こころのおはなし

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

今ホテル日航福岡にいます。今日は遊びできました☆
 
もう抗うつ剤の副作用のコメントおおいですねー。
 
一番多いといっても過言ではないです。
ちょっと説明しますね。今回はSSRIをひとまず置いておきまして、特に「三環系」の抗コリン作用についてです。
一番気をつけなければならない副作用の一つでもあります。
 
「三環系抗うつ薬」は、古くから使われてきました。症状を改善する効果がもっとも強く、重度のうつ病、自殺の危険がある、という場合に、よく利用されます。
しかし副作用も強く、身体の衰弱が激しい場合、高齢者に対しては、薬理的効果と副作用のバランスを充分考慮する必要があります。
抗うつ作用よりも副作用の方が先に出るという欠点もあり、服用時には注意が必要です。
「三環系抗うつ薬」でも、第二世代に属するものは、副作用が少なく、即効性の面でも優れています。

副作用には、排尿困難便秘眠気かすみ目めまい血圧低下など、さまざまなものがあります。口が渇いて、嚥下障害(飲み込みづらいこと)が起ることもあります。心機能障害が起ることがあるので、心臓を含めた循環器に病気を持つ人は注意が必要です(必ず医師に伝えましょう)。

これらの多くは、「三環系抗うつ薬」が持つ「抗コリン作用」によるものです。
「抗コリン作用」というのは、重要な神経伝達物質の一つである「アセチルコリン」の作用を妨害する、という意味です。
「アセチルコリン」は、神経と神経、神経と筋肉の情報伝達で使われています。この作用が妨害されるため、さまざまな神経や筋肉に関わる症状が出てくるわけです。

ただし、「抗コリン作用」は、抗うつ薬特有の副作用というわけではありません。
薬局でふつうに市販されているカゼ薬咳止め薬胃腸薬などの多くにも、「抗コリン作用」があります。
何かの病気の治療中、医師から薬を処方されている場合、勝手に市販薬を飲んではいけないというのは、副作用を強めてしまう可能性があるからです。
上記の症状のなかで、特に排尿困難や嚥下障害が起ったときは、そのままでは危険ですので、すぐに医師に知らせる必要があります。
 
もし、この薬のこういう点にきになるという方がいらっしゃったら、内緒コメントでゲストブックにお願いします。
何というか。。気になりますね。
 
僕も2002年の日韓ワールドカップ(日本ベスト16、韓国ベスト4)
 
もうこのころは僕も25歳で、僕の家でどんちゃん騒ぎです(笑)
 
 
それはいいとして。。不眠症の薬特集しますね。
 
「こころのおはなし」に入れておきます☆
 
 
 
<不眠症とは>

不眠症で悩んでいる人は日本人の5人に1人の割合だと言われています。

特に中年以降になるとその割合は高くなってきます。


では、どういう症状が不眠症だと言われているのでしょうか?

不眠症とは睡眠時間の長さではなく、目覚めた時にだるさや、眠気があり、日常生活を行っていく上で支障をきたしてしまう程度によって判断されます。

http://www.fuminshotaisaku.com/pic1.jpgですから睡眠時間がたとえ長くても起きた時の状態がまだ眠かったり、だるさがあるようだと不眠といえるでしょう。逆に睡眠時間が短くても目覚めが爽快であれば不眠ということにはなりません。

つまり時間ではなく目覚めた時の不快感によって、判断されるということになります。


そうならないためには、どれだけ時間ではなく眠りの質を高めることができるのかが大切になってくるといえるでしょう。




<不眠症の原因>

不眠の原因になっているのは主に次の5つが挙げられます。


1.身体の不調が原因

咳や喘息、あるいは熱やかゆみなど体調を崩していることや身体的不快が原因によって起こる不眠です。また最近よく話題にされる突然呼吸がしばらく止まってしまう睡眠時無呼吸症候群なども挙げられます。

