全体表示

[ リスト ]

下の記事の続き、わたしの知識で書きますが
ほぼ間違いないです。
伊福部昭氏は戦前「日本狂詩曲」という管弦楽曲でチェレプニン賞というものをとり日本を代表する作曲家のひとりとなりました。
その後
情報局から樺太の林業のため「寒帯林」
陸軍省から依頼の「兵士の序楽」
海軍省からの依頼「喜志舞」
情報局からの依頼「フィリピン国民に捧げる弦楽」
といふような曲がそれぞれ作曲されましたが
伊福部先生が一般の文化人によくあるように
戦後50年ほど、これらのものは忘れ去られ封印されてきました。
伊福部さん自信、作曲家として戦争映画の音楽は一度も担当しませんでした。むしろ反戦映画、聞けわだつみの声、ひろしま、原爆の子、などの担当のかたわら、これらの勇壮なマーチは怪獣映画の自衛隊出動、などの映画に効用音楽として小出しに使われました。
このマーチがシンゴジラで再び登場したのは記憶に新しいところです。


このフィリッピン国民に捧ぐ〜
の曲がアジア解放のモチーフであり
戦後、下の日本神話のアニメ映画のメロディになったのは
偶然ではないでしょう。





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事