ただ端子に直にはんだ付けしただけです 電圧管理は、本体が管理しバッテリーが無くなれば停止するか解りませんので、取り敢えずバランス端子にて電圧管理しながら使ってみたいと思います。
配線は、14awgで十分でしょうコネクターはXT60です。
イメージ 3

新品リポ¥4000円で、以前より強力なドライバーに仕上がりました。
本体も軽くなり、使用時間も延びるようです。

この記事に

開く コメント(2)

とある試験場の依頼で撮影してみました。
イメージ 1
グランドステーションにて設定しました。
有効に利用してもらいたいです。

この記事に

開く コメント(2)

満五歳7か月

イメージ 1
売電率91%かなりの成績だと思います。
イメージ 2
順調に発電しています、エアコン、TV,冷蔵庫など蓄電システムで賄ってますので、深夜電力の割合は、
80%位です、IHは、コンロ1個で3KWなので、インバーターでは、諦めましたあと玄米の保冷庫も200Vなので
これも何とかしようと思います、4年後は、全て、自給自足としたいと思ってます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

リニュアルTAROT T18

安全性を考慮しました
イメージ 1
N3+A3UPGこれで、IMU3重、GPS(コンパス)2重、これでも安全性は100%ではない
イメージ 2

見た目は、同じですが安全優先で作成しました 今シーズンに間に合いました。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事