転載記事 軍事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 トップニュース

<雪と闘う>
 北海道大演習場で戦闘射撃訓練 陸自7師団
(2019年1月11日~19日)

2019年2月18日更新

イメージ

 敵の陣地(中央奥)に向けて特科部隊が火力支援を行う中、白銀の大平原を敵陣に向けて突入する90式戦車など7師団の機甲科部隊(1月17日、写真はいずれも北海道大演習場で)


イメージ

 酷寒の中、目標に向けて120ミリ主砲を発射する90式戦車(1月15日)


イメージ

 「地雷原処理ローラー」を車体の前方に取り付け、地雷原を啓開する90式戦車(1月15日)
・・・他
雪原駆ける90式戦車
 【7師団=東千歳】7師団(師団長・前田忠男陸将)は1月11日から19日まで、北海道大演習場の島松地区で「平成30年度総合戦闘射撃訓練」を実施した。
 同訓練は増強戦車、普通科、偵察部隊の各級指揮官の指揮統率能力の向上と機甲科部隊の戦闘力を底上げすることを目的に実施された。気温はマイナス10度を下回る厳しい寒さの中、11普連(東千歳)、7偵(同)、71戦連(北千歳)、73戦連(南恵庭)基幹の各部隊計約1800人が各種車両500両を投入して雪上で大規模な戦闘を繰り広げた。
 各部隊は日没とともに夜間行進で敵の陣地に接近し、夜明けとともに総攻撃を仕掛けた。
 機甲科部隊は一面に広がる銀世界の中を90式戦車などで前進し、上空に・・・





 防衛関連ニュース

<雪と闘う>
 50回目の八甲田演習 陸自5普連
(2019年1月22日~24日)

2019年2月18日更新

イメージ

 八甲田雪中行軍中、銅像茶屋に建つ旧5連隊の後藤伍長の銅像に拝礼する5普連の隊員(1月23日、写真はいずれも青森県の八甲田山で)


イメージ

 男性隊員たちの中に加わり、スキー機動を行う5普連重迫中隊の女性隊員、佐々木彩水士長(1月23日)


イメージ

 深い積雪の中に雪上車も沈み、その脱出支援に当たる隊員たち(1月23日)
・・・他
 【5普連=青森】5普連は1月22日から24日まで、青森市内の八甲田地区で50回目となる厳冬期の「八甲田演習」に臨み、女性自衛官5人を含む隊員約600人が参加した。
 初日は幸畑陸軍墓地で参拝行事を実施。連隊長の古賀博彦1佐以下の隊員たちが明治35年1月の同地での旧5連隊の雪中行軍中に起きた遭難事故で殉職した199柱の英霊に対し、5連隊の伝統の継承、部隊のさらなる精強化、演習の完遂を誓った。
 翌23日、午前8時38分から部隊は八甲田山の小峠からスキーを使った行進をスタート。隊員たちは約20キロの装備を身に付け、装備品を積んだ80キロのアキオ(ソリ)を曳行し、・・・





 防衛関連ニュース

全自美術展 絵画・写真・書道 3部門の入賞者表彰
(2019年1月29日)

2019年2月18日更新

イメージ

 全自美術展の表彰式で、事務次官代理の岡人事教育局長(左)から「絵画の部」における「内閣総理大臣賞」を授与される永井利弘3陸佐(中央)=1月29日、防衛省で
永井3佐らに総理大臣賞
 「平成30年度全自衛隊美術展」(防衛省主催、防衛省共済組合協賛)の表彰式が1月29日、防衛省で行われ、盒胸務次官代理の岡人事教育局長から「絵画」「写真」「書道」の3部門の受賞者に表彰状とトロフィーが贈られた。
 式には各幕僚長代理の本松統、山村海、荒木空の各幕僚副長と、冨樫陸幕人事教育部長らが立会した。
 岡人教局長はあいさつで、「全自衛隊美術展は昭和33年に第1回が開かれ、今回が第38回と、防衛省・自衛隊にとって非常に歴史ある美術展です。今回は各部門合わせて106点の応募があり、いずれも非常に力強く優秀な作品の中から厳正な審査を経て、皆さんの作品が選ばれました。美術作品は・・・
 「平成30年度全自美術展展示会」は2月26日から3月4日まで(開庁日)、防衛省の厚生棟多目的ホールで開催される。





 防衛関連ニュース

日米豪共同訓練「コープ・ノース・グアム」に空自が参加
(2019年2月7日~3月19日)

2019年2月18日更新
 米グアムのアンダーセン空軍基地とその周辺空域などで行われる日米豪共同訓練「コープ・ノース・グアム」が2月7日から始まった。3月19日まで。
 訓練は日米の共同対処能力、部隊の戦術技量、3カ国の相互運用性の向上を目的に実施。空自からはF15、F2戦闘機などと隊員約480人が参加している。戦闘機部隊の共同訓練のほか、日米豪人道支援・災害救援(HA/DR)共同訓練も実施される。
 空自は・・・




