ゴジラのたまご

春よ来い、早く来い、鯉。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

Dominique (ドミニーク)のスタジオを紹介してくれたのは、Mr. Ferrier の奥さんです。

『沢山、賞を貰っている人よ。こちらよ。』 と、Dominique の部屋まで連れて行ってくれました。(と言っても、スタジオ・アトリエが3つほど離れているだけでしたが。)

私達を Dominique に引き渡して、奥さんはスタジオを出て行きました。

Dominique は、とってもチャーミングな人でした。

自分はフランスのニース生まれ。息子が3人いる事。ご主人の仕事が決まったのでアメリカに来た。そして、離婚した事。

とても明るい人です。(たぶん離婚して清々してる?ふふふ。)

そして、アメリカはもとより、スペイン、モナコ、フランス、ドイツ、スイス、イタリア、中国、そして、日本でも展示しており、世界に名前が知られるまでの芸術家になったそうです。これまでに多くの賞を勝ち取り、日本では、Excellent Art Prize (どんな賞か分かりませんので、英語でそのままにします。)を受けたそうです。

とっても気さくに私達と会話してくれました。

日本には二度行ったそうです。(もし、Dominique と一緒に日本に行く事になったとしたら色んなところを案内してあげたいなと思える人でした。私はイナカッペで充分案内出来る自信は全くなしですが、、、。)

Dominique の作品は、色の爆発と思えるような力強い作品が多かったと思いました。彼女はとても小柄なのですが作品はとても大胆、そんな彼女に魅力を感じました。

私のお願いで、ブログ用の写真の為に Dominique が選んだのは、ゴッホのひまわりを思い起こさせるような花のモチーフの作品でした。(賞を貰った作品だそうです。)

私が彼女の作品を充分理解しようと思ったら、彼女の作品を一杯見る事かな、と、思いました。

すべての抽象画の鑑賞の仕方がいまだにつかめませんから。

次回、WAS を訪ねたら、又 Dominique のスタジオに伺いたいと思っています。

ーーーーーーーー
Dominique Boutaud
International Artist Painter
Art Teacher
Web site: dominiqueboutaud.net
ーーーーーーーー

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事