ここから本文です
出張で和歌山に行くこととなり10月18日早朝に地元を出発しました。

イメージ 1
私の住む街から新幹線と特急を使い半日かけて南紀の地に。

夕方、仕事を終えたヤエンさんと落ち合い、白浜ドライブへ。
イメージ 2

地元のおじいさんがヤエンを始めるところに遭遇しました。
イメージ 3
おじいさんから色々面白い釣り話を聴くことができ、楽しいひとときでした。

イメージ 4
ちょうど陽が太平洋に沈みます。

イメージ 5
エギンガーをシルエットに。なんてフォトジェニックなシーンなんだろ。

実は私、この地で前からやりたかったポーズがあったんです。

このポーズ↓
イメージ 6
ブロ友、ターナブルさんがデカイカを釣った時に発する雄叫びのマネです(笑

夜は地元の魚の美味しい店でヤエン談義。
イメージ 7

タイの煮付けは食べごたえがありました♪
イメージ 8

その後は地元の釣具屋で現地ならではの釣具を物色。
イメージ 9

ヤエンさんからも手作りヤエンを頂いちゃいました!
イメージ 10

ヤエンさーん!次回は実釣目的で南紀アオリイカの里にお邪魔いたします!

今回ご一緒出来なかったかめさん矢右衛門さん、次回は一緒に竿を並べましょう!

この記事に

今季のMYアオピIDカード

IDカード作成一番のり!
イメージ 1
大会もスタートダッシュ目指します(笑)

みなさん安全釣行でいきましょー!

この記事に

開くトラックバック(0)

有明ターポン

めっきり朝晩涼しくなりましたんで、私も釣り始動です。
イメージ 1

今朝は有明ターポンに
イメージ 2

タチウオが4本。
イメージ 3

ターポンは大西洋にいる古代魚ですが、

有明ターポンは不知火海などにいるヒラと呼ばれるニシンの仲間。

掛かればめっちゃ引きますし、エラ洗いもするんでゲームフィッシュとして楽しい。

小骨が多いんですが、食べられないことはない。

でも今日はリリース。

さ、しばらくエギングロッドでのウワキーズ楽しみますか


この記事に

壮大かつシンプルな海洋ゴミ回収プロジェクト「The Ocean Cleanup」。
当時高校生だったBoyan Slat氏が、魚よりもプラスチックが多い海を目の当たりにしたことをきっかけに考案したという。
巨大な「浮き」で溜まったゴミを回収するシンプルなアイデア
「The Ocean Cleanup」は、ゴミが流れ着く海域に巨大な浮き状の柵を作り、溜まったゴミをモーターで回収するシンプルなアイデアだ。
網を使用しないため海洋生物を脅かす心配もなく、太陽光と海流のみを動力としたクリーンなシステムとなっている。
最大級の太平洋ゴミベルトを5年間で50%綺麗に
Boyan Slat氏は、システムを考案した後すぐに行動を開始し、クラウドファンディングで200万ドルもの資金調達に成功。現在「The Ocean Cleanup Foundation」という財団を設立し、壮大なプロジェクトがスタートしている。
同プロジェクトは、ハワイとカリフォルニアの間の最大級の太平洋ゴミベルトにシステムを設置し、5年間で海洋ゴミを50%削減する計画となっている。
すでに2016年には北海でプロトタイプのテスト運用が行われており、今年本格的な運用を開始する予定だ。

情熱とシンプルなアイデアで、美しい大海原が蘇っていく。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事