これらの原因の不眠症はその病気を治療することが必要になってきます。


2.環境変化が原因

旅行で時差がある場所で眠れなくなったり、枕が変わって眠れなくなったり環境の変化が原因によって起きる不眠です。また暑さや騒音、明るさなどの影響で眠れなくなってしまう場合もあります。


3.精神的ストレスが原因

悩みやイライラ、極度の緊張から精神的にストレスがたまるなどの原因で眠れなくなってしまう不眠です。人間誰にもストレスは多かれ少なかれありますが、そのストレスが過剰になってしまうと不眠症になってしまいます。


4.心の病気が原因

精神的ストレスが更に大きくなり、うつ病などの精神疾患が原因による不眠です。うつ病と不眠症は関係が深く、うつ病の症状の一つに不眠が挙げられます。この場合は心療内科などの専門医の治療を受けることが必要です。


5.薬やアルコールが原因

薬の副作用やアルコール、カフェインの摂取が原因によって起きる不眠です。薬やアルコールは眠れなくなった時に飲む場合がありますが、薬やアルコールは慢性的になってくると次第に摂取量も多くなってしまい悪循環となってしまいます。


不眠症で悩んでいる場合はこれらの原因をチェックしてみることが必要です。


http://www.fuminshotaisaku.com/pic3.jpgこれらの原因でも多いのが、精神的ストレスで起きる不眠症です。数日間でストレスや緊張が和らぎ眠れるようになってくる一過性の不眠であれば良いですが、1ヵ月以上続いてしまう長期性の場合は専門医の治療を受けるのが望ましいでしょう。

不眠が原因で更に喘息、心不全などの内科的病気にもなってしまう可能性がありますから早期に医師に相談されることが必要です。
不眠症からうつに発展するので気をつけましょう。
 
 
wikiより引用
 
不眠症(ふみんしょう:insomnia)とは平常時と比較して睡眠時間が短くなり、身体や精神に不調が現れる病気である。睡眠障害の一種である。
 
治療 [編集]
薬物療法とともに非薬物療法を行う。
不眠症治療の為に患者が受診する診療科としては主に内科精神科心療内科神経内科等)が挙げられる。精神科に対するイメージ的なものもあって、内科医に受診し処方箋を出してもらう者が多く見受けられるが、心理的要因が原因である場合には、実際には精神科医を受診した方が、診察・カウンセリング・投薬治療などでより適切かつ効果的な処置を受けられることも多い。また、精神科の医院・クリニックの中には不眠症専門外来を設けている所もある。
    ※睡眠薬には習慣性があるので、医者の診断の下で服用すること。
    ※医者や薬剤師の指示を守り、勝手に中断しないこと。
  • 非薬物療法
    • 起きたら太陽の光を浴びること(体内時計を毎日正しくセットする)。
    • 夕方以降は激しい運動をしない(神経を高ぶらせる)。日中の適度な運動は不眠症に効果的。
    • 寝る直前にストレッチをする(やりすぎると上の例のように神経を高ぶらせるので注意)。
    • 眠くなってから床に就く。就床時刻にこだわりすぎない。
    • 温かい牛乳を寝る前に飲む。
    • カフェイン(お茶・コーヒー・チョコレート・コーラ)などの刺激物を制限する。または摂らない。
    • 禁煙する(寝ていてもニコチンが切れると神経が高ぶる)。
    • ゲーム・テレビ・インターネット・音楽などは脳への刺激が強いので寝る1時間前にはしない。
    • 暑ければ部屋を涼しくし頭を冷やす(首は冷えると頭が冴えるから逆効果)。
    • 筋弛緩トレーニング
    • 睡眠導入剤の代わりの寝酒は、不眠のもとになるので避ける(睡眠が浅くなる。耐性により量が増えてゆく)。
    • 寝具特に枕を変える。
    • 寝る前には楽しいことだけをする。
※マッサージが有効、3−5回で効果あり、暫く続けるのが良い。
 
 
 