 防衛関連ニュース

2月23日に岩国で日米交流合同コンサート

2019年2月18日更新
 山口県岩国市の「シンフォニア岩国」のコンサートホールで2月23日(土)午後2時〜4時15分まで、「日米交流合同コンサート」が開かれる。出演は岩国市立岩国小学校、大竹市立小方小学校、和木町立和木中学校、周防大島町立久賀小学校、イワクニ・エレメンタリースクール、イワクニ・ミドルスクールなど。
 問い合わせは、中国四国防衛局地方調整課(082―223―7153)まで。




転載元転載元: 電脳工廠・兵器(武器,弾薬)庫

自衛隊巡り(in百里)

説明不要の百里基地航空祭に行ってきました
そして、最早説明するまでもあるまい、ファントムおじいちゃん😊
イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

飛翔するファントムおじいちゃん😊
しかし、これがスマホのカメラの限界
イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

地上展示です
イメージ

イメージ

イメージ

転載元転載元: hij*****のブログ

先日の大洗の艦艇公開から護衛艦「やまぎり」が、母港の横須賀に戻ってきました。
イメージ

イメージ

107は護衛艦「いかづち」です。
イメージ

イメージ

潜水艦も一緒です。生憎数字が確認出来なかったのですが…
イメージ

転載元転載元: hij*****のブログ

みたままつり

最後は九七式中戦車です
イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ


全ては撮影出来ませんが、取り敢えず撮影可の場所だけ、可能な限り撮影してみました。
今日の我々があるのは、ここ靖国神社に祭られている神様達のお陰です
英霊達に敬礼("`д´)ゞ

転載元転載元: hij*****のブログ

 トップニュース

米インド太平洋軍司令官、着任後初来日
首相、防衛相、統幕長らと会談
(2018年6月21日、22日)

2018年7月2日更新

イメージ

 米インド太平洋軍司令官に就任後、初来日したデービッドソン海軍大将(左)を握手で出迎える小野寺防衛相(6月21日、防衛省で)


イメージ

 米インド太平洋軍司令官に就任後、初来日したデービッドソン海軍大将(左)とうち解けた様子で会談する河野統幕長(6月22日、防衛省で)
 小野寺防衛相は6月21日、先月30日に新たにハワイの米インド太平洋軍司令官に就任したフィリップ・デービッドソン海軍大将の表敬を受け、防衛省で会談した。同司令官はハリス前司令官(次期駐韓米大使)の後任で、前職は海軍艦隊総軍司令官。着任後、海外での2国間会談の初訪問地に日本を選んだ。
 小野寺大臣は、司令官就任に祝意を述べた後、北朝鮮問題に触れ、「北朝鮮は米朝首脳会談の後、具体的な形で非核化を含めた行動には出ていない。我々は注意深く見守る必要があり、そのためには日米の連携が大変重要だ」と訴えた。
 これに対し、デービッドソン司令官は「日米同盟はインド太平洋地域の平和と安定の礎であり、・・・





 防衛関連ニュース

インドで日印次官級「2プラス2」
(2018年6月19日)

2018年7月2日更新
 日印両政府は6月19日、外務・防衛次官級協議「2プラス2」をインドで開き、両国が連携を強化して地域の安定と繁栄、開かれた海洋の確保に向けて取り組んでいくことで一致した。
 今回で5回目となる協議には、日本から真部朗防衛審議官、森健良外務審議官、インドからはサンジャイ・ミトラ国防次官、ヴィジャイ・ゴーカレー外務次官らが出席した。
 両国は互いを「特別戦略的グローバル・パートナー」と位置付けており、引き続き、我が国の「自由で開かれたインド・太平洋戦略」と、インドの「アクト・イースト」政策を・・・






 防衛関連ニュース

新型救難ヘリ「UH60JⅡ」
視認性、安全性が向上 空自航空救難団

2018年7月2日更新

イメージ

 UH60JⅡ救難ヘリの外観。空中給油用の「受油装置(プローブ)」が機首前方に突き出ている(写真はいずれも6月2日、入間基地で)


イメージ

 「グラスコックピット」を解説する杉本1尉。飛行中は画面に地図情報が表示され、ヘリの飛行位置を容易に把握できる
・・・他
機能・装備を4点追加
 航空救難団は6月2日、空自に導入中の新型救難ヘリ「UH60JⅡ」を報道陣に初公開した=6月14日付既報。同機に新たに付加された機能・装備は、(1)グラスコックピット(2)ワイヤーカッター(3)IR(赤外線)サプレッサー(4)デュアルホイスト(予備ホイスト)――の4点で、その新装備の概要について同機のパイロットらに聞いた。(文・写真 菱川浩嗣)

