ここから本文です
竜神様いつもありがとうございます
竜神様の撮影にチャレンジしています

書庫全体表示

記事検索
検索

全1ページ

[1]

カタカムナ文字・文献の発見者は楢崎皐月氏である(1899年5月9日〜 1974年7月31日)山口県生まれ、北海道育ち、日本の物理学者・電気技術者・「静電三法」で有名。晩年は「カタカムナ」の研究に没頭したと言われている。
超古代文明とされるカタカムナ文明の存在を主張していたが、主張を裏付ける客観的な証拠は無く、このカタカムナ文献の原書も「カタカムナ神社」という名前の神社も不明。「カタカムナ文字」又は「カタカムナ文明」が存在したという痕跡は、縄文時代以降の遺跡や記録には全く見つかっていない。又、世界の古代文明でも、類似文字は発見されていない。そのため、カタカムナ文明は架空の文明であり、かつて日本に存在した超古代文明であったという設定で楢崎皐月が想像したフィクション であると考える学者もいるそうである。 楢崎氏はカタカムナ音声符が片仮名の起源と見ていた。縄文時代以前の旧石器時代末期にカタカムナ文明が存在していたと思われる。
 
1949年、楢崎氏は、全国の電位分布実測調査中、兵庫県六甲山系の金鳥山(俗称:狐塚付近)で父親が「カタカムナ神社の宮司」であったという「平十字」(ひら・とうじ)と名乗る猟師である老人から、祖先から大切に受け継いできたという「カタカムナ神社」の御神体である巻物を見せられた。楢崎氏は平氏にその巻物の書写を願い出て平氏はそれを許可し、それから平氏は金鳥山の楢崎氏が居住する穴倉に御神体を20日間毎日持参して書写を見守り、楢崎氏はそれを大学ノートに書き写した。
平氏によると、「この御神体は、目にしただけでも、目がつぶれる」と言い伝えられてきたそうである。この時、写し取られたモノが、「カタカムナ文献」として残されている。これが、「カタカムナ ウタヒ 80首」で、それらは渦巻き状に綴られた幾何学的な文字であった。 その後、楢崎氏は、研究を重ね、古事記その他の古文献を参考にし、5年をかけてカタカムナ文字の解読に成功した。
  
カタカムナ ウタヒの内容は、「カタカムナ」という生命の根源が、すべての生命、物質の核であり、そこからトキトコロが発信放射され、生命活動が維持されている・・・そしてこれは、宇宙の全ての物質、生命体の中に相似なる象(カタチ)として存在するという、その摂理が、潜象物理として描かれているのである。
カタカムナ文字によって記された80首の詩歌で構成されており、第1首が「カタカムナ ヒヒキ マノスヘシ アシアトウアン ウツシマツル カタカムナ ウタヒ」と解読された事から、『カタカムナのウタヒ』、略称「カタカムナ」と呼ばれる。古史古伝の研究者である吾郷清彦は「神名歌集」と称している。
原本は所在不明の「カタカムナ神社」の御神体とされており、江戸時代に作成された巻物であるという。この左から右へ開かれる長い巻物の中に80個の渦巻状の文字(カタカムナ文字)で記されていた。

文中に「アシアトウアン ウツシマツル」という言葉があり、この「アシアトウアン」という人物が写本を作成した可能性が高いともいわれる。またその語感から陰陽師の蘆屋道満(道摩法師)との関係を主張する人もいる。
古事記の「上つ巻」に登場する御神名が、天石屋戸の物語のところまで、その順番でほとんど登場するので、古事記編纂で、稗田阿礼が誦習(ショウシュウ)した際に参考にしたという帝紀、旧辞の一つである可能性もある。
イメージ 1
イメージ 2

さて、坂下先生のブログを読むと金鳥山での体験、蘆屋道満、平十字のことが書かれ、宇宙船の中はカタカナのような宇宙文字が書かれていたとありました。このことはカタカムナ文字・文献の存在を実際に見た人が楢崎皐月氏以外にも存在していたということであって、大変興味深いです。

先日テレビで江戸時代の書物に海岸に現れた宇宙船のような船が書かれてあったことが放送されていました。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
その船の中に書かれてあったという文字を見てこれはカタカムナ文字だと瞬間に思いました。宇宙船の中はカタカナのような宇宙文字が書かれていたという坂本先生の証言とも符合します。

坂本先生の著書が発売されております。
坂本廣志と宇宙文字カタカムナ Kindle版                       
フヤナと宇宙人の大冒険 Kindle版                        
フヤナと宇宙人の大冒険2 Kindle版                        
フヤナと宇宙人の大冒険3 Kindle版                        
坂本廣志とスカイフィッシュの秘密 第一巻 Kindle版                        

   



                 
最近坂本先生やブログ友達の方々に対する誹謗中傷やバッシングがありましたのでそのことについて考えてみました。

なしたすべての行為はアカシックレコードに記録されており消えることはありません。アカシックレコードとは宇宙のすべての出来事を記録するハードディスクみたいなものです。

なした行為はカルマと呼ばれ、その結果を生みます。良いことをすれば良いことが返り、悪いことをすれば悪いことが返ってくる、これがカルマの法則です。寿命が尽きるとそのカルマにふさわしい世界に転生するのです。

