乗り物

新幹線、電車、航空機及び船舶などをテーマに掲載

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

McDonnell Douglas MD-90

イメージ 1
(新潟空港にて撮影(JAL McDonnell Douglas MD-90 JA8065))
 
McDonnell Douglas MD-90
 McDonnell Douglas MD-90は、マクダネル・ダグラス社(McDonnell Douglas)が開発・製造した双発リアエンジンの大型短距離ジェット旅客機である。標準的な機体では、座席数が166席程度となっている。
 McDonnell Douglas MD-90は、ダグラス・エアクラフト社(Douglas Aircraft Company)のDC-9の発展型であり、1989年から開発が開始され、1993年に初飛行及び製造が開始された。
 McDonnell Douglas MD-90の路線就航は1995年からであるが、前シリーズのMD-80の様な人気は得られず、MDシリーズ中最少生産数(117機)となった。
 なお、マクダネル・ダグラス社(McDonnell Douglas)は、1997年にボーイング社(The Boeing Company)に吸収合併されている。
 機体の仕様は、32.87m(全幅)、46.50m(全長)、9.40m(全高)、エンジンの仕様は、IAE V2525-D5(ターボファン)×2、11,339kg/基となっており、巡航速度は約815㎞/h、航続距離は約2,330kmとなっている。
 また、特徴としては、高効率な主翼とT字型尾翼、及び胴長な機体のナローボディ旅客機である。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事