全体表示

[ リスト ]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ

--------------------
1114日の「虎ノ門ニュース」でケント・ギルバート氏がこのように述べた。
「安倍総理の集大成は憲法改正です。これからの任期3年間には失うものがないですから。憲法改正ともう一つ欲しいのはスパイ防止法をやってほしい」
 
この前日の1113日の「虎ノ門ニュース」では有本香氏がこう述べていた。

「オーストラリアで中国の外交官が亡命したいと言って、それが受け入れられた。その中国人が亡命した手土産として中国の情報を話し、その情報を公開したんです。

そこには『オーストラリアには5,000人の中国スパイがいる』と。すると日本のメディアがこの中国人に『オーストラリアに5,000人のスパイがいるなら日本にはどのくらいのスパイがいるんでしょうか』と言ったら、『少なくとも倍はいるでしょう』と言われた」。

すると隣にいた百田尚樹氏は「日本はスパイ防止法がないからスパイ天国や」と言った。

有本氏は「これは十数年前です」と言うと百田氏は「今のが十数年前?だったら今はもっとひどくなっているね」と返した。・・・

イメージ
--------------------
 
テレビとネットの違いはここにある。
 
テレビで「スパイ防止法が必要」「安倍政権でスパイ防止法をやってほしい」という発言は聞かない。
 
在日はじめ反日左翼がウヨウヨいるテレビ局にはスパイ防止法などが出来たら自分の身が危ないのだ。
 
だからそういう発言をする人は出演させてもらえない。
 
「言論統制」が敷かれているのがテレビ局である。
 
これは田母神俊雄元航空幕僚長から直接聞いた話であるが、テレビに出る時、局から「こういうことは言わないで下さい」と指示されると言う。それに意見を言うと「どうしても言うならどうぞ、その部分はカットしますから」と言われたという。
 
テレビというのは局の意図したものしか報道されないということだ。
 
しかしネットは出演者が言いたいことを言う。逆にはっきりものを言わないとネットを見ている方々から突っ込みが入る。
 
さて、憲法改正とスパイ防止法であるが、今、安倍政権が臨時国会で成立を目指しているのが外国人労働者受け入れの入管法改正である。
 
自民党内では今も反対する議員が多いが、国会に上げられてしまった。
 
安倍総理に近い政権側のある議員先生に直接聞いてみた。
 
「移民ともいえるこの法案を一番推し進めているのは誰なんですか?」
 
すると、「菅官房長官」と言われた。

もちろん政治であるから、その裏には連立政党や経済界がいる。その矢面に立っているのが菅官房長官なのであろう。
 
思うに、今まで以上に得体の知れない外国人が入ってくることを口実に「スパイ防止法」も同時に成立させればいいではないか。
 
国民や自民党内、そして野党(本心は賛成)も反対する中、“移民法”をごり押ししてどんどん推し進めてることができるならば、スパイ防止法もできる。
 
今、日本に一番必要なのが移民ではなく、スパイ防止法なのだから。

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
日本にスパイ防止法は絶対必要、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2



保守の会・在特会後援
「放射線防護学専門 高田純講演会」のご案内

保守の会が後援しますので、国歌斉唱、海ゆかば、教育勅語奉読から始まります。皆様のご参加をお待ちしております。

イメージ 2

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

閉じる コメント(4)

顔アイコン

転載感謝いたします。

2018/11/15(木) 午前 5:49 保守の会会長 松山昭彦

おはようございます

防諜法を制定するのに、わざわざ敵国の間者にお伺いする必要はない

2018/11/21(水) 午前 11:50 [ 土方 ]

顔アイコン

> さくらの花びらさん
こちらこそ恐縮です。

2018/11/21(水) 午後 7:13 [ いかづちまる ]

顔アイコン

> 土方さん
草はしっかり日本に根づいています。
何十万人かおる警察官は本来国家安全のためにこそ働くべし。

2018/11/21(水) 午後 7:18 [ いかづちまる ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事