全体表示

[ リスト ]

スーさんの釣り堀

今日もまた雨。
本当に梅雨に舞い戻ってしまいましたね、これでは。
気象庁の方々、ちゃんと高円寺の気象神社にお参りに行ったのかなぁ?(笑)
よく気象神社に「明日晴れますように」とお参りに行かれる方もおいでのようですが、もともと気象神社は「天気予報が的中しますように」という神社ですから、お間違いなきように。

じゃぁ昨日に引き続き、今日も水っぽいお話しといたしましょう。
まず例の2005年9月の水害時、水没?した阿佐ヶ谷駅について。
阿佐ヶ谷駅の南口ロータリーから西に延びる商店街は「川端商店街」と言います。
このあたり、かつて文学者が多く住んで「阿佐ヶ谷文士村」などという通称もあったということで、川端康成先生の旧宅があった・・・・とか、そういうわけではありません。
実際に「川端」だったからこそのネーミング。
そう、水没もするはず。阿佐ヶ谷駅前は、元々はなんと川だったのです。

高円寺には馬橋稲荷神社という、こちらも由緒ある神社があります。ここでは江戸時代、よく雨乞いが行われていたそうです。
江戸中期以降に田畑の開発が進んだ中野・杉並地区では、やがて水不足に直面します。
宝永年間に天沼・阿佐ケ谷村は、千川上水(元禄年間に開削)から分水を引くことを許されました。これは通称「六ケ村分水」と呼ばれます。けれどもその先の高円寺・馬橋・中野の三ケ村は、その恩恵に預かることが出来ませんでした。天沼の弁天沼を源とする桃園川の水量は乏しく、そのため田圃の用水は雨水に頼るしかないため、雨乞いが盛んに行われたのです。

しかし、いつまでも神頼みでは仕方がありません。「天は自ら助くる者を助く」というじゃありませんか。しかも「天保の大飢饉」が関東一円を襲いました。高円寺・馬橋・中野三ケ村の名主さんたちは相談し、水量豊かな善福寺川から桃園川に通じる水路を開削しました。工事は青梅街道という丘を胎内掘り(地下トンネル)で越すという難しいものでしたが、幕府の協力と優秀な民間技術者、川嶋銀蔵の力により見事成功。これが「新堀用水」です。荻窪団地のあたりで取水し、杉並高校横の成宗弁天池を中継地とし、地下トンネルで青梅街道を横断。杉並区役所やショッピングアーケード「パールセンター」の地下を通り、桃園川の東橋付近で合流していました。

豊かな農村地帯であった高円寺や阿佐ヶ谷近辺には、こうした用水路が縦横に走っていました。
阿佐ヶ谷駅南口を流れていた「阿佐ヶ谷川」は、こうした用水の一つで、上記「六ケ村分水」が桃園川に合流する最終地点であったのです。
もともとが川だったのですから、阿佐ヶ谷駅南口、水害に弱いというのはある意味、当たり前ということなのでしょうか。

さて、もうお気づきでしょう。
以前お話しした阿佐ヶ谷の釣り堀「寿々木園」。あそこは川端商店街の先にあり、この「阿佐ヶ谷川」に近く、元々が沼沢地であったところを有効利用したのだと思います。
杉並区内では、こうした水路は昭和30年代までにはほとんど暗渠化したようですが、本当にあちこちに水路の痕跡が見られます。ちょっと細い道でマンホールが目立つところ。それは間違いなく昔の水路です。杉並区の場合、こうした通路の入口には「熊にまたがる金太郎」の描かれた車止め柵がありますから、すぐにわかります。
金太郎の車止めを見かけたら、水で苦労した江戸時代の人々を偲んでみるのも興味深いと思います。

さて。
なんとここまで、すべて「前振り」。
だって今回の記事は「東中野」ですよ。
そう、東中野にあった、もうひとつの釣り堀「寿々木」さんのお話しです。

杉並・中野を縦横に走る多くの小河川・用水路の中に、小沢川と呼ばれた川がありました。
青梅街道、東京メトロの東高円寺駅付近からスタートし、環七を越えて中野富士見町駅付近で神田川に合流していました。
この川もときどき氾濫しました。
大正時代、いまの東高円寺駅前にある蚕糸試験場(現在の蚕糸の森公園)内の池の水もあふれて小沢川に流れ込みましたが、そのとき池にいた大量の鯉が流出。神田川まで流れていったのです。そして鯉たちは東中野駅(当時柏木駅)前の田圃に出来た大きな水たまりに流れ込みました。
それに目を付けた地元の黒田さんという方が、池を本格的に整備して、そのまま釣り堀を開業。池は300坪の広さがあり、多くのお客で賑わったそうです。

けれどその当時、神田川では魚に麻痺効果のあるエゴの実をすりつぶして川に流し、浮いてきた魚を獲る漁法がありました。その毒が釣堀に流れこんで鯉が全滅するという事態が発生。黒田さんは廃業を決意しました。
その話しを聞いた鈴木さんという人が、「なにしろ駅前物件。これはやりようで大化けするぞ」と踏んで釣堀の権利を購入。鯉をやめて「金魚の釣堀」に改装して再スタートしました。これが当たり、都内からどんどんお客が来るようになると鈴木さん、釣り客相手に茶店を出しました。やがて食事も提供するようになり、そのまま自然な流れでお酒も出すことに。そしてとうとう割烹料亭「寿々木屋」を開店したのです。大正9年のことです。ちなみに柏木駅が東中野駅に改称したのは大正6年。当時の駅は今よりも東にあり、「寿々木屋」はまさに駅の目の前だったそうです。

東中野で割烹料亭。
はい、皆様お気づきですね。
そうです、これが現在の「日本閣」なのです。昭和10年、「寿々木屋」は「日本閣」と名称を改めて都内初の専門結婚式場となりました。鈴木さん、本当にやり手だったのですねぇ。
現在では広大な敷地の多くがツインタワーマンション「ユニゾンスクエア」となりましたが、「日本閣」も「West 53rd 日本閣」として健在です。
用水路と神田川が生んだサクセスストーリーでした。

あ、阿佐ヶ谷の鈴木さんと東中野の鈴木さんの関係は存じません。
まぁ、「鈴木さん」は日本で一番多い姓らしいですからね。偶然なのでしょうが面白い符合ですね。
それにしても・・・・明日は晴れて欲しいなぁ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事