全体表示

[ リスト ]

本日の抜刀隊

一、 
吾は官軍我が敵は 
天地容れざる朝敵ぞ 
敵の大将たる者は 
古今無双の英雄で 
これに従うつわものは 
共に慄悍(ひょうかん)決死の士 
鬼神に恥じぬ勇あるも 
天の許さぬ反逆を 
起こせし者は昔より 
栄えしためし有らざるぞ 

敵の亡ぶるそれ迄は 
 進めや進め諸共に 
 玉散る剣(つるぎ)抜きつれて 
 死する覚悟で進むべし 




二、
皇国(みくに)の風(ふう)ともののふは 
その身を護る魂の 
維新このかた廃れたる 
日本刀(やまとがたな)の今更に 
また世に出ずる身のほまれ 
敵も味方も諸共に 
刃(やいば)の下に死ぬべきぞ 
大和魂あるものの 
死すべき時は今なるぞ 
人に後(おく)れて恥かくな 

敵の亡ぶるそれ迄は 
 進めや進め諸共に 
 玉散る剣(つるぎ)抜きつれて 
 死する覚悟で進むべし




三、 
前を望めば剣なり 
右も左もみな剣 
剣の山に登らんは 
未来のことと聞きつるに 
この世において目(ま)のあたり 
剣の山に登らんは 
我が身のなせる罪業(ざいごう)を 
滅ぼすために非(あら)ずして 
賊を征伐するがため 
剣の山もなんのその 

敵の亡ぶるそれ迄は 
 進めや進め諸共に 
 玉散る剣(つるぎ)抜きつれて 
 死する覚悟で進むべし 



四、
剣の光ひ
らめくは 
雲間に見ゆる稲妻か 
四方(よも)に打ち出す砲声は 
天にとどろく雷(いかずち)か 
敵の刃に伏す者や 
弾に砕けて玉の緒の 
絶えて果敢(はか)なく失(う)する身の 
屍(かばね)は積みて山をなし 
その血は流れて川をなす 
死地に入るのも君のため 

敵の亡ぶるそれ迄は 
 進めや進め諸共に 
 玉散る剣(つるぎ)抜きつれて 
 死する覚悟で進むべし



五、 
弾丸雨飛(うひ)の間にも 
二つなき身を惜しまずに 
進む我が身は野嵐に 
吹かれて消ゆる白露の 
果敢(はか)なき最期を遂ぐるとも 
忠義のために死する身の 
死して甲斐あるものなれば 
死ぬるも更にうらみなし 
われと思わん人たちは 
一歩もあとへ引くなかれ
 敵の亡ぶるそれ迄は 
 進めや進め諸共に 
 玉散る剣(つるぎ)抜きつれて 
 死する覚悟で進むべし 



六、 
吾今ここに死なん身は 
国のためなり君のため 
捨つべきものは命なり 
たとえ屍は朽ちるとも 
忠義のために死する身の 
名は芳しく後の世に 
永く伝えて残るらん 
武士と生まれし甲斐もなく 
義のなき犬と言わるるな 
卑怯者とな謗(そし)られそ 

敵の亡ぶるそれ迄は 
 進めや進め諸共に 
 玉散る剣(つるぎ)抜きつれて 
 死する覚悟で進むべし 


https://youtu.be/4x8OZo9zb64

ちょっとカルチャーショック受けましたけど
反日や戦争アレルギー治すにはこれぐらいが
元気あっていいんじゃないですかね。


大阪城物語の原型も
抜刀隊ではないかな?






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事