全体表示

[ リスト ]

ゴボウの種、膵臓がん増殖抑制…臨床研究へ

4月25日9時56分配信 読売新聞
 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は、漢方薬の解熱剤などに使われるゴボウの種子「牛蒡子(ごぼうし)」に、抗がん剤が効きにくい膵臓(すいぞう)がんの増殖を抑える作用があることを、マウスの実験で突き止めた。

 患者を対象に臨床研究を行い、新しい治療法の実現化を目指す。

 がん細胞のうち、酸素や栄養分が少ない環境で生き残るタイプは、抗がん剤が効きにくく、がん再発の原因になる。江角浩安院長らは、酸素や栄養分が少ない環境で培養したがん細胞に、牛蒡子に含まれるアルクチゲニンを加えると、がん細胞が激減することを発見。膵臓がんのマウスは通常、生後55日ですべて死ぬが、牛蒡子を1回50〜100マイクロ・グラムずつ週5回投与すると、生後100日を過ぎても半数が生き残った。

 江角院長は「膵臓がんの患者にも効果があるか、早く検証したい」と話している。
 
僕も成分を調べてみましたが、アルクチゲニンミノフォスシドと物質が効果があるようです。
薬にして飲むよりも、ご家庭ですり鉢ですって飲むのが一番だと思います。
マウスで50〜100μgなので人で言えばbっその30倍はとらなければならないのですが。。
いたって簡単です。店に売っているこぼうの種1袋を半分の量でOKです。
注意して欲しいのは煎じてはいけません。アルクチゲニンミノフォスシドは熱に弱いですので効果が半減します。
すい臓がんだけでなく糖尿の膵臓強化にも役に立ちます。
下手な抗がん剤より食事療法として取り入れてみたらいかがでしょうか?
ちなみにこの記事ブログで満載ですが効用効果、成分を示してるのはこのページだけです。
薬がジェムザールしか選択余地のない日本。。TS-1も効果は薄いし。
ごぼうの種を試してみるのもいかがでしょうか??

閉じる コメント(4)

へぇ〜〜〜そうなんですか??
膵臓癌に効くなんて・・・朗報ですね(*^^)v

2010/4/28(水) 午後 11:21 カンカン

顔アイコン

リラクルハンド5月イベント発表!
もう新規でご来店された方も、うれしい情報
10日迄にご来店されたお客様には、500円割引チケットがついてくる。是非、ご来店を楽しみに待っております。
リラクルハンド

2010/4/28(水) 午後 11:44 [ リラクルハンド ]

カンカンさん
すい臓がん手のくだしようがあまりないので、これは朗報ですね。
ごぼうの種安いし、糖尿にも悪くないし。

2010/4/29(木) 午前 7:04 あっきー☆

顔アイコン

癒し整体リラクルハンド博多駅前店さん
時間があったら来ますね☆それにしても安いですね♪

2010/4/29(木) 午前 7:05 あっきー☆


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事