 
薬について僕のブログから引用☆
 
簡単に♪詳しく知りたい方は精神系を見てください。
 
不眠は誰にもおこることなのであまり気にしないことが寛容と僕は思います☆
(あまりす先生のページより:コメントは僕にはいりません)
 
 
最近のネットの記事で読んだのですが。
 
最近、“グーグル症”と呼ばれる患者が増えているらしいですね。
 
 
すなわち、体調が悪いと感じた人が、思いついたキーワードを使って
 
インターネットで検索した結果、誤った自己診断をしてしまうことを呼ぶようです。
 
 
勝手に「自分は重病だ」と思い込んでしまったり。
 
医師の診察を受けても「ネットで調べた治療方法と違う」と信用しない
 
なんてこともあるとか。
 
 
 
例えば首のリンパ腺が腫れている患者が外来へ来たら、
 
医者ならまずウイルス性疾患などの感染症を疑いますよね。
 
のどの扁桃腺などが炎症していることが多いのです。
 
 
ところが、検索サイトに「首、リンパ腺、腫れ」などと入力して検索してみますと、
 
「悪性リンパ腫」、「白血病」、「リンパ節結核」などと言った病名も出てくるわけですよ。
 
 
患者は「自分がこんな病気だったら」と不安に駆られてしまい、
 
医師が正しい診断を下しても納得せずに、別の検査を求めることもあるようですね。
 
 
 
まあ、私も数年前まで臨床をやっておりましたが、
 
“グーグル症”なんて名前をいまさら付けなくとも、こういうことは以前からありましたよ。
 
 
たとえば、神経内科領域では筋萎縮性側索硬化症(ALS)という病気が
 
一番最悪な疾患なんです。
 
全身の筋肉がだんだん萎縮してきて、そのうちに食事を飲み込めなくなる。
 
呼吸もできなくなって、人工呼吸器装着になってしまいます。
 
現在のところ、原因も分からないし、治療法もありません。
 
 
以前でしたら、こんな疾患を疑わせる患者さんが来られても、
 
ただちにそんな病気の疑いがあるとは知らせないで、いろいろと検査を進め、
 
最終的に診断がほぼ確定したら、ゆっくりと告知をいたしておりました。
 
ところが、最近では患者さんの方が先にその病名を口にされますから。
 
 
こういう病気に対しては、保険診療はできないが、
 
自費診療で、試験的な治療法を試みられているところとか、
 
民間療法的なことを行っておられるところもあります。
 
患者さんはそういうところもよく調べられて、遠いところまでよく行っておられるようですね。
 
まあ、自分の身体のことですから、別にかまいませんが。
 
 
ただ「私がネットで調べた治療法と違うから、治るのが遅いんじゃないですか」と
 
文句を言うとなりますと、医者としては困りますよ。
 
 
 
また、ネットだけではなくて、テレビの影響も大きいです。
 
医者の言うことよりも、み○もんたの言うことの方を信用するなんて患者さんは
 
いつもでしたから (笑)。
 
 
最近の臨床の先生たちはたいへんですね。
 
私は早く引退してよかったですよ。
 
 
 
 
 
あまりす先生ありがとうございました☆
僕も最初これかなー?と思ってたら軽うつでした(2年前)
 
判断が難しいです。正直。精神科のベテランでも苦戦するでしょう
 
簡単に記事にしてみたいと思います
 
【症状】
■頭---------頭痛、頭重感、偏頭痛、筋緊張性頭痛
■眼---------眼精疲労、まぶたの痙攣、ドライアイ(目の乾き)、疲れ目、なみだ目、目が開かない
■耳---------耳鳴り、耳の閉塞感、
■喉---------喉の異物感、喉の圧迫感、喉のイガイガ感、喉の詰まり
■口---------口の乾き、口中の痛み、味覚異常、唾液が出すぎる
■心臓・血管系・循環器系
動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、全身ののぼせ、全身の冷え、冷えのぼせ、全身のほてり、全身のしびれ、血圧の変動、息切れ、呼吸困難、息苦しさ、手足のほてり、手足の冷え、体のふらつき、手足のしびれ、多量の発汗、寒気、高血圧、低血圧、不整脈、胸痛
 