グラスコックピット
 「UH60JⅡ」のコックピットに入り、まず目に入るのがずらりと横に並んだディスプレーだ。これはC2輸送機など新型機に導入されているのと同じグラスコックピット。画面に地図情報などが大きく表示されることで、飛行中のパイロットは正確に自機の位置を把握できる。救難捜索任務は昼夜を問わず行われるため、この地図表示機能の恩恵は非常に大きい。
 「グラスコックピット化により、パイロットは画面を見ながら運航できるようになりました。以前は計器類が見づらい面もありましたが、JⅡでは容易に認識できます。画面は操縦者の見やすい位置に入れ替えることもでき、とても便利です」と救難教育隊(小牧)のパイロット、杉本啓晶1尉は話す。

ワイヤーカッター
 低空での救難作業中、ヘリにとって脅威となるのが電線だ。ローターに絡まった場合には墜落事故にもつながりかねない。その危険性を・・・





 防衛関連ニュース

<技術が光る(72)>
 冷却下着ベスト型/帝国繊維
 冷水チューブで服の内側を冷却

2018年7月2日更新

イメージ

 ベストの内部に冷水チューブが張り巡らされた「冷却下着ベスト型」。腰に下げる小型バック内に電動ポンプが入っている
 自衛隊は国内外問わず活動し、ソマリア沖・アデン湾の海賊対処活動では、陸・海自隊員が東アフリカのジブチに展開。同地は最高気温が50度を超えることもあり、隊員たちは過酷な環境下でP3C哨戒機の運用などに当たっている。
 また、夏場にCBRN(化学・生物・放射能・核)テロが発生すれば、化学科の隊員は猛暑の中でも防護服を着用して除染活動などに従事しなければならない。ここで隊員たちの〝最大の敵〟は熱中症だ。
 そんな中、頼もしい〝助っ人〟が現れた。日本ユニフォームセンター(東京都港区)と帝国繊維(同中央区)が共同開発した「冷却下着ベスト型」がそれだ。
重ね着可能な薄型・軽量ベスト
 同製品は宇宙航空研究開発機構(JAXA)が保有する次世代先端宇宙服の技術を民間用途に転用して作られたもの。ベストの内側にチューブを通し、その内部に冷水を流すことで体温の上昇を抑える仕組みだ。
 「ベスト本体には、島精機製作所が保有するホールガーメント製法を採用しています」と語るのは帝国繊維の防護衣料グループ課長の高津衛さん。「繊維を立体的に編み上げることで、・・・





 防衛関連ニュース

<世界の新兵器>
 極超音速巡航ミサイル「ジルコン」(露)
 NATOの防空網も突破可能か

2018年7月2日更新

イメージ

 軍用機の翼下に搭載されたロシア軍の極超音速巡航ミサイル「ジルコン」(ロシアのウェブサイトから)
 ロシアのプーチン大統領は今年の年次教書演説で新型兵器について述べ、北大西洋条約機構(NATO)の防衛は「完全に無力化される」と、ロシアの軍事力を世界に誇示した。
 演説の中でプーチン大統領は、ロシアが新たに開発した核搭載が可能な巡航ミサイルについて、「無制限の射程」を持ち、「(欧米の)対空システムを突破できる」と強調した。このミサイルこそ、ロシアの極超音速巡航ミサイル「3M22 ジルコン」である。これまでロシアの報道で伝えられている性能は「マッハ5〜8、射程は数百〜1000キロ」で、その種類は「対艦攻撃用」とされている。
 一般に巡航ミサイルはロケットまたはジェットエンジンを噴射し続けて飛翔するが、マッハ5以上の極超音速は従来型のジェットエンジンでは達成が困難である。このため、マッハ8の速度を得るには「・・・





 防衛関連ニュース

<防衛トピックス> ―海外―
 新型上陸用舟艇をイタリア海軍建造

2018年7月2日更新

イメージ

70トンの輸送能力
 イタリア海軍は新型の機械化上陸用舟艇「LC23」型=写真=4隻の整備を進めている。
 輸送能力や装甲性能が高められた同艇は、輸送艦などから発進し、海から砂浜にそのまま乗り上げ、車両や兵員を揚陸させることができる。
 全長23メートル、幅6.6メートル、満載排水量110トンで、輸送能力は70トン。5両の高機動車または兵員300人を一度に運べる。乗員4人で運用でき、最大速力は22ノット(40キロ)。2022年の就役が計画されている。




転載元転載元: 電脳工廠・兵器(武器,弾薬)庫

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事