壱岐市マグロ資源を考える会 公式ブログ

「壱岐市のマグロ漁は、マグロ資源の現状に配慮し、資源にやさしい持続可能な漁法(1本釣り)により行っています。」

活動内容

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 427日(木)、水産庁と未成魚の漁獲制限問題に関する意見交換ならびに、佐藤一雄水産庁長官、長谷成人水産庁次長に現状説明と要望書を提出しました。
 
 今回、谷川弥一代議士はじめ、お世話になった皆様ありがとうございました。
 
沿岸漁業者が、安心・納得して資源管理に取り組みながら、持続可能なマグロ漁ができるよう、今後ともよろしくお願い致します。

イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【WCPFCステークホルダー会合終了】
今回、壱岐市マグロ資源を考える会は、WCPFC、ISC、ステークホルダーの皆様に、特に日本海の産卵期・産卵場における現状を説明し、以下の提案をさせていただきました。

①WCPFC海域における産卵期・産卵場で毎年行われている産卵群を対象としたまき網漁法について、科学的根拠に基づいた漁獲制限あるいは禁漁の実施が必要です。

②WCPFCにおいて、同海域における産卵期・産卵場のあり方、とりわけ、管理方法について、どのように管理することが望ましいのか議論がなされるべきであり、早期に議論していただきたい。

③ISCにおいて、今回のシナリオ分析だけではなく、例えば、日本海の産卵期に行われているまき網漁法を禁漁とした場合や適切な量に制限した場合のシナリオ分析というものも追加していただきたい。

会議の内容につきましては、改めてUPさせていただきます。
イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

太平洋クロマグロ ステークホルダー会合 最終日です。
昨日は、発言する機会を与えていたき、いろいろとコメントや質問をするとこができました。
太平洋クロマグロが早期に回復することを、私達は望んでいます。
イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

太平洋クロマグロ ステークホルダー会合 2日目

いろいろと、発言させていただきます。
発言内容につきましては、後日公表させていただきます。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

25日〜27日まで開催されている『太平洋クロマグロ ステークホルダー会合』に参加しています。

まもなく始まります。

イメージ 1
イメージ 2



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事