■消化器系
慢性胃炎、神経性胃炎、過敏性腸症候群(下痢と便秘をくりかえす)、下腹部の張り、食欲低下、食欲不振、過食、拒食、食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる、胃痛、胃重
 
■呼吸器系----過呼吸症候群 、息苦しさ、息が詰まる、息ができない、酸欠感、息切れ
■皮膚--------皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ、多汗、汗が出ない、冷や汗
■泌尿器------頻尿、尿が出にくい、残尿感
■生殖器------インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順、外陰部のかゆみ
■首・肩・背中--首・肩・背中のこり、首・肩・背中の痛み、首・肩・背中の張り
■筋肉・関節---筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ、力が入らない
■手足--------手の痛み、足の痛み、足のふらつき、大量の発汗
■全身--------微熱、だるい、倦怠感、疲れやすい、疲労感、力が入らない、起きられない、大量の発汗、冷や汗、震え
 
【簡単に:wikipediaより】
自律神経とは血管リンパ腺内臓など自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経である。
交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをし、副交感神経は交感神経とは全く逆の働きをする。人体ではおよそ12時間交代でこの二つの神経の優位が入れ替わるとされているが、夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、自律神経失調症となるとされている。
人間不信に陥る、等の症状も稀に見られる為、体の不具合を訴えても、精神症状は隠そうとする場合がある。
そうすると”仮病”と周囲に認識され、この状態の悪連鎖になり、うつ病になる可能性も出てくる。
自律神経の中枢は脳の視床下部というところにあり、この場所は情緒、不安や怒り等の中枢とされる辺縁系と相互連絡していることから、こころの問題も関わってくる。
 
【改善法】
多くの患者は内科ではなく心療内科神経科に通院する。治療には抗不安薬やホルモン剤を用いた薬物療法や、睡眠の周期を整える行動療法などが行われている。最近では体内時計を正すために強い光を体に当てる、見るなどの療法もある。
 
【僕の経験的に】
特に心理的ストレスは自律神経のバランスに大きな影響を及ぼし、自律神経失調症の発症に深く関わっています。 ので、心理面でのケアは治療法として重要な役割を持っているのです。 心理療法にも幾つかあります。
カウンセリング、認知行動療法、森田療法等。。
まだまだいろいろありますが、その中でも催眠療法自律神経失調症の治療に抜群の効果を発揮します。
 
【薬について】
気になる方はコメント内緒(ゲストブック)に☆
以前パキシルを記事にしましたが、ジェイゾロフトについて知りたいというコメントが多かったので簡単に紹介します。ベースはSSRIで、ここ最近多く使われてますが、僕的には躁転しやすい薬という印象でが強く、使用には注意が必要です。でもよく効く薬でもあります。
「こころのおはなし」に入れておきますね♪
 
 
 
【働き】
http://www.interq.or.jp/ox/image/dot/dot.gif気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れない・・そんなこじれた心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けます。また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にします。うつ病のほか、いろいろな心の不具合に応用されます。
 
【薬理】
http://www.interq.or.jp/ox/image/dot/dot.gifセロトニンは、気分にかかわる神経伝達物質です。このお薬は、セロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害します。これにより、脳内シナプス間隙のセロトニン濃度が高まり、神経の伝達がよくなります。結果として、うつ状態が改善され、気分が楽になると考えられます。セロトニントランスポーターにだけ結合し、その他の受容体にはほとんど作用しないので、抗うつ薬特有の副作用も少ないです。このような作用特性から、「選択的セロトニン再取込阻害薬(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)」と呼ばれ、SSRIと略称されています。
詳しくは精神系記事、SSRIをご覧下さい。
 