良い行いを善行、悪い行いを悪行といいます。悪行には十悪と五逆があります。
十悪とは
 殺生 生きものの生命を奪う。
 偸盗 与えられていない他人の財物を取る=盗み。
 邪婬 よこしまな男女の交わり。
 妄語 嘘をつく。でたらめを言う。 
 綺語 無意味、無益なことを言う。
 悪口 他人を傷つける言葉。陰口、中傷。
 両舌 他人の仲を裂く言葉。
 慳貪 財物などをむさぼり求める。異常な欲。
 瞋恚 いかり憎む。
 邪見 誤った見解。
 であり
五逆とは
 父を殺す
 母を殺す
 阿羅漢を殺す
 仏身を傷つける
 僧の和合を破る(=教団を分裂させる)
の五つです。
悪行のなかでも五逆は特に罪が重く、これをなしたものは無間地獄に落ちるのです。無間地獄とはどんな世界でしょう。

阿鼻地獄 (無間地獄)

地獄の最下層に位置する。大きさは他の7つの地獄よりも大きく、縦横高さそれぞれ2万由旬(8万由旬とする説もある)。最下層ゆえ、この地獄に到達するには、真っ逆さまに(自由落下速度で)落ち続けて2000年かかるという。他の七大地獄並びに別処の一切の諸苦を以て一分として、大阿鼻地獄の苦、1000倍もあるという。剣樹、刀山、湯などの苦しみを絶え間(寸分・刹那)なく受ける。背丈が4由旬、64の目を持ち火を吐く奇怪な鬼がいる。舌を抜き出されて100本の釘を打たれ、毒や火を吐く虫や大蛇に責めさいなまれ、熱鉄の山を上り下りさせられる。他の7つの地獄でさえ、この無間地獄に比べれば夢のような幸福であるという。

この地獄における寿命は、人間界の6400歳を一日一夜とした場合の6万4000歳を一日一夜として6万4000歳であり、人間界の時間では349京2413兆4400億年に当たる。(ウィキペディア参照)

さて、坂本先生はクンダリニーヨガを完成されていますが、これはどういうことかというと覚者であると言うことです。覚者とは仏陀のことですがその意味を表す十号という十の称号があります。

如来(にょらい、tath?gata)
真実のままに現れて真実を人々に示す者、真実の世界に至り、また真実の世界から来られし者を如去如来という。如来は向下利他の意となり、この二語にて仏の無住涅槃(涅槃に止まざる)を顕す。しかして如去如来は、如来と略称された。

応供(おうぐ、arhat)
阿羅漢とも訳される。煩悩の尽きた者。応受供養の意で、人間・天上の者々から供養を受くるに足る有徳の士をいう。

正遍知(しょうへんち、samyak-saṃbuddha)
一切智を具し一切法を了知する者。宇宙のあまねく物事、現象について正しく知る者をいう。

明行足(みょうぎょうそく、vidy?caraṇa-saṃpanna)
『大智度論』に依れば、明とは宿命・天眼・漏尽の過去現在未来の三明、行とは身口意の三業、足とは本願と修行を円満具足することで、したがって三明と三業を具足する者をいう。『涅槃経』に依れば、明とは無上正遍知(悟り)、行足とは脚足の意で、戒定慧の三学を指す。仏は三学の脚足によって悟りを得るから明行足という。

善逝(ぜんぜい、sugata)
智慧によって迷妄を断じ世間を出た者。好去、妙住ともいう。善く因より果に逝きて還らぬという意味で、無量の智慧で諸の煩悩を断尽し世間を脱出した者をいう。

世間解(せけんげ、loka-vid)
世間・出世間における因果の理を解了する者。仏は世間の有情をよく了解することからいう。

無上士(むじょうし、anuttra)
惑業が断じつくされて世界の第一人者となれる者。仏は衆生の中において最も尊き無上の大士なる意であるからいう。『涅槃経』では「仏は無上士とも名付け、三宝中においては仏こそ最も尊上となす」と説く。

調御丈夫(じょうごじょうぶ、puruṣa-damya-s?rathi)
御者が馬を調御するように、衆生を調伏制御して悟りに至らせる者。仏は大慈大悲を以て衆生に対し、あるいは軟語、あるいは苦切語・雑語を用いて調御し、時に応じて機根気類を見て与え、正道を失わしめない者であるという意。

天人師(てんにんし、舍?、舍多提婆魔、??st?-deva-manuṣy?ṇ?m)
天人の師となる者。仏は正法を以て人間・天上の者を教導するから天人教師、すなわち天人師という。

仏世尊(ぶつせそん、buddho-bhagav?n)
煩悩を滅し、無明を断尽し、自ら悟り、他者を悟らせる者。真実なる幸福者。仏は仏陀の略で智者・覚者の意、世尊とはあらゆる功徳を円満に具備して、よく世間を利益し、世に尊重せらるるとの意で、世において最も尊いから仏世尊という。

このように覚者はありがたい存在なのです。覚者に対する善行(布施や奉仕)は大いなる果報をもたらし、覚者に対する悪行は大変重い罪になることが経典には書かれています。覚者を信じ、教えを守り実践する人々に対する悪行も同じく重い罪になります。

従って、坂本先生やその教えを守るブログ友達の方々に対する誹謗中傷やバッシングを行うことは五逆に相当する大罪であり無間地獄に落ちるほどの恐ろしい罪であると言わざるをえません。言葉による暴力は肉体に対する暴力と同じようにひとを傷つけます。決して軽く考えてはいけないのです。

七夕さまと竜神さま

古代中国では七夕は水神さまに雨乞いをするお祭りだったようです。
竜神さまは雨をふらせてくださる神様ですから、七夕は竜神さまのお祭りでもあるのですね。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事