ぷらぷら紀行

今日はどこまでいくのかな

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

海外赴任者の歓送と健康を祈念して駒形橋河畔の鰻の名店 前川 で集う。
座敷のガラス戸が程よくあいていて心地よい川風がはいってくる。風情ふぜい。

天然に近い国産養殖鰻の”坂東太郎”を東村山銘酒”こころ”を冷酒で飲む。
油も強くなくふっくらと仕上がり、秘伝の醤油と味醂のたれが旨い。
たれのついたご飯だけでもと思うぐらいです。
鰻も天然に近いので、皮が身幅いっぱいで、ちじん でいない。
(安いものほど皮が ちじむ とよくいわれる。)
翌日まで鰻の旨いあぶらと味が上品に口の中にのこっている。
この辺がわたしとしての旨さを感じるところだと思う。(まとはずれかな)

写真は  夕暮れ時の座敷から駒形橋とアサヒビールのモニュメント
     屋形船が行きすぎるガラス戸に薄く座敷内が写っている。
     美味しい鰻 
  撮影  20070718


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事