【薬理学のページより引用:特徴】
 
国内3番目の選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)です。セロトニン系の神経にだけ選択的に働くのが特徴です。この特性により、従来の抗うつ薬に多い口の乾きや便秘、心毒性などの副作用が軽減されています。従来品とは違う新しいタイプなので、第3世代の抗うつ薬とされます。うつ病の主要薬として広く処方されるようになりました。 セロトニン再取り込み阻害作用は、他の同類薬より強力です。抗うつ作用と抗不安作用をあわせ持つので、うつ病に加え、パニック障害にも適応します。また、血中濃度半減期(約23〜24 時間)が長く、1日1回の服用で済む点も便利です。飲み合わせに関係する性質として、他のSSRIが関与する肝薬物代謝酵素CYP2D6に対する阻害作用が弱いとされます。 まれな例ですが、人によっては精神的変調をきたすとの報告があります。衝動的になったり攻撃性があらわれ、かえって悪い結果をまねくおそれがあるのです。また、退薬症状(離脱症状)を起こすことがあるので、中止のさいは徐々に減量するなど注意が必要です
 
【適用】
http://www.interq.or.jp/ox/image/dot/dot.gifうつ病・うつ状態、パニック障害。
http://www.interq.or.jp/ox/image/dot/dot.gif
【応用】
http://www.interq.or.jp/ox/image/dot/dot.gif摂食障害、過食嘔吐、月経前不快気分障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害など、いろいろな心の不具合に応用されることがあります。
【薬剤師専用ホームページより引用:用量】
通常、成人はセルトラリンとして1日25mgを初期用量とし、1日100mgまで漸増し、1日1回経口服用する。なお、年齢、症状により1日100mgを超えない範囲で適宜増減する。
 
 
【セルトラリンのホームページより引用:副作用】
比較的安全性の高い抗うつ薬です。従来の薬に多くみられる口の乾きや便秘などの不快な副作用も少なくなっています。飲み始めの吐き気はたいてい2週間くらいで軽くなりますが、ひどいときは医師に相談して対策を考えてもらうとよいでしょう。その後の副作用はわりと少なく、長期の維持療法にも適します。

多くはありませんが、人によってはかえって神経過敏になり、不安感を生じたりイライラ・そわそわ落ち着かない気分になることがあります。さらに衝動的な行動につながるおそれもあるようです。このような精神的変調も服用開始時に多くみられる症状ですので、あまり心配せず医師とよく相談してください。

重い副作用は頻度的にほとんどありませんが、この系統(SSRI)の特異な副作用として「セロトニン症候群」があります。万一のことですが、念のため頭に入れておいたほうがよいでしょう。混乱状態、発汗、体のぴくつき、ふるえ、けいれん、発熱といった症状があらわれます。なにか普段と違う「おかしいな」と感じたら、すぐに医師に連絡してください。

http://www.interq.or.jp/ox/image/dot/dot.gif
【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • セロトニン症候群..不安、焦燥、興奮・混乱・もうろう状態、取り乱す、幻覚、発汗、体のぴくつき、ふるえ、けいれん。
  • 悪性症候群(Syndrome malin)..急激な体温上昇、筋肉のこわばり、体の硬直、発汗、ふるえ、意識がはっきりしない。
  • けいれん、昏睡..筋肉のぴくつき、筋肉の硬直、手足けいれん、全身けいれん(ふるえ、白目、硬直)、混乱・もうろう状態、意識がなくなる。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)..だるい、のどが渇く、頭痛、吐き気、けいれん、意識もうろう、気を失う。
  • 重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
  • アナフィラキシー様症状..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい(ゼーゼー)。
  • 吐き気、食欲不振、口の渇き、便秘、下痢
  • 眠気、めまい、頭痛、だるい、ふるえ
  • 不安感、イライラ感、混乱、不眠
  • 尿が出にくい、動悸、目がかすむ・まぶしい
  • 発疹、性機能異常、出血傾向
 
 

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事