NPO法人 バリアフリーアートの会 わーくぽけっと リエゾン

障碍を持つ子ども達とお母さんのための冊子を作成しています

全体表示

[ リスト ]

はじめまして

::::  作成にあたり ::::

自分の子どもが障碍児となり、行政での手続きや情報の流れの複雑さに大変な思いをし子育てをしてきました。必要な情報がまとまって手に入れられたら、また同じような思いをもつ人とのつながりをもっと深めるため、地域の方にもっと障碍をもつ子どもたちのことを知ってもらいたい
そんな思いから情報の必要性を感じ作り始めました。  
 
企画の趣旨:
障碍を持つ子供たちとその親が、自立を目指し、地域で暮らしていくためには、様々な社会的・地域的支援を必要とします。それらの情報は、ほとんどを障害児者側自らが調べなければ知る事が出来ないこともしばしばです。そこで、 障碍を持っていても、地域で暮らし、人として「自分らしい生活」を送るために必要な情報、及び地域の情報を掲載したガイドブックを当事者の側で作り、障碍者の生活支援と、地域福祉の向上を図ることを目的とし作成活動をボランティアで行っています。知りたい情報、届けたい情報が多く検討の結果、発達不安〜就学まで・就学期・就労期の3部に分けての作成となりました。
 
8年前にリエゾンⅠ発達不安〜障碍をもつ子の子育てを作成しました。 こちらは、わが子が障碍をもつとわかったとき、どんな支援が受けられるのかどんな療育の場があるのか地域はどんな状況なのかを現実にぶつかっている保護者及びそこを通ってきた保護者にアンケートを行いその中から出てきた問題点、知りたいことをまとめた冊子となっています。また、地域のレストランや公園などの情報を掲載してあったため高齢者の方からも好評いただきました。その他、所沢市以外の地域、国、他県の行政・福祉機関・保護者の方からも多くご希望いただきました。
 
4年半前にリエゾンⅡ育ちの選択・障碍をもつ子の小学生〜高校生までを作成しました。就学先の決定から、相談場所・行政支援・市内の学校のカリキュラム・不登校や引きこもりなどの場合の相談場所・放課後や余暇を活かす活動情報・思春期の問題への情報と共に、今現在その状況にある方の体験談やそこを通りぬけてきた先輩保護者の体験談などを掲載しています。
道は一つではなくいくつもあるということ、より多くの選択枠を見つけその子にとってより良い環境を見つけ、地域社会で過ごしていくための力をつけていってほしいと願っています。
 
これらの冊子を、当事者にとっては、より地域で過ごしやすくなるためサポートになれたらと言う思いと共に、地域の方々が手に取り、このような思いをもって共にこの街で過ごしていることに理解を深めていただくためにもぜひ、市内の方々に読んでいただけたら思っています。
 
連絡先: 〒359-1111 所沢市緑町 1−17−1
    TEL&FAX:04−2926−6369
    NPO法人 バリアフリーアートの会 わーくぽけっと 
   「いいよ企画」 

この記事に


.


みんなの更新記事