全体表示

[ リスト ]

動物公園西口広場開通

イメージ 1

 23日(月)東武動物公園駅西口広場が完成し、午前10時記念式典後、11時から供用開始されました。東武動物公園の玄関口として、今後の繁栄が期待されている。
 
 駅西口は昭和20年に、東武鉄道の蒸気関車、電気機関車を修理する杉戸工場として発足。広さは4.5ha。平成16年に南栗橋工場に統合され、跡地の再開発が課題になっていた。平成22年、UR都市機構のもと土地区画整理の計画が持ち上がり、平成25年着工し2年間をかけ、平成27年2月22日広場が開通の運びとなった。
 
 広場面積は3,500平方メートル、町循環バス、動物公園、日工大バス、タクシーの各乗場が設けられている。また、広場には東武動物公園で飼育されている動物たちの足跡が埋め込れ、杉戸工場の面影を残す、ポイント切替装置、車輪のモニュメントも配置されています。そして電線の地中化、遮熱効果のある舗装等の特徴を出しています。
 
 広場建設にあたり議会でも議論されていた、公衆トイレが設置されなかったのも懸念が残り、今後の課題と思います。また、東武の工場跡地の利用では噂はいろいろ出ていたが全く未定であり、早急な議論が必要であると考えます。

 私はそれらを質すため、今3月議会(3月3日午前10時)で質問、提案いたします。
 


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事